ExcelマクロVBA練習問題解答
練習問題5(ElseIfとSelect Caseの練習)解答

Excelマクロ練習問題集、エクセルVBAの学習教材
最終更新日:2019-06-27

練習問題5(ElseIfとSelect Caseの練習)解答

マクロVBA練習問題5の解答ページです、


マクロVBA練習問題

・昨年比を計算して、それぞれの列に入れて下さい。
・昨年比の数値により、記号を入れて下さい。
S : 105%以上
A : 100%以上、105%未満
B : 95%以上、100%未満
C : 90%以上、95%未満
D : 90%未満
※昨年比 = 今年売上 ÷ 昨年売上
※D列は事前に%編集してあることとして下さい。

練習問題用のExcelファイル
  A     B     C     D    E

日付 昨年売上 今年売上 昨年比 記号
1月1日 304 323    
1月2日 305 279    
1月3日 972 970    
1月4日 684 631    
1月5日 703 689    
1月6日 628 653    
1月7日 619 648    
1月8日 366 324    
1月9日 949 917    
1月10日 229 245    
1月11日 507 525    
1月12日 666 673    
1月13日 728 793    
1月14日 272 288    
1月15日 236 217    
1月16日 334 367    
1月17日 490 458    
1月18日 655 589    
1月19日 348 359    
1月20日 744 687    

※上記表の全体を選択し、コピー(Ctrl+C)の後、エクセルのシートのA1セルに貼り付け(Ctrl+V)してください。

では、お考えください。
すぐに解答を見ずに、必ず自力で書けるとこまででも良いので書きましょう。

シンキングタイム

シンキングタイム開始


シンキングタイム終了

当サイトのコンテンツ
ExcelマクロVBA入門
ExcelVBAとはエクセルの操作を自動化するマクロ機能で使われているプログラミング言語ですVBAは「MicrosoftVisualBasicApplications」の略になりますこのVBA入門シリーズでは実務で必要とされるVBAの入門として基本から応用までのVBA全般を解説していきます。

書くべきマクロVBAが分からない時は、
ここでじっくり勉強してから再チャレンジしてください。

マクロVBA練習問題解答

では解答のマクロVBAコードです。

Sub 練習問題5_1()
  Dim i As Long
  For i = 2 To Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
    Cells(i, 4) = Cells(i, 3) / Cells(i, 2)
    If Cells(i, 4) >= 1.05 Then
      Cells(i, 5) = "S"
    ElseIf Cells(i, 4) >= 1 Then
      Cells(i, 5) = "A"
    ElseIf Cells(i, 4) >= 0.95 Then
      Cells(i, 5) = "B"
    ElseIf Cells(i, 4) >= 0.9 Then
      Cells(i, 5) = "C"
    Else
      Cells(i, 5) = "D"
    End If
  Next
End Sub



Sub 練習問題5_2()
  Dim i As Long
  For i = 2 To Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
    Cells(i, 4) = Cells(i, 3) / Cells(i, 2)
    Select Case Cells(i, 4)
      Case Is >= 1.05
        Cells(i, 5) = "S"
      Case Is >= 1
        Cells(i, 5) = "A"
      Case Is >= 0.95
        Cells(i, 5) = "B"
      Case Is >= 0.9
        Cells(i, 5) = "C"
      Case Else
        Cells(i, 5) = "D"
    End Select
  Next
End Sub

ElseIf

Select Case
の2通りで回答しました。
しかし、多肢選択においては、Select Caseの方が可読性が良く
また、その後の変更にも柔軟に対応しやすくなります。
なるべく、Select Caseを使用するようにしましょう。
ただし、どちらでも書けるように練習しておきましょう。

以下も参考にして下さい。

ExcelマクロVBA入門.第21回.条件分岐(ElseIf)
前回のIFステートメントでは真か偽の二択でした。今回はもっと多くの分岐が必要なIfステートメントで多肢条件分岐の場合の書き方です。ステートメントとしてはIfステートメントです。IfステートメントのElseIfの構文 If条件式1Then 条件式1が真の処理 [ElseIf条件式2Then 条件式2が真の処理] [ElseIf条件式3Then 条件式3が真…
ExcelマクロVBA入門.第22回.条件分岐(Select Case)
前回のElseIf以外の、多肢条件分岐の別の書き方があります。それがSelectCaseになります。むしろElseIfより、このSelectCaseの方が、より多肢条件分岐に適していると言えます。SelectCaseは、多肢条件分岐に特化したステートメントになります。



同じテーマ「マクロVBA練習問題解答」の記事

練習問題2(最終行の取得の練習)解答
練習問題3(二重ループの練習)解答
練習問題4(Ifの練習)解答
練習問題5(ElseIfとSelect Caseの練習)解答
練習問題6(変数を使っての合計の練習)解答
練習問題7(メッセージボックスの練習)解答
練習問題8(表示形式の練習)解答
練習問題9(文字色・背景色の練習)解答
練習問題10(罫線の練習)解答
練習問題11(色々なコピーの練習)解答
練習問題12(日付関数の練習)解答


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Applicationを省略できるApplicationのメソッド・プロパティ一覧|VBA技術解説(7月22日)
コレクション(Collection)の並べ替え(Sort)に対応するクラス|VBA技術解説(7月20日)
CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
IfステートメントとIIF関数とMax関数の速度比較|VBA技術解説(6月23日)
Withステートメントの実行速度と注意点|VBA技術解説(6月6日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー(改)|VBA技術解説(6月2日)
マクロでShift_JIS文字コードか判定する|VBA技術解説(6月1日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄
9.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • 練習問題5(ElseIfとSelect Caseの練習)解答

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ