Google Apps Script入門
第29回.メモの挿入・削除と改行文字

Google Apps Script(GAS)の入門解説です
最終更新日:2016-12-07

第29回.メモの挿入・削除と改行文字

Google Apps Script で、スプレッドシートのセルにメモを挿入・削除するスクリプトの書き方です、


メモを改行する時の改行コードについても解説します。

メモは、まさしくメモとして各種注意事項や、変更履歴等として使う事の出来る機能です。

ただし、「コメントの挿入」とは違います。

GAS 参考画像

上図の、「メモを挿入」になります。


メモの挿入

RangeオブジェクトのsetNoteメソッドを使います。
function mySample29_1() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet()
  sheet.getRange(1, 1).setNote("テスト")
  sheet.getRange(2, 1).setNote("テスト1" + String.fromCharCode(10)  + "テスト2")
}
GAS 参考画像

GAS 参考画像


改行コードについて

テキスト処理のStringオブジェクトを使います。
String.fromCharCodeメソッドを使います。

fromCharCode
Unicode値の指定されたシーケンスを使用して生成した文字列を返します。

10は改行コードです。
上記は、VBAならvbLfと同じです。


メモの削除

RangeオブジェクトのclearNoteメソッドを使います。
function mySample29_1() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet()
  sheet.getRange(1, 1).clearNote()
}
A1セルのメモを消去しています。


メモは必須機能ではありますが、
とはいえ、自体は頻繁に使うものではないと思います。
使う時に惑わないように、軽く押さえて置く程度で良いと思います。




同じテーマ「Google Apps Script入門」の記事

第26回.セルのコピー&各種ペースト

GoogleAppsScriptで、スプレッドシートのセルをコピペする時の書き方になります、セルのコピペといっても、セル全体、値のみ、書式のみと、いろいろな貼り付け方法があります。記述方法は複数ありますが、基本の使い方だけ覚えれば十分です。
第27回.セルに数式を入れる
GoogleAppsScriptで、スプレッドシートのセルに、計算結果ではなく、計算式そのものを入れる場合のほうほうについての解説です。スクリプトで処理する場合は計算結果を入れる事が多いのですが、時に計算式を入れた方が後の使い勝手が良い場合もあります。
第28回.リンクの挿入・編集・削除
GoogleAppsScriptで、スプレッドシートのセルにハイパーリンクを挿入する場合です、しかし、そもそもスプレッドシートでは、Excelのハイパーリンクとは違い、HYPERLINK関数しかありません。そこで、スクリプトでハイパーリンク関数を挿入する方法についてという事になります。
第29回.メモの挿入・削除と改行文字
第30回.並べ替え
GoogleAppsScriptで、スプレッドシートを並べ替えます、書き方のバリエーションがいろいろありますが、並べ替えキー列、昇順・降順、これらをどのように指定するかだけの違いになります。書き方のバリエーションごとに順に見ていきましょう。
第31回.入力規則
GoogleAppsScriptで、スプレッドシートに入力規則を設定します、入力規則は機能がとても多く、それにメ対応したソッドも多数あります。ここでは、メソッドの一覧と、代表的な使い方を参考スクリプトを掲載します。入力規則の作成方法の概要 クラスSpreadsheetAppのメソッドnewDataValidationで入力規則のビルダDataValida…
第32回.グラフ
GoogleAppsScriptで、スプレッドシートにグラフを挿入します。スクリプトであまり凝ったレイアウトのグラフを作成しようとすると、結構大変になりますので、そのような場合は、手動で作成したグラフをスクリプトで変更する等の工夫も必要です。
第33回.表示の固定
GoogleAppsScriptで、シートの表示(スクロール)の固定を設定します。表とは一般に、横に項目、縦にデータが連続して入っているものです、スクロールした場合に、見出しが見えなくなってしまう事のないように設定しておきます。表示(スクロール)の固定に関するメソッド Sheetのメソッドを使います。
第34回.シート保護
GoogleAppsScriptで、スプレッドシートを保護します、スプレッドシートの保護に関しては、少々面倒なスクリプトだと感じます。ここでは理屈抜きでサンプルコードの提示に徹します。保護する場合の実際のスクリプトのサンプルを見ていきましよう。
第35回.スプレッドシートが非常に遅い、高速化するには
GoogleAppsScriptで、スプレッドシートのセルを扱うと、とても処理時間がかかります、あまりにも遅く、目で動作がゆっくり見えるレベルです、データ量が多くなっても、実用に耐える速度で処理する方法を解説します。スプレッドシートに比べればExcelはかなり速いですが、VBAの書き方によっては処理時間がかかってしまう場合もあります。
第36回.フォルダとファイルを扱う(DriveApp)
GoogleAppsScriptで、Googleドライブのファイルやフォルダを扱う場合は、DriveAppクラスを使います。DriveAppクラスの各種メソッドの戻り値(FolderクラスやFileクラス)のメソッドを使って各種操作を行います。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

ユーザーに絶対に停止させたくない場合のVBA設定|VBA技術解説(4月1日)
CharactersプロパティとCharactersオブジェクト|VBA技術解説(3月31日)
指数近似/対数近似/累乗近似(掲載順位とCTR)|エクセル関数超技(3月31日)
練習問題32(連続数値部分を取り出し記号で連結)|VBA練習問題(3月24日)
連続数値部分を取り出し記号で連結|エクセル関数超技(3月24日)
数式バーの高さを数式の行数で自動設定|VBAサンプル集(3月21日)
LET関数(数式で変数を使う)|エクセル入門(3月21日)
スピルに対応したXSPLITユーザー定義関数(文字区切り)|VBAサンプル集(3月15日)
XMATCH関数(範囲から値を検索し一致する相対位置)|エクセル入門(3月14日)
XLOOKUP関数(範囲を検索し一致する対応項目を返す)|エクセル入門(3月14日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
7.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
8.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
9.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ