Python入門
第2回.対話モードの使い方とヘルプ

Pythonの初心者向け入門解説、人気のプログラミング言語Python
最終更新日:2020-09-12

第2回.対話モードの使い方とヘルプ


Pythonには対話モード(インタラクティブ シェル)でスクリプトを実行する方法があります。


前回のインストール編では、Pythonのスクリプトファイル(拡張子.py)を実行しました。
対話モードでは、1行入力するごとに実行されていきます。
ユーザーが対話形式でスクリプトを入力していくものです。

IDLE(Python付属の統合開発環境)とVisual Studioのそれぞれでの対話モードの使い方を説明します。
また、対話モードではヘルプが使えますので、その使い方も説明します。

目次

IDLEでの対話モードの使い方

IDLEを起動します。

Python 入門 IDLE 使い方 visual studio

>>>
入力カーソルがこの後ろにあります。
ここにPythonのコードを入力していくのですが、まずは数式をいれて計算させてみましょう。
>>> (1+2)*3
これを入れてEnterします。

Python 入門 IDLE 使い方 visual studio

計算結果が表示されました。
では前回入れた、printを入れてみましょう。

>>> print("これからパイソンをやっていきます。")
Enterすると、

Python 入門 IDLE 使い方 visual studio

IDLEを終了するには、
>>> quit()
と入れてEnter

Python 入門 IDLE 使い方 visual studio

これは、quit関数を使ったことになります。
exit()関数を使っても同じことができます。

終了させるショートカットは、
Ctrl + Q
Ctrl + D
単に終わらせるだけなら、
ウィンドウを「×」で閉じて構いませんし、
Alt + F4
でも構いません。

IDLEの詳しい使い方については以下を参照してください。

Visual Studioでの対話モードの使い方

前回作成したソリューションを起動します。
もし無ければ新規に作成してください。

Python 入門 IDLE 使い方 visual studio

「Python001.sln」これがソリューションになりますので、
この拡張子.slnをダブルクリックで開くことができます。

「Python環境のウィンドウ」が表示されていなければ表示してください。
メニュー「表示」→「その他のウィンドウ」→「Python環境」

Python 入門 IDLE 使い方 visual studio

インタラクティブ ウィンドウを開く」
ここをクリックします。


Python 入門 IDLE 使い方 visual studio

もしくは、
メニューの「表示」→「その他のウィンドウ」→「Python インタラクティブ ウィンドウ」

Python 入門 IDLE 使い方 visual studio

左下のウィンドウが対話モードのウィンドウになります。
IDLEと同様に、
>>> ここに入力していきます。

Python 入門 IDLE 使い方 visual studio

こちらは特に終了する必要がありません。
quit()を入れても、

エクセル Excel サンプル画像

このようにプロセスが終了するだけでウィンドウが残ってしまうので意味がありません。
「×」でウィンドウを閉じてください。
再度、「インタラクティブ ウィンドウを開く」で新しくプロセスが開始されます。

画面内容を消去するだけなら、右クリックメニューに「画面をクリアする」があります。

右クリックメニュー
Python 入門 IDLE 使い方 visual studio


ヘルプの使い方

対話モードで、helpが使えます。
>>> help(引数)
helpはPythonの組み込み関数です。
引数には、pythonのオブジェクト・関数を指定します。

help関数をhelpで出してみると、

Python 入門 IDLE 使い方 visual studio

また、今まで使ってきたprintをhelpで出してみると、

Python 入門 IDLE 使い方 visual studio

ついでに、quitとexitも観ておきましょう。

Python 入門 IDLE 使い方 visual studio

Python 入門 IDLE 使い方 visual studio



同じテーマ「Python入門」の記事

第1回.Pythonの統合開発環境をインストール
第2回.対話モードの使い方とヘルプ
第3回.変数とデータ型
第4回.数値計算(四則演算)
第5回.if文とインデントによるブロック
第6回.for文とイテラブルオブジェクト
第7回.while文とデバッグ(ステップイン)
第8回.文字列操作(str型)
第9回.リスト(list型、配列)
第10回.タプル(tuple型、イミュータブル)
第11回.辞書(dict型)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

CSV読み書き(csvモジュール)|Python入門(9月29日)
「Excel 4.0 マクロ」の使い方|VBA技術解説(9月28日)
CSV読み込みとopen()関数とwith文|Python入門(9月28日)
フォルダとファイルの一覧を取得(os,glob,pathlib)|Python入門(9月26日)
import文(パッケージ・モジュールのインポート)|Python入門(9月24日)
例外処理(try文)とexception一覧|Python入門(9月23日)
リスト内包表記|Python入門(9月22日)
Pythonの引数は参照渡しだが・・・|Python入門(9月21日)
lambda(ラムダ式、無名関数)と三項演算子|Python入門(9月20日)
関数内関数(関数のネスト)とスコープ|Python入門(9月18日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ