ExcelマクロVBA技術解説
動的2次元配列の次元を入れ替えてシートへ出力(Transpose)

ExcelマクロVBAの問題点と解決策、エクセルVBAの技術的解説
最終更新日:2016-08-12

動的2次元配列の次元を入れ替えてシートへ出力(Transpose)


動的配列を使い様々な処理をした後にシートへ出力しようとしたとき、縦横が違っている為そのまま出力できません、
そもそも、動的配列の要素数をRedimで変更できるのは、最下位の次元のみになります。


2次元配列の場合、
ReDim myArray(2, 10)

ReDim myArray(2, 11)
これはOKですが、
ReDim myArray(2, 10)

ReDim myArray(3, 10)
これはダメです。

Excelの表、つまりシート上では縦(行)方向にデータが増減するものです。
しかし、配列をシートに出力すると、
1次元目が縦(行)、2次元目が横(列)、になります。
つまり、2次元配列の1次元目を項目として、2次元目でデータを増減させるように作成すると、
縦横が逆になってしまいます。

そこで、縦横を入れ替えてシートに出力する必要が出てきます。

まずは自力で縦横を入れ替えます。
ある意味、基本ですし、いつでも書けるようにしておく必要があります。



Dim i As Long
Dim j As Long
Dim myArray()
Dim myArray2()
ReDim myArray(2, 10)
・・・
ReDim Preserve myArray(2, 11)
・・・
ReDim myArray2(UBound(myArray, 2), UBound(myArray, 1))
For i = 0 To UBound(myArray, 1)
  For j = 0 To UBound(myArray, 2)
    myArray2(j, i) = myArray(i, j)
  Next
Next
Range(Cells(1, 1), Cells(UBound(myArray2, 1) + 1, UBound(myArray2, 2) + 1)) = myArray2


上の例では、動的配列が0から始まっていますので、+1しているところに注意してください。



少し工夫して、ワークシート関数のTRANSPOSE関数を使ってみましょう。

Dim myArray()
Dim myArray2()
ReDim myArray(2, 10)
・・・
ReDim Preserve myArray(2, 11)
・・・
myArray2 = WorksheetFunction.Transpose(myArray)
Range(Cells(1, 1), Cells(UBound(myArray2, 1), UBound(myArray2, 2))) = myArray22


Transposeの出力は、配列が1から始まるように作成されますので、先例の+1は不要となっている点に注意してください。
WorksheetFunction.Transpose
これで次元を入れ替えています。
TRANSPOSE関数はシートでは縦横を入れ替える配列関数です。


上では、縦横入れ替えて一旦別の配列に入れていますが、
Transposeの結果を直接シートに出力することもできます。



Dim myArray()
Dim myArray2()
ReDim myArray(2, 10)
・・・
ReDim Preserve myArray(2, 11)
・・・
Range(Cells(1, 1), Cells(UBound(myArray, 2) + 1, UBound(myArray, 1) + 1)) = WorksheetFunction.Transpose(myArray)


どの方法が良いという事もありませんが、
いずれの方法も、一応は押さえておくと良いでしょう。



後日談
Transposeには制限事項があるようです。
MSの古い記事ですが、以下の記載がありました。

配列に 255 文字を超える要素を含めることはできません。
配列に Null 値を含めることはできません。
配列内の要素数が 5461 を超えることはできません。


しかし、実際にやってみましたが、20000*2の配列も処理できました。
上記は、Excel2003の記事なので、2007以降で制限緩和されたのだと思います。
しかし、10万では、結果が正しく出力されませんでした。
実際の処理では、要素数は変化しますので、
数万を超える配列の場合には、使用しない方が良いでしょう。




同じテーマ「マクロVBA技術解説」の記事

エクセルVBAのパフォーマンス・処理速度に関するレポート
VBAのFindメソッドの使い方には注意が必要です
WorksheetFunction.Matchで配列を指定した場合の制限について
マクロVBAの高速化・速度対策の具体的手順と検証
動的2次元配列の次元を入れ替えてシートへ出力(Transpose)
大量データで処理時間がかかる関数の対処方法(SumIf)
大量データにおける処理方法の速度王決定戦
遅い文字列結合を最速処理する方法について
大量VlookupをVBAで高速に処理する方法について
Withステートメントの実行速度と注意点
IfステートメントとIIF関数とMax関数の速度比較


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Byte配列と文字コード関数について|VBA技術解説(8月20日)
PowerQueryの強力な機能をVBAから利用する方法|VBA技術解説(8月4日)
練習問題31(セル結合を解除して値を埋める)|VBA練習問題(7月30日)
練習問題30(マトリックス→リスト形式)|VBA練習問題(7月25日)
Applicationを省略できるApplicationのメソッド・プロパティ一覧|VBA技術解説(7月22日)
コレクション(Collection)の並べ替え(Sort)に対応するクラス|VBA技術解説(7月20日)
CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
10.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • 動的2次元配列の次元を入れ替えてシートへ出力(Transpose)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ