VBAサンプル集
計算式の元となる数値定数を消去する(Precedents)

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
公開日:2013年5月以前 最終更新日:2013-05-14

計算式の元となる数値定数を消去する(Precedents)


指定のセルの計算式が参照しているセルの数値定数をクリアします。

ただし、参照しているセルが、さらに他のセルを参照している場合は、

その先のセルを消去します。

つまり、計算式の入っているセルを起点にして、

その参照先をすべて検索し、

計算式の元となるセル(数値定数が入っているセル)の値をクリアします。

ワークシート分析では、「参照元のトレース」になります。

(参照元?分かりずらいですね、元先の表現がどうもしっくりしませんw)

表を見てもらったほうがわかりやすいと思います。

Excel VBA 解説

上表の白いセルの数値が対象となります。

この例では、手作業でも、それほど大変では無いですが、

もっと複雑な表になると、手作業では大変です。

マクロの作成方法として、例えば白いセルのみ消去するようにしても良いです。

しかし、なかなかそのようには決められない場合もあるでしょう。

以下のマクロでは、選択されているセルの、参照先を取得し、

他のセルを参照していないセルのみ、その値を消去しています。

Sub DelFixedNumber()
  Dim myRange As Range
  Dim subRange As Range
  Dim preRange As Range
  Dim preRange2 As Range
  '参照先が無い場合は、Precedentsがエラーとなるので
  On Error Resume Next
  '選択しているセルが複数でも対応
  For Each myRange In Selection
    Set preRange = Nothing
    Set preRange = myRange.Precedents
    '参照先がある場合
    If Not preRange Is Nothing Then
      '参照先のセルを順に処理
      For Each subRange In preRange
        Set preRange2 = Nothing
        Set preRange2 = subRange.Precedents
        '参照先がある場合
        If preRange2 Is Nothing Then
          '数値で、計算式の無いセルのみクリア
          If IsNumeric(subRange) And _
            Not subRange.HasFormula Then
            subRange.ClearContents
          End If
        End If
      Next
    End If
  Next
  On Error GoTo 0
End Sub

このマクロでは、例えば、

E15を選択している状態で、マクロを実行すると、

E2~E4,E6~E9,E12~E13、これらのセルのみクリアされます。



Precedentsについて

参照先の全てをRangeオブジェクトとして取得できます。

ただし、参照先が無いと、エラーとなりますので、エラートラップが必須になります。

また、他のシートの参照は取得できません。

ここが問題です。

他のシートの参照が出てきた時点で、追跡が止まってしまいます。

これらの問題に対処するために、最後のIfで

数値であり、計算式が設定されていない事を、判定しています。

シート内の全てを消去する場合は、別途のマクロを作成した方が良いでしょう。

先にも述べたように、白いセルで、計算式の無い、数値のセル・・・

のような判定で消去すれば良いでしょう。

もちろんレイアウト変更のない表なら、固定のセルの消去でも対応可能でしょう。

しかし、個別に消去する場合は、これらの手法では無理があります。

このマクロを組み込み、ショートカット(例えば、Ctrl+Shift+D)

に登録して使用するのが良いでしょう。

ただし、前述していますが、他シートへの参照は消去されないので注意して下さい。





同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

「値の貼り付け」をショートカットに登録(OnKey)

コピーペーストの質問で、よく目にするのは、値の貼り付けが面倒だというものです。どうも、ショートカットが無いからのようです。ネットを調べて見たのですが、どれもしっくりこないので、作ってみました。いろいろな方法が考えられるのですが、簡単かつ直ぐに使えて、他の人にも配布可能なものが良いと思います。
「セルの結合」をショートカットに登録(OnKey)
「値の貼り付け」をショートカットに登録が好評だったので(本当かな)、その第二弾!セルの結合をショートカットに登録します。作り方は、前回の、「値の貼り付け」をショートカットに登録と同様です。コピーペーストの質問で、よく目にするのは、値の貼り付けが面倒だというものです。
半角カナのみ全角カナに変換する
半角カナのみ全角カナに変換します。ネットを探してみたところ、あるにはあるのですが、どうも中途半端。直ぐに使えて、汎用性のあるプログラムが見つからなかったので、作ってみました。ではプログラムです。PrivateSub半角カナto全角カナ(ByRefobjRangeAsRange)DimstrInAs String'元…
計算式の元となる数値定数を消去する(Precedents)
Beep音で音楽(Beep,Sleep)
時々検索されるので、Beep音で音楽を演奏してみましょう。プログラムはほぼAPIをCALLするだけです。まずは、シートです。こんな感じです。ドレミの周波数は結構適当なので、詳しい方は自分で調整して下さい。
日付の検索(配列の使用)
日付の検索は、いろいろと面倒です。Findメソッドで検索する場合、表示書式に左右されますので、表示書式を変更しただけで、検索されなくなります。これは、手作業での検索においても同様になりますが、マクロとしてはいかにも不便です。
ストップウォッチ(1/100秒)(Timer)
・ストップウォッチVBAコード ・ストップウォッチVBA解説 ・ストップウォッチ機能強化版
ストップウォッチ改(1/100秒)(Timer)
・公開済みの初期のストップウォッチ ・追加する機能 ・シートレイアウト ・VBAコード ・ダウンロード
重複の無いユニークなデータ作成
簡単な例で シート「元データ」A列に、1行目に見出し、2行目以降にデータが入っている シート「ユニーク」このA列に、シート「元データ」のA列をユニーク(一意)にして取り出します。まずは、エクセルらしく、ワークシート関数とフィルターを使って 非常にエクセルらしい、素直な処理です。
WEBデータの取得方法
・サンプルページ ・QueryTables ・InternetExplorer ・MSHTML ・MSXML2 ・WEBデータの取得方法の最後に
右クリックメニューの変更(CommandBars)
・シートモジュールに以下を追加 ・標準モジュールに以下を追加 ・コマンドバー.Controls.Add() ・コントロールのメンバーについて ・CommandBarsの種類


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

エクセルが起動しない、Excelが立ち上がらない|エクセル雑感(2024-04-11)
ブール型(Boolean)のis変数・フラグについて|VBA技術解説(2024-04-05)
テキストの内容によって図形を削除する|VBA技術解説(2024-04-02)
ExcelマクロVBA入門目次|エクセルの神髄(2024-03-20)
VBA10大躓きポイント(初心者が躓きやすいポイント)|VBA技術解説(2024-03-05)
テンキーのスクリーンキーボード作成|ユーザーフォーム入門(2024-02-26)
無効な前方参照か、コンパイルされていない種類への参照です。|エクセル雑感(2024-02-17)
初級脱出10問パック|VBA練習問題(2024-01-24)
累計を求める数式あれこれ|エクセル関数応用(2024-01-22)
複数の文字列を検索して置換するSUBSTITUTE|エクセル入門(2024-01-03)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|VBA入門
6.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)|VBA入門
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.メッセージボックス(MsgBox関数)|VBA入門
9.セルのクリア(Clear,ClearContents)|VBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。


このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ