エクセル基本操作
日付表示の桁位置を揃える

Excelの基本操作についての基礎と応用を入門解説
最終更新日:2013-06-09

日付表示の桁位置を揃える


日付表示で月日が1桁の時に、/スラッシュの位置を揃える表示形式の指定方法です。


12/19
12/ 8


この場合の、表示位置を揃えるというものです。



そのサイトの案内では、

m/d これを m/" "d

このようにすれば良いと書いてありました。
そもそも、ダブルクォーテーションも不要です。

m/ d

これで同じになります。

しかし、これでは、Pフォントの場合は、位置がずれてしまいます。
つまり、半角空白の文字幅と数値の文字幅が違うからです。
このページの最初の見た目と同じような感じで少しずれが生じます。
つまり、そのサイトの内容は、説明不足感が否めません。

では、Pフォントでも位置が揃うようにするにはどうすれば良いかですが、

m/_0d

このように指定します。

この「_」アンダーバーは、

「_」アンダーバーに続けて指定された文字幅分の間隔が空きます。

つまり、ここでは、別に0が1でも同じことになります。
ちょっとしたことなんですが、せっかく位置を揃えるなら、キチンと揃えたいですよね。


ただし、上記方法は、

12/8に対しての書式設定ですので、12/19とは別々の書式にするしかありません。

Excel2003までですと、9日までと10日以上を別々に書式設定するしかないです。


しかーし、2007以降では、条件付き書式で表示形式を設定出来ます。

まず、対象のセル全体の表示形式を、

m/d

としておき、

次に、条件付き書式で、

数式を使用して、書式設定するセルを決定

次の数式を満たす場合に書式設定する」に、

=DAY(A1)<10」 ・・・ A1は適宜変更して下さいね。(アクティブセルを指定するんですよ)

書式→表示形式→ユーザー定義

m/_0d


これで完成。

やってみて下さい。

表示位置が揃って気持ち良いですね!




同じテーマ「エクセル基本操作」の記事

ひらがな⇔カタカナの変換
セルの表示形式のショートカット
可視セルのみコピーする(非表示の行・列を除く)
日付表示の桁位置を揃える
覚えておきたいエクセルの操作:Enter編
覚えておきたいエクセルの操作:入力・編集
覚えておきたいエクセルの操作:ジャンプ
覚えておきたいエクセルの操作:数式のコピー
覚えておきたいエクセルの操作:文字列数値を数値化
覚えておきたいエクセルの操作:図形(オートシェイプ)
ハイパーリンクを絶対パスで保存する方法

新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

クラスとCallByNameとポリモーフィズム(多態性)|VBA技術解説(4月6日)
VBAでのタイマー処理(SetTimer,OnTime)|VBA技術解説(4月3日)
クラスとイベントとマルチプロセス並列処理|VBA技術解説(4月2日)
エクセルの日付と時刻のまとめ|エクセル関数超技(3月6日)
Excelシートの複雑な計算式を解析するVBA|VBAサンプル集(2月18日)
VBAクラスの作り方:独自Rangeっぽいものを作ってみた|VBA技術解説(2月16日)
VBAクラスの作り方:列名のプロパティを自動作成する|VBA技術解説(2月14日)
VBAクラスの作り方:列名の入力支援と列移動対応|VBA技術解説(2月11日)
クラスを使って他ブックのイベントを補足する|VBA技術解説(2月6日)
Excelアドインの作成と登録について|VBA技術解説(2月3日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
2.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
6.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
9.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • 日付表示の桁位置を揃える

    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。






    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ