エクセル雑感
エクセル関連ツイートNo2

ExcelマクロVBAとエクセル関数についての私的雑感
最終更新日:2014-11-05

エクセル関連ツイートNo2


何を始めるにしても、まずは、それぞれの用語というものは覚える必要があります。これを無視して進んではダメですよ。困った時に調べようとしても、なかなか目的にたどり着けないことになります。基礎をおろそかにしては、結局後で時間を浪費することになります。


よく、マクロをどう書いて良いか分からないと言われます。そういう場合は、大抵はマクロが分からないのではなく、そもそも手動でのやり方を知らないから書けないのです。手操作で出来ないことを、いきなりマクロで書こうとしても無理なのは当然です。エクセルの基本操作の習得が最優先です。


今日偶然見つけたExcel2013の新機能。Ctrlを押しながら同一セルをクリックし続けると、だんだんと背景色が濃くなっていく…数式入力中だと赤や青が濃くなっていき、単に選択しているだけだと黒くなっていく…便利なのか?


今、Excelで何気に操作していて、ひっょとしてこの操作って、あまり知られていないかなーと思った操作がありました。
メールアドレスやURLを入力すると、勝手にハイパーリンクが付きます。


オプションで付かないようにすることもできますが、
私は入力直後に、Ctrl+Zを1回押します。
・入力するとハイパーリンクがつく
・直後にCtrl+Zでハイパーリンクだけが消える
まあ、つまりは、Excel君はこれを2段階で処理しているってことです。
そこで、後からのハイパーリンクの部分だけ元に戻すって感じです。
なので、コピペでいきなりセルそのものに貼り付けてしまうと戻せません。
テキスト等から貼り付ける場合は、セルを編集状態にしてセル内にアドレスを貼り付けてやればこれが使えます。


Excel2013の退化機能
スクロールバーの近くにあった、分割バーが無くなってます。
私は使いませんし、使用はお勧めしませんが、古くからファンがいる機能ですので、戸惑う方もいるかもしれません。
使いたい方は、表示タブにある分割を使用してください。




同じテーマ「エクセル雑感」の記事

プログラミングについて
エクセルの日付のお話
素直なプログラミング
エクセル関連ツイートNo2
エクセル関連ツイートNo3
エクセル関連ツイートNo4
エクセル関連ツイートNo5
IF文の整理と論理的思考
エクセルVBAを覚えるには
EXCELマクロを始める時、まず最初にやるべきことは
Excelマクロを書くと言う事は

新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Withステートメントの実行速度と注意点|VBA技術解説(6月6日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー(改)|VBA技術解説(6月2日)
マクロでShift_JIS文字コードか判定する|VBA技術解説(6月1日)
Shift_JISのテキストファイルをUTF-8に一括変換|VBAサンプル集(5月31日)
「VBAによる解析シリーズその2 カッコ」をやってみた|エクセル(5月21日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー作成|VBA技術解説(5月18日)
テーブル操作のVBAコード(ListObject)|VBA入門(5月12日)
テーブル操作の概要(ListObject)|VBA入門(5月12日)
VBAのスクレイピングを簡単楽にしてくれるSelenium|VBA技術解説(5月6日)
Excelワークシート関数一覧(2010以降)|VBAリファレンス(4月22日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
7.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
8.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄



  • >
  • >
  • >
  • エクセル関連ツイートNo2

    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。






    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ