VBAサンプル集
ダブルクリックで行高・列幅調整(Worksheet_BeforeDoubleClick)

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
最終更新日:2019-08-08

ダブルクリックで行高・列幅調整(Worksheet_BeforeDoubleClick)


セルをダブルクリックすることで、そのセル値で行高および列幅を自動調整するマクロVBAになります。
これは、以下の操作をマクロVBAでまとめて行うことになります。


マクロ VBA 行高 列幅

「行の高さの自動調整」
「列の幅の自動調整」
この二つの操作を、マクロVBAで一度にやるということです。

ダブルクリックで起動されるVBAイベントは、BeforeDoubleClickになりますので、
このWorksheet_BeforeDoubleClickの中で行高・列幅自動調整を行います。

Worksheet_BeforeDoubleClick

Worksheet_BeforeDoubleClickは、セルをダブルクリックした直後に起動されます。

Private Sub Worksheet_BeforeDoubleClick(ByVal Target As Range, Cancel As Boolean)

Target
ダブルクリックされたセルが、Rangeオブジェクトとして渡されます。
Cancel
Trueを入れると、ダブルクリックがキャンセルされます。
具体的には、ダブルクリックでセルの編集状態になるのを防ぐことが出来ます。

行高・列幅自動調整のサンプルVBAコード

Private Sub Worksheet_BeforeDoubleClick(ByVal Target As Range, Cancel As Boolean)
  With Target
    .Columns.AutoFit
    .Rows.AutoFit
  End With
  Cancel = True
End Sub

Target.Columns.AutoFit
これで、列幅を調整し、
Target.Rows.AutoFit
これで、行高を調整しています。

ダブルクリックしたセルの値で行高・列幅を自動調整します。
他の行や他の列のセル値とは関係なく、当該セルだけで自動調整されます。

セル結合されている場合
行がセル結合されている場合は、行高は変化しません。
列がセル結合されている場合は、列幅は変化しません。

ただしセル内改行されている場合の行高については、
結合されている行数と改行数により、行高が変化する場合があります。
これについては、組み合わせパターンによるので、実際に試して確認してください。



同じテーマ「VBAサンプル集」の記事

ブックを開いた時に指定シートを表示(Workbook_Open)

Workbook_Openは、ブックを開いた時に実行されるイベントです、VBEの「MicrosoftExcelObjects」内の「ThisWorkbook」に記述します。上記では、ブックが開かれると、先頭シートのA1セルに移動しています。
ブックが閉じられる直前に保存済を確認(Workbook_BeforeClose)
Workbook_BeforeCloseは、ブックを閉じる直前に起動されるイベントです、手動で閉じる場合も、VBAで閉じる場合でも起動されます。ブックが未保存の場合、無条件でブックを保存する ブックが未保存の場合は、Closeをキャンセルする。
シートが選択された時に指定セルに移動(Worksheet_Activate)
Worksheet_Activateは、シートが選択された時に実行されるイベントです、VBEの「MicrosoftExcelObjects」内の各シートに記述します。上記では、シートが選択されたとき、A1セルに移動しています。Application.GotoRange("A1"),
ダブルクリックで行高・列幅調整(Worksheet_BeforeDoubleClick)
英小文字が入力されたら大文字に変換(Worksheet_Change)
Worksheet_Changeは、セルの値が変更された時に起動されます。PrivateSubWorksheet_Change(ByValTargetAsRange) Target 変更されたセルが、Rangeオブジェクトとして渡されます。
セル選択で選択行の色を変更(Worksheet_SelectionChange)
Worksheet_SelectionChangeは、セルの選択範囲を変更した時に起動されます。PrivateSubWorksheet_SelectionChange(ByValTargetAsRange) Target 選択されたセルが、Rangeオブジェクトとして渡されます。
方眼紙Excelが楽に入力できるVBA
もはや、「いじめ」か「いたずら」、方眼紙Excelに、1枠1文字を入れろと言われて、悪戦苦闘… マクロ書けば、こんな「いじめ」も「いたずら」も、サクッと克服できます。以下のような、セル結合の鬼と化したExcelに、罫線で囲んだ枠内に、1枠1文字で入れるという苦行を、マクロならサクッと解決できます。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

トランザクション処理|SQL入門(12月11日)
インデックスを作成して高速化(CREATE INDEX)|SQL入門(12月9日)
他のテーブルのデータで追加/更新/削除|SQL入門(12月8日)
データの削除(DELETE)|SQL入門(12月7日)
データの更新(UPDATE)|SQL入門(12月6日)
複数のSELECT結果を統合(UNION,UNION ALL)|SQL入門(12月5日)
テーブルを結合して取得(INNER JOIN,OUTER JOIN)|SQL入門(12月4日)
データベースの正規化とマスタの作成|SQL入門(12月3日)
データベースにおけるNULLの扱い方|SQL入門(12月2日)
オブジェクト変数とは何か|VBA技術解説(12月2日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • ダブルクリックで行高・列幅調整(Worksheet_BeforeDoubleClick)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
    掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ