Google Apps Script入門
スクリプトを実行するには

Google Apps Script(GAS)の入門解説です
最終更新日:2021-03-05

第3回.スクリプトを実行するには


Google Apps Scriptを書いたら実行して結果を確認します。


正しく書けていれば、期待した結果になりますが、
間違っていれば、エラーになったり期待外れの結果となります。


前回書いたスクリプト

Google Apps Script 画像

function myFunction() {
  Browser.msgBox("Hello World&quot", Browser.Buttons.OK)
}


これを実行してみましょう。


スクリプト エディタから実行

メニュー
実行→myFunction→クリック

Google Apps Script 画像

myFunctionは、名前を変更していれば、その名前が表示されます。
また、関数を複数作ってある場合は、それらが表示されます。

「実行」アイコンでも実行できます。

Google Apps Script 画像

ただし、今は一つしか関数が無いので良いですが、
複数になった時には、先頭の関数が実行されるので注意してください。

初めて実行する時に1回だけ、承認と許可を求められます。

Google Apps Script 画像

許可を確認」をクリック

Google Apps Script 画像

許可」をクリック

Google Apps Script 画像

画面上部に、このように表示されたら、
ブラウザの、スプレッドシートのタブに移動してください。

Google Apps Script 画像

Google Apps Script 画像


スプレッドシートのボタンにスクリプトを登録

メニュー
挿入→図形描画

Google Apps Script 画像

Google Apps Script 画像

図形はどれでも構いませんが、角丸四角形にしてみました。

Google Apps Script 画像

マウスのドラッグで、大きさを決めて下さい。
大きさは、後でも変更できるので、適当で構いません。
保存して閉じる」をクリック

Google Apps Script 画像

シートに、図形が追加されます。
図形をクリック

Google Apps Script 画像

図形の右上の▼をクリック

Google Apps Script 画像

スクリプトを割り当て」をクリック

Google Apps Script 画像

スクリプト名を入力します。
大文字小文字も含めて、スクリプト名は正確に入れて下さい。
この時点で、
スクリプト エディタに移動できますので、
スクリプト名をコピーしてくることもできます。

作成したボタンをクリックしてみましょう。

Google Apps Script 画像


スクリプトが間違っているとき

スクリプト実行した時、画面上部中央に、

Google Apps Script 画像

このような、赤反転でメッセージが表示されたときは、スクリプトが間違っています。

上のメッセージでは、
「・・・msgboxが見つかりません」
これは、
msgBox
が正しいのですが、Bが小文字のbになってしまっています。

入力候補を使わずに、何かを見ながらタイピングしていると、このような間違いが頻発します。
入力候補をしっかりと使っていきましょう。


スクリプトを実行するにはの最後に

VBやVBAでは、通常は全て小文字で入力します。
単語に応じて、勝手に大文字・小文字が変換されます。
これになれている人は、Google Apps Scriptのタイピングには少し慣れが必要かもしれません。




同じテーマ「Google Apps Script入門」の記事

第1回.GASって何? Google Apps Scriptって何?
第2回.とにかく書いてみよう(スクリプト エディタ)
第3回.スクリプトを実行するには
第4回.セルに数字や文字を入れる
第5回.変数って何だ?
第6回.セルの値を使って計算する
第7回.同じ計算を行数分繰り返す
第8回.最終行を取得して繰り返す
第9回.コメントの書き方
第10回.条件で処理を変える(条件分岐,if)
第11回.条件で処理を変える(条件分岐,switch)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

数字(1~50)を丸付き数字に変換するVBA|VBA技術解説(2022-11-15)
TEXTAFTER関数(テキストの指定文字列より後ろの部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTBEFORE関数(テキストの指定文字列より前の部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTSPLIT関数(列と行の区切り記号で文字列を分割)|エクセル入門(2022-11-12)
LAMBDA以降の新関数はVBAで使えるか|VBA技術解説(2022-11-11)
WRAPCOLS関数(1次元配列を指定数の列で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
WRAPROWS関数(1次元配列を指定数の行で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
EXPAND関数(配列を指定された行と列に拡張する)|エクセル入門(2022-11-07)
TAKE関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を取得)|エクセル入門(2022-11-06)
DROP関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を除外)|エクセル入門(2022-11-06)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
9.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ