VBAサンプル集
ストップウォッチ改(1/100秒)(Timer)

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
最終更新日:2020-04-11

ストップウォッチ改(1/100秒)(Timer)


ストップウォッチを作る時の、基本的なVBAコードを以前に公開しましたが、
時々お問い合わせをいただくことがあり、それなりに重宝されているようです。
そこで、もう少し機能強化したものを作成した次第です。


※Office365でスムーズに動作しないので、Sleepを入れて対処してみました。

公開済みの初期のストップウォッチ

ストップウォッチ(1/100秒)(Timer)
・ストップウォッチVBAコード ・ストップウォッチVBA解説 ・ストップウォッチ機能強化版

追加する機能

・ラップタイム(区間の時間)
・スプリットタイム(その時点までの時間)

これらを取得するためのボタンを追加してみました。

シートレイアウト

VBA マクロ ストップウォッチ タイマー

VBA マクロ ストップウォッチ タイマー

VBAコード

Option Explicit

Declare PtrSafe Sub Sleep Lib "kernel32" (ByVal dwMilliseconds As Long)

Private blnStop As Boolean
Private blnStart As Boolean
Private dblTimer As Double
Private bLap As Double
Private cntLap As Long

Sub StartStop()
  If blnStart = True Then
    blnStop = True
    Exit Sub
  End If
  bLap = 0
  cntLap = 0
  blnStart = True
  blnStop = False
  dblTimer = Timer
  Do Until blnStop = True
    Cells(2, 2) = Int((Timer - dblTimer) * 100) / 100
    Sleep 1
    DoEvents
  Loop
  blnStart = False
  blnStop = False
End Sub

Sub LapSplit()
  cntLap = cntLap + 1
  Cells(cntLap + 4, 2) = cntLap
  Cells(cntLap + 4, 3) = Int((Timer - dblTimer) * 100) / 100 - bLap
  Cells(cntLap + 4, 4) = Int((Timer - dblTimer) * 100) / 100
  bLap = Cells(cntLap + 4, 4)
End Sub

Sub LapSplitClear()
  Cells(2, 2) = 0
  Range("B4").CurrentRegion.Offset(1).ClearContents
  bLap = 0
  cntLap = 0
End Sub

Sub StartStop()
これは、元々の、
ストップウォッチ(1/100秒)(Timer)
・ストップウォッチVBAコード ・ストップウォッチVBA解説 ・ストップウォッチ機能強化版
ここに掲載したVBAコードとほぼ同じです。
Sub LapSplit()
ラップタイム、スプリットタイムを履歴のように記録します。
Sub LapSplitClear()
ラップタイム、スプリットタイムの履歴を消去します。
Sleep
Excel2010では、Sleepが無くてもスムーズに動いていました。
Excel2013では、少しぎこちなさが見受けられました。
そして、Office365ではカクカクになってしまいました。
これに対処するために、Sleep 1を入れてみました。
Sleepは1/1000単位なので、ストップウォッチの機能としては問題ないと思います。

ダウンロード

以下でサンプルファイルをダウンロードできます。

エクセルのサンプルダウンロード



同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

Beep音で音楽(Beep,Sleep)
日付の検索(配列の使用)
ストップウォッチ(1/100秒)(Timer)
ストップウォッチ改(1/100秒)(Timer)
重複の無いユニークなデータ作成
WEBデータの取得方法
右クリックメニューの変更(CommandBars)
エクセルのアイコン取得(FaceID)
素数を求めるマクロ
入力規則のリスト入力の妥当性判定
配色を使用したカラー設定を固定カラーに変更


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

数字(1~50)を丸付き数字に変換するVBA|VBA技術解説(2022-11-15)
TEXTAFTER関数(テキストの指定文字列より後ろの部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTBEFORE関数(テキストの指定文字列より前の部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTSPLIT関数(列と行の区切り記号で文字列を分割)|エクセル入門(2022-11-12)
LAMBDA以降の新関数はVBAで使えるか|VBA技術解説(2022-11-11)
WRAPCOLS関数(1次元配列を指定数の列で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
WRAPROWS関数(1次元配列を指定数の行で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
EXPAND関数(配列を指定された行と列に拡張する)|エクセル入門(2022-11-07)
TAKE関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を取得)|エクセル入門(2022-11-06)
DROP関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を除外)|エクセル入門(2022-11-06)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
9.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ