エクセル入門
ショートカット.Shift+Space(行全体を選択)

Excelの初心者向け入門解説
最終更新日:2013-09-04

ショートカット.Shift+Space(行全体を選択)


エクセル入門 > ショートカット > Shift+Space(行全体を選択)


行全体を選択するショートカットです。


キー:Shift + Space ・・・ Shiftキーを押した状態でSpaceキーを押下


機能:行全体を選択


※IME(日本語入力)がONの場合は、このショートカットは無効です。

  IMEがONの場合は、半角スペース入力のショートカットとなり、それが優先されます。

 

アクティブセルはそのまで、行全体が選択されます。


関数入力内においては、

1:1

のように、行番号:行番号

となります。


ショートカット一覧 も参考にして下さい。




同じテーマ「エクセル入門」の記事

ショートカット.Ctrl+1(セルの書式設定)

「セルの書式設定」ダイアログを表示するショートカットになります。キー:Ctrl+1… Ctrlキーを押した状態で1を押下(テンキーは不可) 機能:「セルの書式設定」ダイアログを表示 選択セルに対する「セルの書式設定」ダイアログが表示されます。
ショートカット.Alt+SHift+=(オートSUM)
ΣマークのアイコンのオートSUMのショートカットになります。キー:Alt+Shift+=… ALtキーとShiftキーを押した状態で=(-)を押下 機能:オートSUM(SUM関数)を挿入 オートSUMでは、エクセルが合計する範囲を自動で選択します。
ショートカット.Ctrl+Space(列全体を選択)
列全体を選択するショートカットです。。キー:Ctrl+Space… Ctrlキーを押した状態でSpaceキーを押下 機能:列全体を選択 アクティブセルはそのまで、列全体が選択されます。関数入力内においては、A:A のように、列記号:列記号 となります。
ショートカット.Shift+Space(行全体を選択)
ショートカット.Shift+F3(関数の挿入)
関数の挿入(アイコン「fx」)のショートカットです。キー:Shift+F3… Shiftキーを押した状態でF3キーを押下 機能:「関数の挿入」ダイアログボックスまたは、「関数の引数」ダイアログボックス(関数パレットとも呼びます)を表示します。
ショートカット.Ctrl+F(検索)
[検索と置換]ダイアログボックスの[検索]タブを表示するショートカットです。キー:Ctrl+F… Ctrlキーを押した状態でFキーを押下 機能:[検索と置換]ダイアログボックスの[検索]タブを表示 「検索」の使い方については、エクセル入門.基本操作.検索 を参照して下さい。
ショートカット.Ctrl+H(置換)
[検索と置換]ダイアログボックスの[置換]タブを表示するショートカットです。キー:Ctrl+H… Ctrlキーを押した状態でHキーを押下 機能:[検索と置換]ダイアログボックスの[置換]タブを表示 「置換」の使い方については、エクセル入門ー.基本操作.置換 を参照して下さい。
ショートカット.Ctrl+R(右方向へコピー)
選択範囲内で右方向のセルに内容と書式をコピーするショートカットです。キー:Ctrl+R… Ctrlキーを押した状態でRキーを押下 機能:選択範囲内で右方向のセルに内容と書式をコピー 選択セルの左にあるセルを右方向にコピーします。つまり、左のセルを右(Right)にコピーする事になります。
ショートカット.Ctrl+D(下方向へコピー)
選択範囲内で下方向のセルに内容と書式をコピーするショートカットです。キー:Ctrl+D… Ctrlキーを押した状態でDキーを押下 機能:選択範囲内で下方向のセルに内容と書式をコピー 選択セルの上にあるセルを下方向にコピーします。つまり、上のセルを下(Down)にコピーする事になります。
ショートカット.F4(直前操作の繰り返し)
直前のコマンドまたは操作を繰り返すショートカットです。キー:F4…F4キーを押下 機能:直前のコマンドまたは操作を繰り返します ・行の挿入・削除 ・列の挿入削除 ・セルの書式設定 ・列幅 ・行高 等々の操作をした後に別のセルまたはセル範囲を選択してF4キーの押下で前回の操作と同一操作を繰り返すことが出来ます。
基本操作.データの入力
データを入れるべきセルを選択してから、文字・数値・日付を入力します。セルの選択 一つのセルの選択なら、マウスでクリック または、方向キー(カーソルキー、矢印キー) で選択します。選択されたセルは、太枠で囲まれます。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Byte配列と文字コード関数について|VBA技術解説(8月20日)
PowerQueryの強力な機能をVBAから利用する方法|VBA技術解説(8月4日)
練習問題31(セル結合を解除して値を埋める)|VBA練習問題(7月30日)
練習問題30(マトリックス→リスト形式)|VBA練習問題(7月25日)
Applicationを省略できるApplicationのメソッド・プロパティ一覧|VBA技術解説(7月22日)
コレクション(Collection)の並べ替え(Sort)に対応するクラス|VBA技術解説(7月20日)
CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
10.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • ショートカット.Shift+Space(行全体を選択)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ