エクセル雑感
「VBAによる解析シリーズその2 カッコ」をやってみた

ExcelマクロVBAとエクセル関数についての私的雑感
最終更新日:2019-05-21

「VBAによる解析シリーズその2 カッコ」をやってみた


ツイッターで出たVBAのお題をやってみました。


もとネタはこちら、
VBAによる解析シリーズその2 カッコ
関連ツイート

なかなか楽しかったので、VBAコードを掲載しておきます。

まず最初にお題から受ける印象は、再帰処理を行うという事になると思います。
再帰処理について
再帰呼出しについて(再帰プロシージャー)
再帰プロシージャとは、自分自身を呼び出すプロシージャです。プロシージャが、そのプロシージャ内で自分自身を呼び出すような処理を再帰呼び出しと呼びます。自分自身を呼び出し、終了条件を満たすまで、意図的に無限ループさせます。
練習問題24(再帰呼出し)
マクロVBA練習問題 ・以下の表の全組み合わせを作成して下さい。サンプルデータでは、組み合わせの数は、8*3*6*5=720通りです。・各項目はカンマ(,)で区切って下さい。・出力先は、新規シートを追加し、1行目に見出しとして"組み合わせ文字"と入れ、2行目より出力して下さい。
エクセルでファイル一覧を作成
VBAでサブフォルダ以下も含めて全てのファイル一覧を取得します。最初はサブフォルダは無視して、VBAにある関数とステートメントだけで作成します、その後に、FileSystemObjectで再帰処理をすることで、全てのサブフォルダも取得するようにしていきます。
数独(ナンプレ)を解くVBAに挑戦
数独をExcelマクロVBAで解いてみます№5、メイン処理を書いて完成になります。メイン処理のSub シートのA1~I9を配列(1To9,1To9)に入れる。trySuを呼ぶ…再帰プロシージャー 配列(1To9,1To9)をシートのA1~I9に入れる。
ナンバーリンク(パズル)を解くVBAに挑戦
最後に、枠の大きさを10×10に固定せずに、Application.InputBoxでセル範囲を指定して実行するように修正したものを掲載しておきます。理論的には、大きさの制限はありませんが、10×18でやったところ、4時間半もかかってしまいました。

再帰を使った模範解答は、先のツイートにありますので、そちらを参考にしてください。
以下では、再帰処理をせずに、Do~Loopで処理しています。
ロジック・アルゴリズムは無限にありますので、いろいろな方法でVBAを書いてみるのも良い勉強になると思います。


シート

マクロ アルゴリズム

VBAコード



Option Explicit

Sub test()
  Dim i As Long
  Intersect(Range("A1").CurrentRegion.Offset(1), Columns(2)).ClearContents
  For i = 2 To Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
    Cells(i, 2) = parse_kakko(Cells(i, 1))
  Next
End Sub

Function parse_kakko(ByVal sIn As String) As String
  Dim i As Long, j As Long
  Dim isOk As Boolean
  Do
    For i = 1 To Len(sIn)
      If Mid(sIn, i, 1) = "(" Then
        j = InStr(sIn, ")")
        If Not Mid(sIn, i + 1, j - i - 1) Like "*(*" Then
          If Not inKakko(sIn, i, j) Then Exit Do
          isOk = True
        End If
        i = i + 1
      End If
    Next
    If Not sIn Like "*(*)*" Then
      Exit Do
    End If
  Loop
  parse_kakko = IIf(isOk, sIn, "(ERROR)")
End Function

Private Function inKakko(ByRef sIn As String, _
              ByRef i As Long, _
              ByRef j As Long) As Boolean
  Dim sNum As String, sStr As String, N_S As String
  sNum = "": sStr = "": N_S = ""
  Dim i2 As Long, i3 As Long
  sStr = Mid(sIn, i + 1, j - i - 1)
  If sStr Like "*[0-9]*" Then Exit Function
  For i2 = i - 1 To 1 Step -1
    If IsNumeric(Mid(sIn, i2, 1)) Then
      sNum = Mid(sIn, i2, 1) & sNum
    Else
      Exit For
    End If
  Next
  For i3 = 1 To IIf(sNum = "", 1, sNum)
    N_S = N_S & sStr
  Next
  sIn = Replace(sIn, Mid(sIn, i2 + 1, j - i2), N_S)
  inKakko = True
End Function



これはVBAでのアルゴリズム勉強です。




同じテーマ「エクセル雑感」の記事

だまされるな!RangeとCellsの使い分け!
エクセル(関数・マクロ)上達のコツ
エクセルVBAあるある
Excelマクロを書くのに○○力は必用か?
offset 検索ワードで非常に多いので「offsetまとめ」
Excelのリンクの管理について
プログラミングとは
「ネ申Excel」問題 への同意と反論
「Excel3ステップ理論」3階層システムの応用
「ポケモンを確実に見つける方法」をExcelで数学してみた
「VBAによる解析シリーズその2 カッコ」をやってみた


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAコードの全プロシージャー・プロパィ一覧を取得|VBAサンプル集(10月12日)
VBAでエラー行番号を取得できるErl関数|VBA技術解説(10月12日)
手動計算時の注意点と再計算方法|ExcelマクロVBA技術解説(10月9日)
引数の数を可変にできるパラメーター配列(ParamArray)|VBA入門(10月7日)
VBEの使い方:デバッグ|ExcelマクロVBA入門(10月6日)
VBAにおける配列やコレクションの起点について|VBA技術解説(10月5日)
VBEの使い方:オブジェクト ブラウザー|VBA入門(10月5日)
VBEの使い方:ウォッチ ウィンドウ|VBA入門(10月4日)
VBEの使い方:ローカル ウィンドウ|VBA入門(10月3日)
VBEの使い方:イミディエイト ウィンドウ|VBA入門(10月2日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • 「VBAによる解析シリーズその2 カッコ」をやってみた

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ