エクセル雑感
Excelマクロ実行時のトラブル対処方法

ExcelマクロVBAとエクセル関数についての私的雑感
最終更新日:2013-02-18

Excelマクロ実行時のトラブル対処方法


マクロ実行時には、いろいろなトラブルが起こります。


マクロを実行後に、

あっ、しまった・・・

と思ったら、まずはEscキーを押して、マクロを止めましょう。

Ctrl+Pause(Break)でもよいです。

被害は最小限に食い止めましょう。

しかし、そもそもはマクロ実行前に保存しておく事が基本です。

マクロ実行で何があっても、再度ブックを開けば良いのですから。

まあ、解ってはいても、ついつい保存しないで実行してしまう事は良くあります。

そして、そういう時に限って問題発生するものです。

天災は忘れたころにやってくる!

これは、世の常ではありますかね。

あっ、しまった・・・

そんな時は、


あわてず、さわがず、すかさず、ESCです。

そいて冷静に状況判断しましょう。

シートが壊れている場合の対処は、

方法1.
・マクロをコピペでメモ帳等に貼り付け
・ブックは保存しないで終了
・ブックを開き直して
・マクロを貼り付けし直す。

方法2.
・Excelを別ウインドウで立ち上げる
・当該ブックを読み込む(当然、読取専用になります)
・壊れたシートをコピペで貼り付けし直す

どちらも同じことです、マクロを優先するかシートを優先するかの違いでしょうか。

マクロが大量にあり、複数モジュールに及んでいる時は、方法2.の方が良いかもしれません。

また、

どちらの場合でも、それ以上被害を拡大しない為には、最終の保存のファイルを退避して置く事です。

エクスプローラー等で、エクセルのファイルをコピーしておきます。

開いているエクセルファイルでも、コピーは無問題です。

少なくとも、その時点以上に事態の悪化を避ける事が出来ます。

さて、しかし、込み入ったマクロを実行すると、Escキーでマクロが停止しない事も多々あります。

まず、Escは1回ではなく、複数回連続押下して下さい。

これで大抵はなんとか止める事が出来るはずです。


しかし、それでも停止しない場合もあります。

さらには、そもそも動いているのかどうかさえも不明で、「応答なし」と出ている場合です。

処理時間が多大にかかる処理の場合は、「応答なし」の表示がでますので、

処理中なのかどうかは、良く確かめる事です。

このように、状況によってはEscで中止も出来ないし、操作も不能になる場合があります。

VBE(Visual Basic Editor)を開いている場合は、かろうじてVBEの操作のみできる事もあります。

その場合は、マクロだけでもコピペでメモ帳に保存すれば、後は無理やりExcelを切ってもよいでしょう。

しかし、VBEも操作不能になっている場合は、手の施しようがありません。

タスクマネージャーでExcelを切れば、マクロも消えてしまいます。

そんな時の最期の手段

Windowsをシャットダウンする

この方法は、最終手段です、しかも、成功する確率は低いです。

それでも、うまく行く場合もあります。

Windowsをシャットダウンすると、Windowsが動作中のプログラムを全て停止しようとします。

そうなんです、手動で停止出来ないのなら、Windowsに停止してもらうのです。

うまくExcelに伝われば、マクロを停止し、Excelは終了しようとして、

開かれているブックの保存確認ダイアログが表示されます。

そうなれば、とりあえず保存できるわけで、めでたしめでたし、となります。

長々と書いてきましたが、

そもそもはマクロ実行前に保存しておく事を忘れない事です。

転ばぬ先の杖

何事も用心が肝心




同じテーマ「エクセル雑感」の記事

Excelマクロを書くと言う事は
もしエクセルにマクロ機能がなかったら
物事には守るべき順序があります。エクセルにも順序があります。
Excelマクロ実行時のトラブル対処方法
だまされるな!RangeとCellsの使い分け!
エクセル(関数・マクロ)上達のコツ
エクセルVBAあるある
Excelマクロを書くのに○○力は必用か?
offset 検索ワードで非常に多いので「offsetまとめ」
Excelのリンクの管理について
プログラミングとは


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

トランザクション処理|SQL入門(12月11日)
インデックスを作成して高速化(CREATE INDEX)|SQL入門(12月9日)
他のテーブルのデータで追加/更新/削除|SQL入門(12月8日)
データの削除(DELETE)|SQL入門(12月7日)
データの更新(UPDATE)|SQL入門(12月6日)
複数のSELECT結果を統合(UNION,UNION ALL)|SQL入門(12月5日)
テーブルを結合して取得(INNER JOIN,OUTER JOIN)|SQL入門(12月4日)
データベースの正規化とマスタの作成|SQL入門(12月3日)
データベースにおけるNULLの扱い方|SQL入門(12月2日)
オブジェクト変数とは何か|VBA技術解説(12月2日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • Excelマクロ実行時のトラブル対処方法

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
    掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ