エクセル基本操作
覚えておきたいエクセルの操作:ジャンプ

Excelの基本操作についての基礎と応用を入門解説
最終更新日:2014-11-11

覚えておきたいエクセルの操作:ジャンプ



しっかり覚えておいてほしいエクセルの操作です、

今回は

ジャンプのセル選択です、

ジャンプは、ショーカットはCtrl+Gです。

エクセル2003なら、「編集」→「ジャンプ」

エクセル2007以降なら、「ホーム」→「検索と選択」→「ジャンプ」


Excel VBA 解説


この画面自体は、何のためにあるのか???です。

実際、ほとんど使う事はありません。

ここで、「セル選択」で次の画面へ

エクセル2007以降なら、直接、「ホーム」→「検索と選択」→「条件を選択してジャンプ」

Excel VBA 解説


用途に応じて、いずれかを選択し、「OK」で、目的のセルが選択されます。

良く使うものとして、

・定数 ・数式
・空白セル
・オブジェクト

今回は、「空白セル」を使った応用技を紹介します。


データを1行おきにする


まず以下のようなデータがあったとして、


Excel VBA 解説


このデータを1行おきにする場合、以下のようにします。


・D2セルに1、E3セルに1と入れる
 (1である必要はありません、数値・文字なら何でも良い)
・D2セルからE3セルを選択し、オートフィルで最下行までコピー


Excel VBA 解説


ここで、

「ジャンプ」→「セル選択」→「空白セル」→「OK」

すると、


Excel VBA 解説


ここで、選択されているセルを右クリックから「挿入」


Excel VBA 解説


「行全体」を選んで「OK」

または、

エクセル2003なら、「挿入」→「行」

エクセル2007以降なら、「ホーム」→「挿入」→「シートの行を挿入」

これで全て1行おきになります。



空白行の削除


では、上で空白行が出来た表から、空白行を削除する場合です。


A列を選択して、

「ジャンプ」→「空白セル」→「OK」


選択されているセルを右クリックから「削除」→「行全体」→「OK」

または、

エクセル2003なら、「編集」→「削除」→「行全体」→「OK」
エクセル2007以降なら、「ホーム」→「削除」→「シートの行を削除」


ここはオートフィルターを使う事が多い場面ですが、

1項目のみの空白判定で良ければ、こちらの方が速いでしょう。


以上、ジャンプのセル選択での、空白セルの応用でした。

場面場面でいろいろ活用ができますので、是非覚えておいて下さい。





同じテーマ「エクセル基本操作」の記事

可視セルのみコピーする(非表示の行・列を除く)

ツイッターを見ていて、ふと… そういえば、確か、範囲選択して、範囲内に、非表示の行・列があった時に、可視セル(表示されているセル)だけコピーする方法あったよね。ということで、ちょっと紹介します。範囲選択したら、Alt+; Altキーを押しながら;(セミコロン)を押して下さい。
日付表示の桁位置を揃える
日付表示で月日が1桁の時に、/スラッシュの位置を揃える表示形式の指定方法です。12/19 12/8 この場合の、表示位置を揃えるというものです。そのサイトの案内では、m/dこれをm/""d このようにすれば良いと書いてありました。
覚えておきたいエクセルの操作:Enter編
しっかり覚えておいてほしいエクセルの操作です、今回は Enterです、通常はEnterで下(オプションにより右)に移動します。そこで、Shift+Enter 上(オプションにより左)に移動します。これは、値を入れた時も、何も入れなくても移動します。
覚えておきたいエクセルの操作:入力・編集
まずはしっかり覚えておいてほしいエクセルの操作です。、今回は、入力・編集です。関数を入力する場合、= から入力を始めます。この時、エクセルのウインドウの左下は、このように、入力と表示されます。入力前は、コマンドと表示されている場所です。
覚えておきたいエクセルの操作:ジャンプ
覚えておきたいエクセルの操作:数式のコピー
しっかり覚えておいてほしいエクセルの操作です、今回は、数式のコピーです。エクセルでセルをコピーする場合、・セルの全てをコピー ・セルの値のみコピー ・セルの数式のみコピー このあたりが一番多い操作になるでしょう。セルの全てをコピーは、普通のコピーですね、セルの値のみコピーは、定番の値貼り付けになります。
覚えておきたいエクセルの操作:文字列数値を数値化
しっかり覚えておいてほしいエクセルの操作です、今回は 文字列数値を数値化です、本来は数値なのに、セルに文字列として入っている事があります。このように、セルの左上にエラーチェックによる緑マークが付いている状態です。この文字列として入力されている数値を数値化する場合です。
覚えておきたいエクセルの操作:図形(オートシェイプ)
しっかり覚えておいてほしいエクセルの操作です、今回は、図形の操作です。ショートカット(Excel2010) まずは、ショートカットでの図形の移動・サイズ変更・回転です。キーボードの→←↑と、Ctrl,Shif,Altの組み合わせになります。
ハイパーリンクを絶対パスで保存する方法
通常は、ハイパーリンクは相対パスで保存されますが、ファイルを移動したりすると、リンクが切れてしまいます、そこで、ハイパーリンクの起点を変更して絶対パスで保存する方法になります。先日聞かれて、即答できませんでしたので、ここに覚書きの意味を含めて記載しておきます。
入力時に勝手に付くハイパーリンクを消す方法
セルにURLやメールアドレスを入力すると、勝手にハイパーリンクが付きますが、この時、ショートカットでハイパーリンクのみ消す事が出来ます。・セルにURLやメールアドレスを入力…ハイパーリンクが付く・Ctrl+Z(元に戻す)…ハイパーリンクのみ消えます。
重複削除しユニークデータ作成(フィルターオプションの設定)
エクセル作業においては、データの重複を排除して、ユニークなデータを作成する必要がある場合は多々あります。そのような時の操作として、以下の方法があります。・COUNTIF関数で重複を判定して削除 ・ピボットテーブルで重複を削除 ・重複の削除で重複を削除 ・フィルタの詳細設定(フィルターオプションの設定)で重複を削除 どれも一長一短はありますが、


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAにおける変数のメモリアドレスについて|VBA技術解説(11月8日)
空文字列の扱い方と処理速度について(""とvbNullString)|VBA技術解説(1月7日)
Errオブジェクトとユーザー定義エラー|VBA入門(11月5日)
シングルクォートの削除とコピー(PrefixCharacter)|VBA技術解説(11月4日)
ユーザー定義型の制限とクラスとの使い分け|VBA技術解説(11月3日)
クリップボードに2次元配列を作成してシートに貼り付ける|VBA技術解説(11月1日)
VBAクラスを使ったイベント作成(Event,RaiseEvent,WithEvents)|VBA技術解説(10月31日)
VBAクラスのAttributeについて(既定メンバーとFor Each)|VBA技術解説(10月19日)
VBAの用語について:ステートメントとは|VBA技術解説(10月16日)
VBAのマルチステートメント(複数のステートメントを同じ行に)|VBA技術解説(10月14日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • 覚えておきたいエクセルの操作:ジャンプ

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ