Google Apps Script入門
第8回.最終行を取得して繰り返す

Google Apps Script(GAS)の入門解説です
最終更新日:2019-12-31

第8回.最終行を取得して繰り返す

データは常に増減します、決まった行数しか処理できないのではこまりますので、データに応じて最終行を取得する必要があります。
実際に入っているデータの最終行をいかに取得するかを解説します。


前回に続いて、以下の表で、
金額 = 単価 × 数量
の計算を、データ行数が増減しても対応できるようにスクリプトを書き直します。

Apps Script 画像

前回は、2行目~11行目までを繰り返し処理するように書きました。
ただし、お終いの行数の11が固定でした。
この11を固定数値ではなく、データの入っている行数に自動的になるようにします。


前回のスクリプト

function mySample4() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet()
  var tannka,suuryou
  for (var i=2; i<=11; i++) {
    tannka = sheet.getRange(i, 2).getValue()
    suuryou = sheet.getRange(i, 3).getValue()
    sheet.getRange(i, 4).setValue(tannka * suuryou) 
  }
}

上のスクリプトの11という固定数値部分を書き換えます。

完成スクリプト
function mySample5() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet()
  var tannka,suuryou,lastRow
  lastRow = sheet.getLastRow()
  for (var i=2; i<=lastRow; i++) {
    tannka = sheet.getRange(i, 2).getValue()
    suuryou = sheet.getRange(i, 3).getValue()
    sheet.getRange(i, 4).setValue(tannka * suuryou) 
  }
}


解説

変数、lastRowを宣言し、ここに最終行を入れて、forの条件に使っています。
その最終行取得のメソッドが、
sheet.getLastRow()
になります。
getLastRowは、データのある最終行を返してくれます。

i<=sheet.getLastRow()
としても構いません
ここではその後に使っていませんが、
最終行の数値は、その後に使う事を想定して、変数に入れておくと良いでしょう。

getLastRowと似たメソッドに、
getMaxRows
があります。

これは、シートの全行数で、データの有無に関係なく全行数を返します。


指定列の最終行

データは連続入力されていることを前提とするなら、
function mySample6() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet()
  var tannka,suuryou,lastRow
  lastRow = sheet.getLastRow()
  for (var i=2; i<=lastRow; i++) {
    if (sheet.getRange(i, 2).getValue() == "") break
    tannka = sheet.getRange(i, 2).getValue()
    suuryou = sheet.getRange(i, 3).getValue()
    sheet.getRange(i, 4).setValue(tannka * suuryou) 
  }
}

上記では、B列の最終行まで処理します。
ifで、B列が空であれば、forを抜けています。
ifについては、次々回くらいに説明します。

Excelでは、最終行取得の定番として、
Excelワークシートにおける表の最終行の取得は、VBAの必須技術になります、エクセルVBAにおける最終行取得の必要性 エクセルは表計算ソフトです、つまり縦横の表を扱います、データは横に項目があり、縦に項目に対するデータが入っている事が一般的です。しかし、そのデータ行数は決まった行数ではない事が普通です。
Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
このように書きます。
これは、シートの一番下からCtrl+↑で突き当たった行数を取得します。
これと同じことが出来ないのか、と考えたいところですが、これに相当するスクリプトはありません。
もし、Excelと同じことをやるとすれば、
function mySample7() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet()
  var tannka,suuryou,lastRow
  lastRow = getLastRow(sheet,1)
  for (var i=2; i<=lastRow; i++) {
    tannka = sheet.getRange(i, 2).getValue()
    suuryou = sheet.getRange(i, 3).getValue()
    sheet.getRange(i, 4).setValue(tannka * suuryou) 
  }
}
function getLastRow(sheet,col){
  var lastRow = 1
  for (var i=sheet.getLastRow(); i>1; i--) {
    if(sheet.getRange(i, col).getValue() != "") {
      lastRow = i
   break;
  }
 }
  return lastRow
}

このようなスクリプトを作成する必要があります。
上記のスクリプトについては、まだ早いので、解説は省略します。


スプレッドシートの基本は表で出来ています。
そのデータ処理においては、最終行の取得が必須になります。
キーとなる列を設定する等の工夫をして、
なるべく標準の方法で、最終行を取得できるように表を作成することが肝要です。




同じテーマ「Google Apps Script入門」の記事

第5回.変数って何だ?
第6回.セルの値を使って計算する
第7回.同じ計算を行数分繰り返す
第8回.最終行を取得して繰り返す
第9回.コメントの書き方
第10回.条件で処理を変える(条件分岐,if)
第11回.条件で処理を変える(条件分岐,switch)
第12回.表範囲をまとめて消去する
第13回.セルに書式を設定する
第14回.複数のシートを扱う
第15回.複数のスプレッドシートを扱う


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

ユーザーに絶対に停止させたくない場合のVBA設定|VBA技術解説(4月1日)
CharactersプロパティとCharactersオブジェクト|VBA技術解説(3月31日)
指数近似/対数近似/累乗近似(掲載順位とCTR)|エクセル関数超技(3月31日)
練習問題32(連続数値部分を取り出し記号で連結)|VBA練習問題(3月24日)
連続数値部分を取り出し記号で連結|エクセル関数超技(3月24日)
数式バーの高さを数式の行数で自動設定|VBAサンプル集(3月21日)
LET関数(数式で変数を使う)|エクセル入門(3月21日)
スピルに対応したXSPLITユーザー定義関数(文字区切り)|VBAサンプル集(3月15日)
XMATCH関数(範囲から値を検索し一致する相対位置)|エクセル入門(3月14日)
XLOOKUP関数(範囲を検索し一致する対応項目を返す)|エクセル入門(3月14日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
7.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
8.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
9.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ