Google Apps Script入門
第13回.セルに書式を設定する

Google Apps Script(GAS)の入門解説です
最終更新日:2016-10-28

第13回.セルに書式を設定する

スプレッドシートでは、主に表を作成し、データの入力・編集を行いますが、


やはり、見栄えも重要な要素になってきます、

見栄え良く、見やすい表になるように書式設定をします。


以下の表を使います。

Google Apps Script 画像

Google Apps Script 画像

上の何も書式設定されていない表を、
下の表のように書式設定します。


罫線

setBorderメソッド

setBorder(top, left, bottom, right, vertical, horizontal)
setBorder(top, left, bottom, right, vertical, horizontal, color, style)

top, left, bottom, right, vertical, horizontal : true,false,null
     true : 罫線を引く、 false : 罫線を消す、 null : 罫線を変更しない
color : CSSの色設定
style : SpreadsheetApp.BorderStyleを指定

     DASHED,DOTTED,SOLID のいずれか、省略時はSOLID



塗りつぶし

setBackgroundメソッド

setBackground(color)
setBackgroundRGB(red, green, blue)

color : CSSの色設定
red, green, blue : 0 ~ 255


フォント サイズ

setFontSizeメソッド

setFontSize(size)

size : Integer


太字

setFontWeightメソッド

setFontWeight(fontWeight)

fontWeight : "normal" または "bold"


斜体

setFontStyle


setFontStyle(fontStyle)

fontStyle : "italic" または "normal"


フォント 色

setFontColorメソッド

setFontColor(color)

color : CSSの色設定


CSSの色設定

カラー名 16進数 RGB値
black #000000 0,0,0
gray #808080 128,128,128
silver #C0C0C0 192,192,192
white #FFFFFF 255,255,255
blue #0000FF 0,0,255
navy #000080 0,0,128
teal #008080 0,128,128
green #008000 0,128,0
lime #00FF00 0,255,0
aqua #00FFFF 0,255,255
yellow #FFFF00 255,255,0
red #FF0000 255,0,0
fuchsia #FF00FF 255,0,255
olive #808000 128,128,0
purple #800080 128,0,128
maroon #800000 128,0,0

以下の3とお降りの指定は、全て白色になります。

setBackground("white")
setBackground("#FFFFFF")
setBackgroundRGB(255, 255, b55)


完成スクリプト

function sample13() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet()
  var range
  
  range = sheet.getRange("B2:E12")
  range.setBorder(false, false, false, false, true, true, "black", SpreadsheetApp.BorderStyle.DOTTED)
  range = sheet.getRange("B2:E2")
  range.setBorder(true, null, true, null, null, null)
  range = sheet.getRange("B12:E12")
  range.setBorder(null, null, true, null, null, null)
  range = sheet.getRange("B2:B12")
  range.setBorder(null, true, null, true, null, null)
  range = sheet.getRange("E2:E12")
  range.setBorder(null, null, null, true, null, null)
  
  range = sheet.getRange("B2:E2")
  range.setBackgroundRGB(128,128,128)
  range.setFontColor("white")
  range.setFontWeight("bold")
  range.setFontStyle("italic")
  range.setFontSize(12)
  
  range = sheet.getRange("B3:B12")
  range.setFontWeight("bold")
  range.setBackground("teal")
}
罫線は、エクセルとは大分違いがありますので、注意してください。
エクセルVBAの感覚なら、
range = sheet.getRange("B2:E12")
range.setBorder(null, null, null, null, true, true, "black", SpreadsheetApp.BorderStyle.DOTTED)
range.setBorder(true, true, true, true, null, null)
これで、外枠細線、内側極細線の設定になりそうですが、
スプレッドシートでは、この指定では正しく設定されません。
上記の2行のsetBorderを、別々に実行すると正しく設定されますが、
同時に実行すると正しく設定されません。
これが仕様なのかどうか、どうも微妙な動作になっています。
ただし、そもそもスプレッドシートでは、罫線の種別も少ないので、
基本的には、標準線種のSOLIDで、まとめて設定するようにしましょう。


設定されている書式の取得

set○○メソッドで設定できて、get○○メソッドで取得できます。


塗りつぶし
 setBackgroundメソッドに対して、getBackgroundメソッド
フォント サイズ
 setFontSizeメソッドに対して、getFontSizeメソッド
太字
 
setFontWeightメソッドに対して、getFontWeightメソッド
斜体
 
setFontStyleに対して、getFontStyleメソッド
フォント 色
 
setFontColorメソッドに対して、getFontColorメソッド

ただし、
setBorderメソッドは見当たりませんので、現時点では罫線の取得方法は不明です。


表の見栄えは重要ですが、
表の本質はデータですので、過度の見栄えは必用ないと思います。
見てもらいたいデータ、気を付けてもらいたいデータ
これらに視線が行きやすいように工夫することを考えると良いでしょう。




同じテーマ「Google Apps Script入門」の記事

第10回.条件で処理を変える(条件分岐,if)
第11回.条件で処理を変える(条件分岐,switch)
第12回.表範囲をまとめて消去する
第13回.セルに書式を設定する
第14回.複数のシートを扱う
第15回.複数のスプレッドシートを扱う
第16回.Google Apps Scriptの文法
第17回.JavaScript リファレンス
第18回.組み込み関数を使う
第19回.いろいろな繰り返し処理
第20回.エラー処理(try・・・catch)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Select Caseでの短絡評価(ショートサーキット)の使い方|VBA技術解説(1月3日)
VBA100本ノック 迷宮編:巡回セル問題|VBA練習問題(12月31日)
VBA100本ノック 58本目:番号リストを簡潔にした文字列で返す|VBA練習問題(12月30日)
VBA100本ノック 57本目:ファイルの更新日時|VBA練習問題(12月29日)
VBA100本ノック 56本目:数式内の自身のシート名を消す|VBA練習問題(12月28日)
VBA100本ノック 55本目:他ブックのマクロを起動|VBA練習問題(12月26日)
VBA100本ノック 54本目:シートのChangeイベント|VBA練習問題(12月25日)
VBA100本ノック 53本目:テーブルの扱いと年齢計算|VBA練習問題(12月23日)
VBA100本ノック 52本目:複数シートの一括印刷|VBA練習問題(12月22日)
VBA100本ノック 51本目:シート一覧と印刷ページ数|VBA練習問題(12月21日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
7.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.繰り返し処理(Do Loop)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ