ツイッター出題回答
配列のUBoundがLBoundがより小さいことはあり得るか

ExcelマクロVBAとエクセル関数についての私的雑感
最終更新日:2020-09-02

配列のUBoundがLBoundがより小さいことはあり得るか


ツイッターでVBAのお題として出したものです。


配列の下限が上限より大きくなるような配列は存在するかの問題です。
LBound(ary) > UBound(ary)
この条件を満たすような配列は存在するか?

問題を出したツイート

配列の下限と上限を調べるにはLBound関数とUBound関数を使います。
変数aryについて、
LBound(ary) > UBound(ary)
この条件を満たすような配列は存在するかについての問題です。
以下の文章で正しいものはどれか?
・そんな配列は存在しない
・存在するがVBAで意図的に作ることはできない
・存在するしVBAで簡単に作ることができる
・にゃんともいえない

VBA マクロ 配列 UBoundがLBoundがより小さい
https://twitter.com/yamaoka_ss/status/1300811819997491202


回答・解説のツイート

以下で一連の解説ツイートをしています。

VBA マクロ 配列 UBoundがLBoundがより小さい
https://twitter.com/yamaoka_ss/status/1301146057494024193

お決まりの結果になってしまいました(笑)
「にゃんともいえない」もうこれは正解とも言えるけど、、、

正解は「存在するしVBAで簡単に作ることができる」
LBound(ary) > UBound(ary)
このような配列は存在するし、VBAで簡単に作成できます。


変数が配列であるかを確認するには、IsArray関数を使います。
つまり実際のVBAで書くと、
If IsArray(ary) Then
  If LBound(ary) > UBound(ary) Then
    MsgBox "これだ"
  End If
End If
このような状態の配列です。


では、
LBound(ary) > UBound(ary)
これがどのような時に発生するかというと、
長さ0の空の配列の場合に起こります。
LBound = 0
UBound = -1
このようになっている状態です。
Stringの""と同じようなものだと考えれば良いでしょう。


配列の要素数は、
UBound(ary) - LBound(ary) + 1
例えば、
Dim ary(0 to 2)
2 - 0 + 1 = 3
3個の要素を持つ配列になります。
要素数0の空の配列は、
-1 + 0 + 1 = 0
0個の要素を持つ配列という事になります。


このような配列をVBAで作成するには、以下のような方法があります。
ary1 = Array()
※ary1は、VariantもしくはVariant配列でなければなりません。
ary2 = Split("")
※ary2は、VariantもしくはString配列でなければなりません。


ただし、このような配列を使いまわす(他へ代入する)ような場合は注意が必要です。
1年前のアプデで問題が発生したのは記憶に新しいところです。
説明は以上です。
https://twitter.com/yamaoka_ss/status/1162215395723399169
VBA マクロ 配列のUBoundがLBoundがより小さい




同じテーマ「ツイッター出題回答 」の記事

囲碁で相手の石を囲んで取るアルゴリズム
VBAで「3Lと5Lのバケツで4Lの水を作る」を解く
言語依存の関数を使用できるFormulaLocal
配列のUBoundがLBoundがより小さいことはあり得るか
コレクションの要素を削除する場合
greeenはgreenに、greeeeeNをGReeeeNに変換
数値変数の値を別の変数を使わずに入れ替える
Rangeオブジェクトを受け取り"行数,列数"で埋める
数式の関数の使用回数、関数名を配列で返す
日付型と通貨型のValueとValue2について
小文字"abc"を大文字"ABC"に変換する方法


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

数字(1~50)を丸付き数字に変換するVBA|VBA技術解説(2022-11-15)
TEXTAFTER関数(テキストの指定文字列より後ろの部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTBEFORE関数(テキストの指定文字列より前の部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTSPLIT関数(列と行の区切り記号で文字列を分割)|エクセル入門(2022-11-12)
LAMBDA以降の新関数はVBAで使えるか|VBA技術解説(2022-11-11)
WRAPCOLS関数(1次元配列を指定数の列で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
WRAPROWS関数(1次元配列を指定数の行で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
EXPAND関数(配列を指定された行と列に拡張する)|エクセル入門(2022-11-07)
TAKE関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を取得)|エクセル入門(2022-11-06)
DROP関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を除外)|エクセル入門(2022-11-06)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
9.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ