エクセル基本操作
覚えておきたいエクセルの操作:入力・編集

Excelの基本操作についての基礎と応用を入門解説
最終更新日:2014-11-11

覚えておきたいエクセルの操作:入力・編集


まずはしっかり覚えておいてほしいエクセルの操作です。


今回は


入力・編集です。


関数を入力する場合、

=

から入力を始めます。

この時、エクセルのウインドウの左下は、


Excel解説

このように、入力と表示されます。

入力前は、コマンドと表示されている場所です。

この状態では、矢印キー(↑→↓←)でセル参照が、数式に入るようになります。

セル参照に移行した状態では、


Excel解説

このように、参照と表示されます。


ここで、カンマ(,)を入力して、次の引数の入力に移ったり、

括弧や演算子の入力を行うと、

再び、


Excel解説

入力の表示に戻ります。

このようにして、関数の引数を次々に入力していくのですが、

途中で、マウスで数式内をクリックして移動すると、


Excel解説

このように、編集と表示されます。

この状態は、セルをダブルクリックまたはF2で編集する場合と同じ状態です。

つまり、修正モードになります。

この状態の時は、セル参照は、マウスを使う事になります。

マウスで参照すべきセルを選択する訳です。

セル参照した時点で、

Excel解説

となり、

カンマ(,)や演算子を入力すると、

再び、


Excel解説

入力に戻ります。

編集モードから、強制的に入力モードに変えたい場合は、

F2を押します。

F2を押下で、交互に、編集モードと入力モードが変化します。


矢印キーで、数式内を移動しようとして、数式が確定してしまうのは、

入力モードの状態で、次にセル参照を入れるべき状態に無い時です。

エクセルが、もうセル参照しないでしょって判断してしまうのです。

なかなか直感的に解りずらいのですが、

数式の入力途中で、ちらっと左下に目をやってみると良いでしょう。






同じテーマ「エクセル基本操作」の記事

可視セルのみコピーする(非表示の行・列を除く)
日付表示の桁位置を揃える
覚えておきたいエクセルの操作:Enter編
覚えておきたいエクセルの操作:入力・編集
覚えておきたいエクセルの操作:ジャンプ
覚えておきたいエクセルの操作:数式のコピー
覚えておきたいエクセルの操作:文字列数値を数値化
覚えておきたいエクセルの操作:図形(オートシェイプ)
ハイパーリンクを絶対パスで保存する方法
入力時に勝手に付くハイパーリンクを消す方法
重複削除しユニークデータ作成(フィルターオプションの設定)

新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

クラスとCallByNameとポリモーフィズム(多態性)|VBA技術解説(4月6日)
VBAでのタイマー処理(SetTimer,OnTime)|VBA技術解説(4月3日)
クラスとイベントとマルチプロセス並列処理|VBA技術解説(4月2日)
エクセルの日付と時刻のまとめ|エクセル関数超技(3月6日)
Excelシートの複雑な計算式を解析するVBA|VBAサンプル集(2月18日)
VBAクラスの作り方:独自Rangeっぽいものを作ってみた|VBA技術解説(2月16日)
VBAクラスの作り方:列名のプロパティを自動作成する|VBA技術解説(2月14日)
VBAクラスの作り方:列名の入力支援と列移動対応|VBA技術解説(2月11日)
クラスを使って他ブックのイベントを補足する|VBA技術解説(2月6日)
Excelアドインの作成と登録について|VBA技術解説(2月3日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
2.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
6.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
9.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • 覚えておきたいエクセルの操作:入力・編集

    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。






    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ