Google Apps Script入門
オブジェクト、メソッド、プロパティとは

Google Apps Script(GAS)の入門解説です
公開日:2016-10-29 最終更新日:2022-11-04

第22回.オブジェクト、メソッド、プロパティとは


JavaSciptの文法を数回にわたってやりましたが、
最後に、
オブジェクトプロパティメソッド
この基本の用語を確認しておきましょう。



オブジェクト

オブジェクトとは操作対象の事です。
プログラムでは、「何かをどうする」と言った形で命令を書きます。
この「何を」がオブジェクトになります。


メソッド

メソッドはオブジェクトに対する命令です。
動作命令であり、多くは、動詞が使われ、
get○○
set○○
のような単語が使われます。
メソッドは、その動作の結果を返すものと、
結果を返さずに命令を実行するだけのものがあります。

メソッドの戻り値について
数値や文字と言った基本データだけではなく、
オブジェクトが返されることも多くあります。


プロパティ

プロパティは、オブジェクトの内容や詳細、属性になります。
その、詳細、属性を取得したり、設定したりするものがプロパティになります。


具体例

シート数を取得するスクリプトとして、
第14回.複数のシートを扱う
・複数のシートを扱う例題 ・シート名でシートを取得 ・インデックスでシートを取得 ・シート数を取得 ・る ・複数のシートの最後に

ここで紹介したスクリプを、オブジェクト、プロパティ、メソッドで色分けしました。

var ash = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet()
var i = ash.getSheets().length
Browser.msgBox(i)

オブジェクト
SpreadsheetApp
Browser

メソッド
getActiveSpreadsheet()
getSheets()

プロパティ
length

Google Apps Scriptでは、プロパティはあまり使う機会が少ないようです。

スクリブトに出てくる形式としては、以下が基本になります。
オブジェクト.メソッド()
変数 = オブジェクト.メソッド()
オブジェクト.プロパティ = 値
変数 = オブジェクト.プロパティ

組み合わされて使う事もあります。
オブジェクト.メソッド(オブジェクト.メソッド())
オブジェクト.メソッド(オブジェクト.プロパティ)
変数 = 組み込み関数(…, オブジェクト.メソッド(), …)


オブジエクトの階層構造とメソッドの戻り値

プログラミング言語を習い始めた時、
この階層構造とメソッドの戻り値の理解が難しく感じ、躓くことが多いようです。

SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getActiveSheet().getRange(1, 1).setValue("やあ")

SpreadsheetAppがオブジェクトで、getActiveSpreadsheet()がメソッドです。
getActiveSpreadsheet()の戻り値がSpreadsheetのオブジェクトになります。

つまり、
SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet()
これで、アクティブなスプレッドシート(オブジェクト)を取得しています。

つまり、
アクティブなスプレッドシート.getActiveSheet().getRange(1, 1).setValue("やあ")
という事になります。

そして、
アクティブなスプレッドシート.getActiveSheet()
これで、アクティブなスプレッドシートのアクティブなシート(オブジェクト)を取得しています。
getActiveSheet()はメソッドで、戻り値がSheetオブジェクトです。

つまり、
アクティブなスプレッドシート.アクティブなシート.getRange(1, 1).setValue("やあ")

そして、
アクティブなシート.getRange(1, 1)
これで、アクティブなシートの、A1セル(Rangeオブジェクト)を取得しています。
getRange(1, 1)はメソッドで、戻り値がRangeオブジェクトです。

つまり、
アクティブなスプレッドシート.アクティブなシート.A1セル.setValue("やあ")

そして、
A1セル.setValue("やあ")
setValue("やあ")がメソッドで、セルに値を入れています。

このように、.ピリオドで複数つながっている場合は、
オブジェクトが階層構造になっていると理解しましょう。

オブジェクト.子オブジェクト.孫オブジェクト.メソッド()

子とか孫という表現は、正確な表現とは言えない部分もありますすが、
メソッドの戻り値と、オブジェクトの階層を簡単に理解しやすいはずです。
オブジェクトのメソッドを実行することで、子オブジェクトを取得(捕まえる)というように理解しておきましょう。




同じテーマ「Google Apps Script入門」の記事

第19回.いろいろな繰り返し処理

・にある反復処理 ・繰り返し処理の例題 ・for ・do...while ・while ・break ・continue ・繰り返し処理の最後に
第20回.エラー処理(try・・・catch)
・エラー処理(try・・・catch)の例題 ・try・・・catch ・try・・・catchでエラー処理を入れたスクリプト ・tryブロックに含めるステートメントの範囲 ・エラー処理の最後に
第21回.配列って何なんだ?
・配列を作成する ・インデックスを指定して操作する ・配列に追加する ・配列から削除する ・PPAP ・配列の繰り返し処理 ・多次元配列について ・配列の最後に
第22回.オブジェクト、メソッド、プロパティとは
第23回.行・列を操作する(挿入・削除・非表示・サイズ)
シートの行や列全体に対する操作になります、挿入、削除、表示非表示、行高、列幅、これらは、sheetオブジェクトのメソッドを使います。以下では、sheetオブジェクトのメソッドのうち、行・列に関するメソッドを抜粋しています。基本として見方、使い方ですが、1行や1列のみ対象の場合は単数形(Row,Column) 複数行…
第24回.シートの挿入・削除・名前変更
シートの挿入、シートの削除、シートの名前変更です、シートの挿入・削除は、Spreadsheetオブジェクトのメソッド、名前の変更は、Sheetオブジェクトのメソッドになります。以下では、これだけ覚えておけば良いというメソッドに限定して抜粋しています。
第25回.スプレッドシート(ブック)の作成・名前変更
スプレッドシートの作成と名前変更です、スプレッドシートの作成は、SpreadsheetAppのcreateメソッド、名前の変更は、Spreadsheetオブジェクトのrenameメソッドになります。削除は、と思ってメソッドを探しましたが、見当たりませんでした。
第26回.セルのコピー&各種ペースト
GoogleAppsScriptで、スプレッドシートのセルをコピペする時の書き方になります、セルのコピペといっても、セル全体、値のみ、書式のみと、いろいろな貼り付け方法があります。記述方法は複数ありますが、基本の使い方だけ覚えれば十分です。
第27回.セルに数式を入れる
GoogleAppsScriptで、スプレッドシートのセルに、計算結果ではなく、計算式そのものを入れる場合のほうほうについての解説です。スクリプトで処理する場合は計算結果を入れる事が多いのですが、時に計算式を入れた方が後の使い勝手が良い場合もあります。
第28回.リンクの挿入・編集・削除
GoogleAppsScriptで、スプレッドシートのセルにハイパーリンクを挿入する場合です、しかし、そもそもスプレッドシートでは、Excelのハイパーリンクとは違い、HYPERLINK関数しかありません。そこで、スクリプトでハイパーリンク関数を挿入する方法についてという事になります。
第29回.メモの挿入・削除と改行文字
GoogleAppsScriptで、スプレッドシートのセルにメモを挿入・削除するスクリプトの書き方です、メモを改行する時の改行コードについても解説します。メモは、まさしくメモとして各種注意事項や、変更履歴等として使う事の出来る機能です。ただし、「コメントの挿入」とは違います。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

エクセルが起動しない、Excelが立ち上がらない|エクセル雑感(2024-04-11)
ブール型(Boolean)のis変数・フラグについて|VBA技術解説(2024-04-05)
テキストの内容によって図形を削除する|VBA技術解説(2024-04-02)
ExcelマクロVBA入門目次|エクセルの神髄(2024-03-20)
VBA10大躓きポイント(初心者が躓きやすいポイント)|VBA技術解説(2024-03-05)
テンキーのスクリーンキーボード作成|ユーザーフォーム入門(2024-02-26)
無効な前方参照か、コンパイルされていない種類への参照です。|エクセル雑感(2024-02-17)
初級脱出10問パック|VBA練習問題(2024-01-24)
累計を求める数式あれこれ|エクセル関数応用(2024-01-22)
複数の文字列を検索して置換するSUBSTITUTE|エクセル入門(2024-01-03)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|VBA入門
6.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)|VBA入門
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.メッセージボックス(MsgBox関数)|VBA入門
9.セルのクリア(Clear,ClearContents)|VBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。


このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ