ExcelマクロVBA練習問題
練習問題27(データ分割し別ブック保存)

Excelマクロ練習問題集、エクセルVBAの学習教材
最終更新日:2019-06-27

練習問題27(データ分割し別ブック保存)

マクロVBA練習問題

アクティブブックのアクティブシートのA列に担当、B列に支店が入っています。
支店ごとのブックを作成して下さい。
作成したブックの保存先は、アクティブブックと同一フォルダとして下さい。

※以下のデータの場合
ブックは「支店A.」「支店B」「支店C」の3つが作成されます。
「支店A」には、
担当者3、担当者7、担当者10、担当者12、担当者14、担当者17
これらがA列に入った状態になります。
※Excelのファイルバージョンは
2007以降ならxlsx、2003以前ならxlsで作成して下さい。

練習問題用のExcelファイル
 A      B
担当 支店
担当者1 支店B
担当者2 支店C
担当者3 支店A
担当者4 支店B
担当者5 支店C
担当者6 支店C
担当者7 支店A
担当者8 支店B
担当者9 支店C
担当者10 支店A
担当者11 支店B
担当者12 支店A
担当者13 支店B
担当者14 支店A
担当者15 支店B
担当者16 支店C
担当者17 支店A
担当者18 支店B
担当者19 支店C
担当者20 支店C

※上記表の全体を選択し、コピー(Ctrl+C)の後、エクセルのシートのA1セルに貼り付け(Ctrl+V)してください。

では、お考えください。
すぐに解答を見ずに、必ず自力で書けるとこまででも良いので書きましょう。

シンキングタイム

シンキングタイム開始


シンキングタイム終了

当サイトのコンテンツ
ExcelマクロVBA入門
ExcelVBAとはエクセルの操作を自動化するマクロ機能で使われているプログラミング言語です。VBAは「MicrosoftVisualBasicApplications」の略になります。このVBA入門シリーズでは実務で必要とされるVBAの入門として基本から応用までのVBA全般を解説していきます。

書くべきマクロVBAが分からない時は、
ここでじっくり勉強してから再チャレンジしてください。

マクロVBA練習問題解答へ

では解答へ進んでください。

エクセル厳選情報メールマガジン登録
登録は無料です。
こちらの登録で、専用メールアドレスにて質問が可能となります。

解答はこちら、「練習問題27解答」



同じテーマ「マクロVBA練習問題」の記事

練習問題20(総合練習2)

マクロVBA練習問題 ・「元表」を下の「出来上がりサンプル」のようにして下さい。・月が変わったら1行挿入して、挿入した行に月の合計売上を入れて下さい。A列に、○月合計 B列に、売上の合計 それぞれ太字にして下さい。
練習問題21(総合練習3)
マクロVBA練習問題 ・A列の都道府県から重複を失くし(ユニークにして)、D列に入れて下さい。・都道府県別の合計売上をE列に入れて下さい。練習問題用のExcelファイル こちらからダウンロードできます。
練習問題22(総合練習4)
マクロVBA練習問題 ・シート「練習22」では、各伝票の1行から6行が横に並んでいます。これを、シート「練習22_回答」を新規追加し、各伝票の行を縦に並べて下さい。つまり、伝票の明細行が横になっているものを、縦に変換するということです。
練習問題23(総合練習5)
マクロVBA練習問題 ・A2セルに日付、B2セルに名前を指定します。この条件に合うデータを、シート「練習23_データ」から抜出し、5行目以降に表示して下さい。・名前は部分一致として下さい。つまり、「山」と指定した場合は、「山田」も「山口」も「木山も」対象にするということです。
練習問題24(再帰呼出し)
マクロVBA練習問題 ・以下の表の全組み合わせを作成して下さい。サンプルデータでは、組み合わせの数は、8*3*6*5=720通りです。・各項目はカンマ(,)で区切って下さい。・出力先は、新規シートを追加し、1行目に見出しとして_組み合わせ文字_と入れ、2行目より出力して下さい。
練習問題25(各種VBA関数)
マクロVBA練習問題 ・以下の表において、課題に従って元データより回答欄に出力して下さい。※1問目なら、回答欄に_Excelマクロ(vba)練習_と出力する。練習問題用のExcelファイル こちらからダウンロードできます。
練習問題26(全シート処理とハイパーリンク)
マクロVBA練習問題 全シートのハイパーリンク付き一覧を先頭シートに作成します。現在のブックの先頭に新規シートを追加し、既存シートのシート名一覧をハイパーリンク付きで作成して下さい。※これは実務においても非常に良く発生する要求です。
練習問題27(データ分割し別ブック保存)
練習問題28(シートを別ブックにして値のみにする)
マクロVBA練習問題 アクティブブックにはシートが複数(Sheet1,Sheet2,Sheet3)あります。Sheet1だけを別ブックにして、計算式を抜き(値だけに)にしてから保存して下さい。作成したブックの保存先は、アクティブブックと同一フォルダとし、ブック名はシート名と同一にして下さい。
練習問題29(ロット引き当て)
マクロVBA練習問題 入荷後の在庫を、注文に対して割り振ります。以下の表をみて下さい。この表において、F列と、H列~K列を埋めます。注文数に見合った、入荷数を割り振ります。本来なら、別々のシートにするところですが、説明の便宜上とマクロの理解しやすさの点を考慮して、1シートにしています。
練習問題30(マトリックス→リスト形式)
マクロVBA練習問題 売上と仕入の、支店別年度別のマトリックス表があります。これをリスト形式(データベース形式)のデータに変換してください。以下の表をみて下さい。縦横の項目の交点に数値が入っていて、ピボットテーブルのようなマトリックス表になっています。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Byte配列と文字コード関数について|VBA技術解説(8月20日)
PowerQueryの強力な機能をVBAから利用する方法|VBA技術解説(8月4日)
練習問題31(セル結合を解除して値を埋める)|VBA練習問題(7月30日)
練習問題30(マトリックス→リスト形式)|VBA練習問題(7月25日)
Applicationを省略できるApplicationのメソッド・プロパティ一覧|VBA技術解説(7月22日)
コレクション(Collection)の並べ替え(Sort)に対応するクラス|VBA技術解説(7月20日)
CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
10.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • 練習問題27(データ分割し別ブック保存)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ