Google Apps Script入門
第12回.表範囲をまとめて消去する

Google Apps Script(GAS)の入門解説です
最終更新日:2016-10-28

第12回.表範囲をまとめて消去する

プログラミングにおいて、出力先を初期クリアしておくことは基本です、


スプレッドシートで、あるシートから別のシートに集計・編集出力する時にも、

出力先のシートは、初期クリアしておく必要があります。


まずは、セルの値を消す方法です。

セルの値の消去

setValueで、空文字を入れる。
sheet.getRange(1, 1).setValue("")
clearContent
sheet.getRange(1, 1).clearContent()
clearメソッドを使う
sheet.getRange(1, 1).clear()

値だけではなく、書式も消去されね初期状態になります。


では、
以下のような表で、データ部分だけを消去する場合を考えましょう。



スプレッドシート 画像

この表で、データ部、つまり、B2セル~D11セルを消去する場合です。
ただし、列数も増える場合もあるし、当然、行数は常に増減します。


完成スクリプト

function sample12() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet()
  var lastRow,lastCol
  lastRow = sheet.getLastRow()
  lastCol = sheet.getLastColumn()
  sheet.getRange(2, 2, lastRow-1, lastCol-1).clearContent()
}


スクリプトの解説

getLastRowで、最終行を取得
getLastColumnで、最終列を取得
この数値を使って、
getRange(row, column, numRows, numColumns)
rowは、行の位置の数値、3なら3行目
columnは、列の位置の数値、2なら2列目
numRowsは、行数、2なら、2行分
numColumnsは、列数、3なら3列分

これらを使って、一括で消去しています。
上の表であれば、

getLastRowは、11
getLastColumnは、4
なので、
heet.getRange(2, 2, lastRow-1, lastCol-1).clearContent()
これは、
heet.getRange(2, 2, 10, 3).clearContent()
となります。


VBAのCurrentRegionについて

VBAのCurrentRegionに該当するメソッドは無いようです。
従って、
一つのシートに複数の表があるときに、
個別(表ごと)に、上記のような消去をしようとすると、かなり大変なことになります。
Google Apps Scroptに、CurrentRegionという概念が無いのは、とても不便ではありますが、
そもそも、シートに複数の表を配置したりするべきではなく、
データベースとして使えるように、表形式を作成することは、
スプレッドシート(Excel含む)においては、基本であり鉄則であると理解してください。


GoogleスプレッドシートもExcelも、それぞれの長所短所はあります。
しかし、基本を守って使う限りは、短所はあまり気にならないものです。
ここがダメだからあっちを使う
ではなく、
ここが良いからこっちを使う
出来る事なら、こういう判断をしたいものです。




同じテーマ「Google Apps Script入門」の記事

第9回.コメントの書き方
第10回.条件で処理を変える(条件分岐,if)
第11回.条件で処理を変える(条件分岐,switch)
第12回.表範囲をまとめて消去する
第13回.セルに書式を設定する
第14回.複数のシートを扱う
第15回.複数のスプレッドシートを扱う
第16回.Google Apps Scriptの文法
第17回.JavaScript リファレンス
第18回.組み込み関数を使う
第19回.いろいろな繰り返し処理


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

ユーザーに絶対に停止させたくない場合のVBA設定|VBA技術解説(4月1日)
CharactersプロパティとCharactersオブジェクト|VBA技術解説(3月31日)
指数近似/対数近似/累乗近似(掲載順位とCTR)|エクセル関数超技(3月31日)
練習問題32(連続数値部分を取り出し記号で連結)|VBA練習問題(3月24日)
連続数値部分を取り出し記号で連結|エクセル関数超技(3月24日)
数式バーの高さを数式の行数で自動設定|VBAサンプル集(3月21日)
LET関数(数式で変数を使う)|エクセル入門(3月21日)
スピルに対応したXSPLITユーザー定義関数(文字区切り)|VBAサンプル集(3月15日)
XMATCH関数(範囲から値を検索し一致する相対位置)|エクセル入門(3月14日)
XLOOKUP関数(範囲を検索し一致する対応項目を返す)|エクセル入門(3月14日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
7.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
8.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
9.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ