Google Apps Script入門
第27回.セルに数式を入れる

Google Apps Script(GAS)の入門解説です
最終更新日:2016-12-01

第27回.セルに数式を入れる

Google Apps Script で、スプレッドシートのセルに、


計算結果ではなく、計算式そのものを入れる場合のほうほうについての解説です。

スクリプトで処理する場合は計算結果を入れる事が多いのですが、時に計算式を入れた方が後の使い勝手が良い場合もあります。


以下の表において、
金額(D列)に、単価(B列) * 数量(C列) の計算式を入れます。

Google Apps Script 参考画像


setValueを使う

function mySample27_1() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet()
  var lastRow,strformula
  lastRow = sheet.getLastRow()
  for (i=2; i<=lastRow; i++) {
    strformula = "=B" + i + "*C" + i
    sheet.getRange(i, 4).setValue(strformula) 
  }
}

D2セルに入れる数式は、
=PRODUCT(B2,C2)

この文字列を作って、
setValueでセルに入れています。


setFormulaを使う

function mySample27_2() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet()
  var lastRow,strformula
  lastRow = sheet.getLastRow()
  for (i=2; i<=lastRow; i++) {
    strformula = "=B" + i + "*C" + i
    sheet.getRange(i, 4).setFormula(strformula)
  }
}

setValueと同じになります。
数式を入れるなら、setFormulaを使った方がわかり易いと思いますが、
このような数式を入れるのであれば、どっちを使っても構いません。


setFormulaR1C1を使う

function mySample27_3() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet()
  var lastRow
  lastRow = sheet.getLastRow()
  for (i=2; i<=lastRow; i++) {
    sheet.getRange(i, 4).setFormulaR1C1("=RC[-2]*RC[-1]")
  }
}

R1C1形式で数式を作成し、
setFormulaR1C1でセルに入れています。
数式の書き方がR1C1形式であるということなだけで、
setFormulaと基本的には同じ機能になります。

function mySample27_4() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet()
  var lastRow
  lastRow = sheet.getLastRow()
  for (i=2; i<=lastRow; i++) {
    sheet.getRange(i, 4).setFormulaR1C1("=PRODUCT(RC[-2],RC[-1])")
  }
}

関数もそのまま記述すればだいじょうぶです。
もちろん、R1C1形式でなければ、
setFormulaで関数を使っても構いません。


R1C1形式

セルの相対位置、つまり、計算式を設定しようとしているセルからの移動量を、
行位置をRに続けて記述し、列位置をCに続けて記述します。


R ・・・ Rの後に何も記述しない場合は同一行
C ・・・ Cの後に何も記述しない場合は同一列
R1 ・・・ Rの後に数値のみ記述した場合はその絶対行数
C1 ・・・ Cの後に数値のみ記述した場合はその絶対列数
R[1]・・・ Rに続けて[数値]とした場合は、数値行数分、行位置をづらした行
C[1]・・・ Cに続けて[数値]とした場合は、数値列数分、列位置をづらした列

これらを組み合わせて、計算式を設定するセルからの位置を指定します。

例.C5セルに計算式を設定する場合
RC1 ・・・ A5セル
R1C ・・・ C1セル
R[1]C[2] ・・・ E6セル
RC[-1] ・・・ B5セル

このようになります。


setFormulas
setFormulasR1C1

といったものもありますが、特に覚えなくてもスクリプトを書くうえで困ることはないと思います。


setFormula
setFormulaR1C1

どちらを使っても構いませんが、
列位置がずれないのなら、絶対参照としてsetFormulaの方が理解しやすいかもしれません。
逆に、列位置がずれることも考慮するならsetFormulaR1C1で相対参照で書いておくと良いでしょう。



同じテーマ「Google Apps Script入門」の記事

第24回.シートの挿入・削除・名前変更
第25回.スプレッドシート(ブック)の作成・名前変更
第26回.セルのコピー&各種ペースト
第27回.セルに数式を入れる
第28回.リンクの挿入・編集・削除
第29回.メモの挿入・削除と改行文字
第30回.並べ替え
第31回.入力規則
第32回.グラフ
第33回.表示の固定
第34回.シート保護


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAコードの全プロシージャー・プロパィ一覧を取得|VBAサンプル集(10月12日)
VBAでエラー行番号を取得できるErl関数|VBA技術解説(10月12日)
手動計算時の注意点と再計算方法|ExcelマクロVBA技術解説(10月9日)
引数の数を可変にできるパラメーター配列(ParamArray)|VBA入門(10月7日)
VBEの使い方:デバッグ|ExcelマクロVBA入門(10月6日)
VBAにおける配列やコレクションの起点について|VBA技術解説(10月5日)
VBEの使い方:オブジェクト ブラウザー|VBA入門(10月5日)
VBEの使い方:ウォッチ ウィンドウ|VBA入門(10月4日)
VBEの使い方:ローカル ウィンドウ|VBA入門(10月3日)
VBEの使い方:イミディエイト ウィンドウ|VBA入門(10月2日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • セルに数式を入れる

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ