Python入門
第4回.数値計算(四則演算)

Pythonの初心者向け入門解説、人気のプログラミング言語Python
最終更新日:2020-09-17

第4回.数値計算(四則演算)


Pythonは科学技術計算にも使われるプログラミング言語です。
科学技術計算向けの豊富なライブラリがあったりする訳ですが、ここでは基本の数値計算について説明します。


int型(整数)とfloat型(実数)における四則演算の演算子を中心に説明します。
float型についてはコンピューターにおける少数問題も簡単に記しています。

Pythonには複素数型もありますが、一応決まりだけは説明しますが、それ以上は触れずにやり過ごします。
complex型を例として、Visual Studioでのオブジェクトのプロパティ・メソッドのインテリセンスについても簡単に説明しておきます。

目次

算術演算子

+ 足し算
- 引き算
* 掛け算
/ 割り算
// 割り算の商(整数に切り捨て)
% 割り算の余り
** べき乗
- 単項、符号反転
+ 単項、そのまま

Python 四則演算 演算子

演算子の優先順位

より上が優先されます、横は同順
**
単項(+ , -)
* , / , // , %

+ , -

Python 四則演算 演算子

これは、順に計算すると、

5**2
2*3 , 4/25
1+6-0.16

括弧()で優先順位を明記するなら以下になります。

Python 四則演算 演算子

int型とfloat型

int型は整数を扱う型です。
float型は倍精度浮動小数点数を扱う型です。

int型に桁数制限はありません
Python 四則演算 演算子

画面では切れていますので、桁数を出してみましょう。

Python 四則演算 演算子


import文については、後々に詳しく説明しますが、
モジュール(標準ライブラリ、拡張ライブラリ)を読み込む命令です。
mathは数学関数のモジュールです。

float型は倍精度浮動小数点数(64bit)です
具体的には以下の範囲になります。
-1.7976931348623157e+308 ~ 1.7976931348623157e+308

int型同士の計算結果の型
int型同士の、+,-,*,//,%はint型となります。
しかし、結果が整数であっても、/はfloat型となります。

Python 四則演算 演算子

2項のどちらかがfloatの場合は結果もfloatになります
Python 四則演算 演算子

float型における小数点の問題

Python 四則演算 演算子
数値を比較で、比較演算子==を使っています。
比較演算子については、次回詳しく説明します。

これは見た通りです。
コンピューターが2進数で数値を表している以上避けて通れないものです。
VBAの少数以下の演算誤差について
ワークシートで時間計算をしていると、時に不可解な結果に見舞われることがあります。エクセルの時間は、1日を1とした数値で管理されているため、1時間は1の24分の1の数値になります。この少数以下の計算において、エクセルが正しく計算できないというものです。

この誤差はどうしようもない事なので、このような比較の必要性がある場合は、一定桁数で数値を丸めてください。
Python 四則演算 演算子

round()は組み込み関数です。
Pythonには数多くの関数と型が組み込まれており、様々な処理を行うことができます。組み込み関数は、Python入門の中でもすでにいくつか使用していますし、これからも頻繁に使用していきます。全部で69個あります。

round(number[, ndigits])

ndigitsには、少数以下の桁数を指定します。省略すると0になります。

complex型:Visual Studioのインテリセンスについて

complex型は複素数型です。
数値の後ろに、
j または J を付けて定義できます。

Python 四則演算 演算子

realは実部、imageは虚部
Visual Studioでは、オブジェクトに続けて.(ドット)を打つことで、そのオブジェクトが持つプロパティ・メソッドが表示されます。

Python 四則演算 演算子

一度目の.(ドット)の入力時に表示されない場合があります。
その場合は、.(ドット)を一度消して再度.(ドット)を入れると表示されます。
しかし、もっと簡単に表示できるショートカットがあります。
.の直後の位置で、

Ctrl + j

VBAをやっている人にはお馴染みのショートカットですね。



同じテーマ「Python入門」の記事

第1回.Pythonの統合開発環境をインストール
第2回.対話モードの使い方とヘルプ
第3回.変数とデータ型
第4回.数値計算(四則演算)
第5回.if文とインデントによるブロック
第6回.for文とイテラブルオブジェクト
第7回.while文とデバッグ(ステップイン)
第8回.文字列操作(str型)
第9回.リスト(list型、配列)
第10回.タプル(tuple型、イミュータブル)
第11回.辞書(dict型)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

CSV読み書き(csvモジュール)|Python入門(9月29日)
「Excel 4.0 マクロ」の使い方|VBA技術解説(9月28日)
CSV読み込みとopen()関数とwith文|Python入門(9月28日)
フォルダとファイルの一覧を取得(os,glob,pathlib)|Python入門(9月26日)
import文(パッケージ・モジュールのインポート)|Python入門(9月24日)
例外処理(try文)とexception一覧|Python入門(9月23日)
リスト内包表記|Python入門(9月22日)
Pythonの引数は参照渡しだが・・・|Python入門(9月21日)
lambda(ラムダ式、無名関数)と三項演算子|Python入門(9月20日)
関数内関数(関数のネスト)とスコープ|Python入門(9月18日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ