Google Apps Script入門
第22回.オブジェクト、メソッド、プロパティとは

Google Apps Script(GAS)の入門解説です
最終更新日:2016-10-29

第22回.オブジェクト、メソッド、プロパティとは

JavaSciptの文法を数回にわたってやりましたが、


最後として、

オブジェクト、プロパティ、メソッド

基本の用語を確認しておきましょう。


オブジェクト

オブジェクトとは操作対象の事です。
プログラムでは、「何かをどうする」と言った形で命令を書きます。
この「何を」がオブジェクトになります。


メソッド

メソッドはオブジェクトに対する命令です。
動作命令であり、多くは、動詞が使われ、
get○○
set○○
のような単語が使われます。
メソッドは、その動作の結果を返すものと、
結果を返さずに命令を実行するだけのものがあります。

メソッドの戻り値について
数値や文字と言った基本データだけではなく、
オブジェクトが返されることも多くあります。



プロパテイ

プロパティは、オブジェクトの内容や詳細、属性になります。
その、詳細、属性を取得したり、設定したりするものがプロパティになります。


具体例

シート数を取得するスクリプトとして、
第14回.複数のシートを扱う
スプレッドシートを使っていて一つのシートで済むことはむしろ少ないと思いますGoogleAppsScriptで複数のシートを扱う時のスクリプトの書き方になります。シートは以下のようにシート1 シート2 の二つがあるとしてシート1がアクティブつまりシート1を選択している状態で解説を進めます。
ここで、以下のスクリプトを紹介しました。

var ash = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet()
var i = ash.getSheets().length
Browser.msgBox(i)

オブジェクト
SpreadsheetApp
Browser

メソッド
getActiveSpreadsheet()
getSheets()

プロパティ
length

Google Apps Scriptでは、プロパティはあまり使う機会が少ないようです。

スクリブトに出てくる形式としては、以下が基本になります。
オブジェクト.メソッド()
変数 = オブジェクト.メソッド()
オブジェクト.プロパティ = 値
変数 = オブジェクト.プロパティ

組み合わされて使う事もあります。
オブジェクト.メソッド(オブジェクト.メソッド())
オブジェクト.メソッド(オブジェクト.プロパティ)
変数 = 組み込み関数(…, オブジェクト.メソッド(), …)



オブジエクトの階層構造とメソッドの戻り値

プログラミング言語を習い始め他時、
この場合の理解が難しいく躓くことが多いようです。

SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getActiveSheet().getRange(1, 1).setValue("やあ")

SpreadsheetAppがオブジェクトで、getActiveSpreadsheet()がメソッドです。
getActiveSpreadsheet()の戻り値がSpreadsheetのオブジェクトになります。
つまり、
SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet()
これで、アクティブなスプレッドシート(オブジェクト)を取得しています。
つまり、
アクティブなスプレッドシート.getActiveSheet().getRange(1, 1).setValue("やあ")
という事になります。

そして、
アクティブなスプレッドシート.getActiveSheet()
これで、アクティブなスプレッドシートのアクティブなシート(オブジェクト)を取得しています。
getActiveSheet()はメソッドで、戻り値がSheetオブジェクトです。
つまり、
アクティブなスプレッドシート.アクティブなシート.getRange(1, 1).setValue("やあ")

そして、
アクティブなシート.getRange(1, 1)
これで、アクティブなシートの、A1セル(Rangeオブジェクト)を取得しています。
getRange(1, 1)はメソッドで、戻り値がRangeオブジェクトです。
つまり、
アクティブなスプレッドシート.アクティブなシート.A1セル.setValue("やあ")

そして、
A1セル.setValue("やあ")
setValue("やあ")がメソッドで、セルに値を入れています。

このように、.ピリオドで複数つながっている場合は、
オブジェクトが階層構造になっていると理解しましょう。

オブジェクト.子オブジェクト.孫オブジェクト.メソッド()

子とか孫という表現は、正確な表現とは言えない部分もありますすが、
メソッドの戻りと、オブジェクトの階層を簡単には理解しやすいはずです。
オブジェクトのメソッドを実行することで、子オブジェクトを取得(捕まえる)というように理解しておきましょう。




同じテーマ「Google Apps Script入門」の記事

第19回.いろいろな繰り返し処理
第20回.エラー処理(try・・・catch)
第21回.配列って何なんだ?
第22回.オブジェクト、メソッド、プロパティとは
第23回.行・列を操作する(挿入・削除・非表示・サイズ)
第24回.シートの挿入・削除・名前変更
第25回.スプレッドシート(ブック)の作成・名前変更
第26回.セルのコピー&各種ペースト
第27回.セルに数式を入れる
第28回.リンクの挿入・編集・削除
第29回.メモの挿入・削除と改行文字


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAコードの全プロシージャー・プロパィ一覧を取得|VBAサンプル集(10月12日)
VBAでエラー行番号を取得できるErl関数|VBA技術解説(10月12日)
手動計算時の注意点と再計算方法|ExcelマクロVBA技術解説(10月9日)
引数の数を可変にできるパラメーター配列(ParamArray)|VBA入門(10月7日)
VBEの使い方:デバッグ|ExcelマクロVBA入門(10月6日)
VBAにおける配列やコレクションの起点について|VBA技術解説(10月5日)
VBEの使い方:オブジェクト ブラウザー|VBA入門(10月5日)
VBEの使い方:ウォッチ ウィンドウ|VBA入門(10月4日)
VBEの使い方:ローカル ウィンドウ|VBA入門(10月3日)
VBEの使い方:イミディエイト ウィンドウ|VBA入門(10月2日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • オブジェクト、メソッド、プロパティとは

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ