Google Apps Script入門
第34回.シート保護

Google Apps Script(GAS)の入門解説です
最終更新日:2018-11-15

第34回.シート保護

Google Apps Script で、スプレッドシートを保護します、


スプレッドシートの保護に関しては、少々面倒なスクリプトだと感じます。

ここでは理屈抜きでサンプルコードの提示に徹します。

保護する場合の実際のスクリプトのサンプルを見ていきましよう。


シートの保護を解除する

function mySample34_1() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  var protections = sheet.getProtections(SpreadsheetApp.ProtectionType.SHEET);
  for (var i = 0; i < protections.length; i++) {
    var protection = protections[i];
    if (protection.canEdit()) {
      protection.remove();
    }
  }
}

ProtectionTypeSHEETを取得し、
編集可能な場合に削除しています。


範囲の保護を解除する

function mySample34_2() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  var protections = sheet.getProtections(SpreadsheetApp.ProtectionType.RANGE);
  for (var i = 0; i < protections.length; i++) {
    var protection = protections[i];
    if (protection.canEdit()) {
      protection.remove();
    }
  }
}
ProtectionTypeRANGEを取得し、

編集可能な場合に削除しています。


シートを保護する

function mySample34_3() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  sheet.protect();
}

シートをprotectしています。


範囲を保護する

function mySample34_4() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  var range = sheet.getRange('A1:B10');
  var protection = range.protect();
  protection.setDescription('保護1');
}
var protection = range.protect()
これで、セル範囲の保護オブジェクトを取得しています。

protection.setDescription('保護1')
これで、保護に対して説明を追加しています。

特に何も指定していないので、保護内容としては規定値となります。


範囲を保護する(警告表示)

function mySample34_5() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  var range = sheet.getRange('A1:B10');
  var protection = range.protect();
  protection.setDescription('保護2');
  protection.setWarningOnly(true);
}
var protection = range.protect()
これで、セル範囲の保護オブジェクトを取得しています。

protection.setDescription('保護2')
これで、保護に対して説明を追加しています。


protection.setWarningOnly(true)
これで、警告表示に設定しています。

上記以外の保護内容は規定値となります。


権限の設定

Googleのサイトのサンプルでは、
var me = Session.getEffectiveUser();
protection.addEditor(me);
このように編集者の設定をしているスクリプトが掲載されています。
しかし、
そもそも公開しているユーザーと、その保護範囲を細部で指定することは極めて困難です。
Excelには、もちろんこのような機能はありません。

実務としては、壊したくない(変更されたくない)範囲を保護しておくことが目的になります。
ユーザーごとに編集可能なセル範囲を指定したい場合は、ブラウザで手作業で指定しておくことをお勧めします。


保護に関しては、あまり多大な労力をかけることはお勧めしません。
本来、共同作業をする場合は、最低限の共通スキルは必須です。
基本は、メモ等で使用者に使い方を伝えて規則を守ってもらう事が第一義です。
規則を守れない人がいるなら、
スクリプトを作成する手間をかける前に、その人を教育することをお勧めします。




同じテーマ「Google Apps Script入門」の記事

第30回.並べ替え
第31回.入力規則
第32回.グラフ
第33回.表示の固定
第34回.シート保護
第35回.スプレッドシートが非常に遅い、高速化するには
第36回.フォルダとファイルを扱う(DriveApp)
第37回.フォルダの一覧取得・作成・削除(Folder)
第38回.ファイルの一覧取得・削除(File)
Excel流の最終行の取得
Twitter Bot 作成


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

ユーザーに絶対に停止させたくない場合のVBA設定|VBA技術解説(4月1日)
CharactersプロパティとCharactersオブジェクト|VBA技術解説(3月31日)
指数近似/対数近似/累乗近似(掲載順位とCTR)|エクセル関数超技(3月31日)
練習問題32(連続数値部分を取り出し記号で連結)|VBA練習問題(3月24日)
連続数値部分を取り出し記号で連結|エクセル関数超技(3月24日)
数式バーの高さを数式の行数で自動設定|VBAサンプル集(3月21日)
LET関数(数式で変数を使う)|エクセル入門(3月21日)
スピルに対応したXSPLITユーザー定義関数(文字区切り)|VBAサンプル集(3月15日)
XMATCH関数(範囲から値を検索し一致する相対位置)|エクセル入門(3月14日)
XLOOKUP関数(範囲を検索し一致する対応項目を返す)|エクセル入門(3月14日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
7.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
8.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
9.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ