エクセル雑感
100桁の正の整数値の足し算

ExcelマクロVBAとエクセル関数についての私的雑感
最終更新日:2020-07-09

100桁の正の整数値の足し算


ツイッターで出したVBAのお題です。
数の単位に「無量大数」というものがあります。
VBAでこの無量大数の足し算をするにはどうしたら良いでしょうか。
そこで、100桁の正の整数の足し算をVBAで実現してみましょう。


お題のツイート

VBA マクロ 100桁の正の整数値の足し算

https://twitter.com/yamaoka_ss/status/1280852480239136768

【VBA問題】
数の単位に「無量大数」というものがある。
その桁数は10^68(10^88とする場合もあるよう)です。
VBAでこの無量大数の足し算をしたいと思います。
この際、区切りよく100桁の足し算をしてください。
※入力は10進文字列
※足し算だけで良い


https://twitter.com/yamaoka_ss/status/1281036947125751809


いくつかご意見いただきましたが、
正の整数限定です。
関数の2つの引数を足し算するだけです。

解説のツイート

以下で一連の解説ツイートをしています。

https://twitter.com/yamaoka_ss/status/1281187834502590464


この問題を出すのには裏事情がありました。
RSet、LSetの説明ページを作りたかったのですが、実際に使う事がほとんどないために書けずにいました。
特にLSetでユーザー定義型をコピーする説明を書いておきたかったのですが、、、
私の回答VBAは、これを題材としたものになっています。


VBAで扱える正の整数値としては、
Longが~2147483647
Currencyが~922337203685477
LongLongが~9223372036854775807
Decimalが~79228162514264337593543950335
※Decimalは変数宣言できません。VariantとCDec関数を使用します。
いずれにしても100桁には遠く及びません。


100桁を扱う方法としては、VBAで計算できる桁数に区切り、足し算しつつ繰り上げしていけば良いでしょう。
区切り単位は、Longの有効桁数の9桁以内でしょう。
例えば5桁なら、結果が6桁になれは先頭の1桁を左の区切りに加算します。
計算が終わったら結果を文字列として連結すれば完成します。



面倒なのは、右から区切らなければならない点と、2つの数値の桁位置を揃える部分でしょう。
そこで、1桁なら区切るのも桁位置も簡単なので、まずは1桁でやってみると良いと思います。
1桁なら1文字ずつ区切ればよいので簡単です。
後は2つの数値の桁数を意識すれば良いだけです。


桁数を揃えるには、大きい数値の桁数に小さい数値の桁数を揃えることになります。
筆算するなら1の位の位置を揃えて書きます。
つまり右端から足し算していくことになります。
小さい数値の頭に大きい数値と同じ桁数になるだけの0を付け足して同じ桁数にするのも良いでしょう。


ほえほえさんから、具体的なVBAの回答をいただきました。
https://twitter.com/hoehoe1234/status/1280901878910316544
桁位置や繰り上がりの部分はぜひ参考に読み解いてみてください。


私の用意したVBAは、
桁数を揃えるのにRSetを使い、
1文字区切りの方法としてLSetでユーザー定義型のコピーを使っています。
MSでは推奨されていない方法ですが、こういう事もできるという紹介になります。

「LSetとユーザー定義型のコピー(100桁の足し算)」
https://excel-ubara.com/excelvba4/EXCEL_VBA_442.html
数の単位に「無量大数」というものがあります。その桁数は10^68(10^88とする場合もあるよう)です。VBAでこの無量大数の足し算をするにはどうしたら良いでしょうか。方法としては、VBAで計算できる桁数にちぎって足し上げていけば良いでしょう。


追記
小数点を扱う場合は小数点で分割して同様の事をすれば良いでしょう。
マイナス数値を扱う場合は引き算を実装すれば良いと思います。
方法は各種ありますが、
大から小の引き算が出来れば、符号と絶対値の大小比較で、足し算とこの引き算で計算できます。
暗算する時にやっている事ですね。




同じテーマ「エクセル雑感」の記事

【超難問】エクセル数式問題
IFステートメントの判定
日付の謎:IsDateとCDate
ツイッター投稿用に文字数と特定文字で区切る
マクロ記録での色のマイナス数値について
VBAのString型の最大文字数について
Variantの数値型と文字列型の比較
Variant仮引数にRange.Valueを配列で渡す方法
Variant仮引数のByRefとByValの挙動違い
100桁の正の整数値の足し算
「VBA Match関数の限界」についての誤解


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

多階層フォルダ(ディレクトリ)の作成|VBAサンプル集(7月31日)
VBAのインデントについて|VBA技術解説(7月16日)
「VBA Match関数の限界」についての誤解|エクセル雑感(7月15日)
省略可能なVariant引数の参照不可をラップ関数で利用|VBA技術解説(7月12日)
100桁の正の整数値の足し算|エクセル雑感(7月9日)
LSetとユーザー定義型のコピー(100桁の足し算)|VBA技術解説(7月9日)
Variant仮引数のByRefとByValの挙動違い|エクセル雑感(7月5日)
Variant仮引数にRange.Valueを配列で渡す方法|エクセル雑感(7月5日)
Variantの数値型と文字列型の比較|エクセル雑感(7月1日)
VBAのVariant型について|VBA技術解説(6月30日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
7.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ