エクセル基本操作
入力時に勝手に付くハイパーリンクを消す方法

Excelの基本操作についての基礎と応用を入門解説
最終更新日:2014-08-28

入力時に勝手に付くハイパーリンクを消す方法


セルにURLやメールアドレスを入力すると、勝手にハイパーリンクが付きますが、この時、ショートカットでハイパーリンクのみ消す事が出来ます。


・セルにURLやメールアドレスを入力 ・・・ ハイパーリンクが付く

・Ctrl+Z(元に戻す) ・・・ ハイパーリンクのみ消えます。

つまりは、Excelはこれを2段階で処理しているということになります。
・セルへの値入力
・ハイパーリンクを設定

そこで、後からのハイパーリンクの部分だけ元に戻すことができるわけです。

このような理屈なので、

コピペでいきなりセルそのものに貼り付けてしまうと戻せません。

テキスト等から貼り付ける場合は、セルを編集状態にしてセル内にアドレスを貼り付けてやればこれが使えます。

もちろん、ハイパーリンクは一切付いてほしくないのなら、オプションを変更して下さい。

ファィル→オプション

文章校正

オートコレクションのオプション

入力オートフォーマット

インターネットとネットワークアドレスをハイパーリンクに変更する

このチェックを外す

ハイパーリンクが付いて良いときと、つけたくない時がある場合は、

このCtrl+Zを覚えておくと、ずっと操作が楽になります。





同じテーマ「エクセル基本操作」の記事

可視セルのみコピーする(非表示の行・列を除く)

ツイッターを見ていて、ふと… そういえば、確か、範囲選択して、範囲内に、非表示の行・列があった時に、可視セル(表示されているセル)だけコピーする方法あったよね。ということで、ちょっと紹介します。範囲選択したら、Alt+; Altキーを押しながら;(セミコロン)を押して下さい。
日付表示の桁位置を揃える
日付表示で月日が1桁の時に、/スラッシュの位置を揃える表示形式の指定方法です。12/19 12/8 この場合の、表示位置を揃えるというものです。そのサイトの案内では、m/dこれをm/""d このようにすれば良いと書いてありました。
覚えておきたいエクセルの操作:Enter編
しっかり覚えておいてほしいエクセルの操作です、今回は Enterです、通常はEnterで下(オプションにより右)に移動します。そこで、Shift+Enter 上(オプションにより左)に移動します。これは、値を入れた時も、何も入れなくても移動します。
覚えておきたいエクセルの操作:入力・編集
まずはしっかり覚えておいてほしいエクセルの操作です。今回は、入力・編集です。関数を入力する場合、= から入力を始めます。この時、エクセルのウインドウの左下は、このように、入力と表示されます。入力前は、「準備完了」と表示されている場所です。
覚えておきたいエクセルの操作:ジャンプ
しっかり覚えておいてほしいエクセルの操作です、今回は ジャンプのセル選択です、ジャンプは、ショーカットはCtrl+Gです。エクセル2003なら、「編集」→「ジャンプ」エクセル2007以降なら、「ホーム」→「検索と選択」→「ジャンプ」この画面自体は、何のためにあるのか???です。
覚えておきたいエクセルの操作:数式のコピー
しっかり覚えておいてほしいエクセルの操作です、今回は、数式のコピーです。エクセルでセルをコピーする場合、・セルの全てをコピー ・セルの値のみコピー ・セルの数式のみコピー このあたりが一番多い操作になるでしょう。セルの全てをコピーは、普通のコピーですね、セルの値のみコピーは、定番の値貼り付けになります。
覚えておきたいエクセルの操作:文字列数値を数値化
しっかり覚えておいてほしいエクセルの操作です、今回は 文字列数値を数値化です、本来は数値なのに、セルに文字列として入っている事があります。このように、セルの左上にエラーチェックによる緑マークが付いている状態です。この文字列として入力されている数値を数値化する場合です。
覚えておきたいエクセルの操作:図形(オートシェイプ)
しっかり覚えておいてほしいエクセルの操作です、今回は、図形の操作です。ショートカット(Excel2010) まずは、ショートカットでの図形の移動・サイズ変更・回転です。キーボードの→←↑と、Ctrl,Shif,Altの組み合わせになります。
ハイパーリンクを絶対パスで保存する方法
通常は、ハイパーリンクは相対パスで保存されますが、ファイルを移動したりすると、リンクが切れてしまいます、そこで、ハイパーリンクの起点を変更して絶対パスで保存する方法になります。先日聞かれて、即答できませんでしたので、ここに覚書きの意味を含めて記載しておきます。
入力時に勝手に付くハイパーリンクを消す方法
重複削除しユニークデータ作成(フィルターオプションの設定)
エクセル作業においては、データの重複を排除して、ユニークなデータを作成する必要がある場合は多々あります。そのような時の操作として、以下の方法があります。・COUNTIF関数で重複を判定して削除 ・ピボットテーブルで重複を削除 ・重複の削除で重複を削除 ・フィルタの詳細設定(フィルターオプションの設定)で重複を削除 どれも一長一短はありますが、


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Variantの数値型と文字列型の比較|エクセル雑感(7月1日)
VBAのVariant型について|VBA技術解説(6月30日)
VBAのString型の最大文字数について|エクセル雑感(6月20日)
VBAで表やグラフをPowerPointへ貼り付ける|VBAサンプル集(6月19日)
アクティブシート以外の表示(Window)に関する設定|VBA技術解説(6月17日)
マクロ記録での色のマイナス数値について|エクセル雑感(6月16日)
ツイッター投稿用に文字数と特定文字で区切る|エクセル雑感(6月15日)
日付の謎:IsDateとCDate|エクセル雑感(6月14日)
IFステートメントの判定|エクセル雑感(6月13日)
インクリメンタルサーチの実装|ユーザーフォーム入門(6月12日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ