ツイッター出題回答
Variantの数値型と文字列型の比較

ExcelマクロVBAとエクセル関数についての私的雑感
最終更新日:2020-07-05

Variantの数値型と文字列型の比較


ツイッターで出したVBAのお題です。
Variant型は、どんなデータ型も入れることができます。
具体的なデータ型の代わりに使用することで、より柔軟にVBA記述ができるようになります。
ただしその一方で、少々特殊な挙動もあり、使いこなすにはそれなりの知識が必要になる場合もあります。


お題のツイート

https://twitter.com/yamaoka_ss/status/1277645523365662721

【VBAクイズ】
Dim v1, v2
Dim n As Long
v1 = "123"
v2 = 123
n = "123"
Debug.Print v1 = v2
Debug.Print v1 = n
この結果は?
・True,True
・True,False
・False,True
・False,False

VBA マクロ Variantの数値型と文字列型の比較

解説のツイート

https://twitter.com/yamaoka_ss/status/1278221739671973888

正解は、3番目のFalse,Trueです。
夜にでも時間が取れたら解説します。


Variantは、その基礎となるデータ型があります。
Variant/String
Variant/Integer
Variant/Long
等々です。
VBAにおける変数のメモリアドレスについて|VBA技術解説
VBA開発においてメモリアドレスを気にすることはほとんど無いと思います。気になる場合があるとしたら、・String変数の処理が遅い ・Variant変数の処理が遅い ・ByRef,ByValの違い ・WindowsAPI使用時 このような場合に多少は気になる事があるくらいではないでしょうか。


Variantの比較は、
・両方が数値
→数値比較を実行します。
・両方が文字列
→文字列比較を実行します。
・一方が数値で、もう一方が文字列
→数値式は文字列式よりも小さくなります。
Docs Office VBA リファレンス 言語リファレンス リファレンス 演算子 比較演算子


Variant以外の場合は、
・両方の式が数値データ型
→数値比較を実行します。
・両方の式が文字列型
→文字列比較を実行します。
・一方の式が数値データ型で、もう一方が数値に変換可能な文字列型またはバリアント型
→数値比較を実行します。


今回の場合は、
Dim v1, v2
Dim n As Long
v1 = "123"
v2 = 123
n = "123"
v1:Variant/String
v2:Variant/Integer
n:Long
したがって、
v1 = v2
→Variant/String = Variant/Integer
 数値式は文字列式よりも小さくなるのでFalseです。
v1 = n
→Variant/String = Long
 数値比較を行うのでTrue


ということで、
正解は3番目のFalse,Trueです。
正解が一番多かったですね、皆さんステキ!
以下のページに一般的な解説を書いておきました。
VBAのVariant型について|VBA技術解説
Variantデータ型は、他の何らかのデータ型として明示的に宣言されていない変数で、全てのデータ型を入れることができます。Variantデータ型には型宣言文字はありません。Variant型は、特別な値Empty、Error、Nothing、Nullを格納することもできます。




同じテーマ「ツイッター出題回答 」の記事

ツイッター投稿用に文字数と特定文字で区切る
マクロ記録での色のマイナス数値について
VBAのString型の最大文字数について
Variantの数値型と文字列型の比較
Variant仮引数にRange.Valueを配列で渡す方法
Variant仮引数のByRefとByValの挙動違い
100桁の正の整数値の足し算
「VBA Match関数の限界」についての誤解
VBAで数値を漢数字に変換する方法
囲碁で相手の石を囲んで取るアルゴリズム
VBAで「3Lと5Lのバケツで4Lの水を作る」を解く


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

数字(1~50)を丸付き数字に変換するVBA|VBA技術解説(2022-11-15)
TEXTAFTER関数(テキストの指定文字列より後ろの部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTBEFORE関数(テキストの指定文字列より前の部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTSPLIT関数(列と行の区切り記号で文字列を分割)|エクセル入門(2022-11-12)
LAMBDA以降の新関数はVBAで使えるか|VBA技術解説(2022-11-11)
WRAPCOLS関数(1次元配列を指定数の列で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
WRAPROWS関数(1次元配列を指定数の行で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
EXPAND関数(配列を指定された行と列に拡張する)|エクセル入門(2022-11-07)
TAKE関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を取得)|エクセル入門(2022-11-06)
DROP関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を除外)|エクセル入門(2022-11-06)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
9.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ