Google Apps Script入門
第16回.Google Apps Scriptの文法

Google Apps Script(GAS)の入門解説です
最終更新日:2016-10-15

第16回.Google Apps Scriptの文法

「Google Apps ScriptはJavaScript互換言語ですので、JavaScriptの文法に準じます」


と本シリーズの第1回で書きましたが、

あらためて、JavaScriptの言語仕様、文法について解説します、

Google Apps Scriptは、JavaScript文法とほぼ同じですが、完全に一致しているわけではありません。
最新のJavaScriptで対応されていても、Google Apps Scriptでは未対応のものもあります。


記述のルール

簡単にルールを書けば、

・大文字小文字は区別 する
・空白と改行は無視 さ れる
・文の区切りにはセミコロンを付ける
・コメントは、//または、/*~*/



これだけになります。
大文字小文字の書き間違いによるエラーは頻発しますので、良く注意してください。

文末(ステートメントの終わり)について
文末にセミコロンがなくても、ある程度に文脈を判断してセミコロンが付いているかのように扱っ て くれ ます。

本シリーズの第4回では、
末尾に;(セミコロン)を付ける事が一般的には多いです。
改行で良いのにわざわざ;(セミコロン)を付ける必要があるのかという論争になります。
結論としては、可読性もあまり変わりませんので、どちらでも良いです。
改行もしくは;(セミコロン)でステートメントが終了するという事を、しっかりと分かっていれば良いのです。
本シリーズでは、基本的に;(セミコロン)は省略します。
理由は、
;(セミコロン)を書くようにすると、
書き忘れに対しての修正の手間や、読者の無用な混乱を避けるためです。
と書きましたが、やはり本来は書くべきだと思います。
書いた方が、可読性も良く、記述のお行儀としても推奨されます。
本シリーズでは、
今回以降は、基本的に;(セミコロン)を書くようにしていきます。
このあたりは、慣れだけの問題ではないかと思いますので、;(セミコロン)を書くことに慣れていきましよう。
コメント
行頭および行の途中に、
//
を書くと、それ以降がコメントアウトされます。

/*から*/の間は、コメントアウトされます。
行の途中でこれを使う意味はないので、

通常は、複数行をまとめてコメントアウトする時に使います。
/*
この間は何行でも全てコメントアウトになります。
*/


変数・定数の宣言

var
varで変数を宣言します。

var 変数
または、
var 変数 = 初期値

varで宣言しない変数は、すべてグローバル変数として暗黙的に解釈されます。
ローカル変数を扱う場合は常にvarで宣言する必要があります。
const
読み取り専用の名前付き定数を宣言します。

const 定数名 = 数値定数or文字定数

定数は、スクリプトの途中で値を変更することはできません。


命名規則

変数や関数などの名前を付ける(命名)場合は、以下の制約を満たす必要があります。

・予約語は使用できない
・半角の英数、半角のアンダーバー(_)、半角のドル記号(\)で構成する
・数値で始まってはならない


予約語とは、
if,else,break,new,this・・・
このような、JavaScriptのステートメント等、JavaScriptが使用しているあらかじめ決められた語句です。




同じテーマ「Google Apps Script入門」の記事

第13回.セルに書式を設定する
第14回.複数のシートを扱う
第15回.複数のスプレッドシートを扱う
第16回.Google Apps Scriptの文法
第17回.JavaScript リファレンス
第18回.組み込み関数を使う
第19回.いろいろな繰り返し処理
第20回.エラー処理(try・・・catch)
第21回.配列って何なんだ?
第22回.オブジェクト、メソッド、プロパティとは
第23回.行・列を操作する(挿入・削除・非表示・サイズ)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAクラスのAttributeについて(既定メンバーとFor Each)|VBA技術解説(10月19日)
VBAの用語について:ステートメントとは|VBA技術解説(10月16日)
VBAのマルチステートメント(複数のステートメントを同じ行に)|VBA技術解説(10月14日)
VBAコードの全プロシージャー・プロパィ一覧を取得|VBAサンプル集(10月12日)
VBAでエラー行位置(行番号)を取得できるErl関数|VBA技術解説(10月11日)
手動計算時の注意点と再計算方法|ExcelマクロVBA技術解説(10月9日)
引数の数を可変にできるパラメーター配列(ParamArray)|VBA入門(10月7日)
VBEの使い方:デバッグ|ExcelマクロVBA入門(10月6日)
VBAにおける配列やコレクションの起点について|VBA技術解説(10月5日)
VBEの使い方:オブジェクト ブラウザー|VBA入門(10月5日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • Google Apps Scriptの文法

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ