エクセル雑感
数式の関数の使用回数、関数名を配列で返す

ExcelマクロVBAとエクセル関数についての私的雑感
最終更新日:2020-10-20

数式の関数の使用回数、関数名を配列で返す


ツイッターで出したエクセルVBAのお題です。


セルに入っている計算式に使われている関数(ユーザー定義含む)を数えてみましょう、というお題になります。


問題を出したツイート

【VBAお題】
セルに計算式が入っています。
その計算式に使われている関数(ユーザー定義含む)を数えてみましょう。
レベルを設定します。
レベル1.関数の使用回数(同一関数も使用回数でカウント)
レベル2.関数の種類を関数名の配列で返す(重複なし)
さて、数式内の関数をどう判定するか?

VBA マクロ 数式 関数の数 関数の種類
https://twitter.com/yamaoka_ss/status/1317744755036418049

サンプル
=IF(AND(A2="",B2=""),SUM(C2:D2),IF(AND(A2<>"",B2<>""),SUM(E2:F2),SUM(G2:H2)))
レベル1 → 7
レベル2 → IF,AND,SUM

サンプル2
=IFERROR(RANK.EQ(U_D_F1(),A1:A10),U_D_F2())
※U_D_F1とU_D_F2はユーザー定義関数
レベル1 → 4
レベル2 → IFERROR,RANK.EQ,U_D_F1,U_D_F2

サンプル3
="SUM()"
今回は、こういうのは考えないことにしましょう。

="SUM()"
このような文字列内の関数っぽいのは無視して(考慮しなくて)構いません。
ユーザー定義関数の日本語(全角)使用も無視して良いです。


用意した解答

正規表現を使った方法



'関数の使用回数
Function CountOfFunctions(ByVal argFormula As String) As Long
  Dim re As Object
  Dim mc As Object
  Set re = CreateObject("VBScript.RegExp")
  re.Global = True
  
  re.Pattern = "(([.\w]|[^\x01-\x7E])+(?=\())"
  Set mc = re.Execute(argFormula)
  
  CountOfFunctions = mc.Count
End Function

'関数の種類を関数名の配列で返す
Function TypeOfFunctions(ByVal argFormula As String) As Variant
  Dim re As Object
  Dim mc As Object
  Dim m As Object
  Set re = CreateObject("VBScript.RegExp")
  re.Global = True
  
  re.Pattern = "(([.\w]|[^\x01-\x7E])+(?=\())"
  Set mc = re.Execute(argFormula)
  
  Dim dic As Object
  Set dic = CreateObject("Scripting.Dictionary")
  For Each m In mc
    dic(m.Value) = ""
  Next
  
  Dim ary
  ary = dic.keys()
  TypeOfFunctions = ary
End Function

正規表現については以下を参照してください。
VBAで正規表現を利用する(RegExp)
正規表現は複雑なパターンマッチングとテキストの検索置換するためのツールです、VBAで正規表現を使う場合はRegExpオブジェクトを使用します、RegExpは、VBScriptに正規表現として用意されているオブジェクトです。目次 メタ文字 正規表現 正規表現RegExpの使い方 RegExpオブジェクト RegExpの使用例 RegExp関連のオブジェクト…

お題の補足として、
サンプル3
="SUM()"
今回は、こういうのは考えないことにしましょう。

="SUM()"
このような文字列内の関数っぽいのは無視して(考慮しなくて)構いません。
ユーザー定義関数の日本語(全角)使用も無視して良いです。

このように書きましたが、上記では全角は対応しています。
文字列として入っている関数っぽいものは未対応です。

文字列の関数っぽいものを排除するなら、
1度にやろうとするとパターンが複雑になってしまうので、別途""の中を消してしまったほうが簡単ではないでしょうか。

re.Pattern = "(""[^""]*"")"
argFormula = re.Replace(argFormula, "")

これをExecuteの前に実行しておけば良いと思います。
またユーザー定義関数では全角文字も扱えるので、
とりあえず対応しましたが、VBAで許可されている範囲の方が小さいはずなのでこれで大丈夫だと思います。

正規表現以外の方法



'関数の使用回数
Function CountOfFunctions(ByVal argFormula As String) As Long
  Dim cnt As Long
  Dim iStart As Long
  Dim s As String
  
  cnt = 0
  iStart = 1
  Do
    iStart = InStr(iStart + 1, argFormula, "(")
    If iStart = 0 Then Exit Do
    s = UCase(Mid(argFormula, iStart - 1, 1))
    If s Like "[A-Z]" Or _
      s Like "[0-9]" Or _
      s = "_" Or _
      LenB(StrConv(s, vbFromUnicode)) = 2 Then
      cnt = cnt + 1
    End If
  Loop
  CountOfFunctions = cnt
End Function

'関数の種類を関数名の配列で返す
Function TypeOfFunctions(ByVal argFormula As String) As Variant
  Dim dic As Object
  Set dic = CreateObject("Scripting.Dictionary")
  Dim iStart As Long
  Dim ix As Long
  Dim s As String
  
  iStart = 1
  Do
    iStart = InStr(iStart + 1, argFormula, "(")
    If iStart = 0 Then Exit Do
    s = getFunctionString(argFormula, iStart)
    If s <> "" Then
      dic(s) = ""
    End If
  Loop
  
  Dim ary
  ary = dic.keys()
  TypeOfFunctions = ary
End Function

'関数名を取得する
Function getFunctionString(ByVal argFormula As String, ByVal iStart As Long) As String
  Dim ix As Long
  Dim s As String
  ix = iStart
  Do
    ix = ix - 1
    If ix = 0 Then Exit Do
    s = UCase(Mid(argFormula, ix, 1))
    If s Like "[A-Z]" Or _
      s Like "[0-9]" Or _
      s = "_" Or _
      s = "." Or _
      LenB(StrConv(s, vbFromUnicode)) = 2 Then
    Else
      Exit Do
    End If
  Loop
  getFunctionString = Mid(argFormula, ix + 1, iStart - ix - 1)
End Function

お題の補足として、
サンプル3
="SUM()"
今回は、こういうのは考えないことにしましょう。

="SUM()"
このような文字列内の関数っぽいのは無視して(考慮しなくて)構いません。
ユーザー定義関数の日本語(全角)使用も無視して良いです。

このように書きましたが、上記では全角は対応(2バイト文字として判定)しています。
文字列として入っている関数っぽいものは未対応です。

文字列の関数っぽいものを排除するなら、
1度にやろうとせずに、事前に""の中を消してしまったほうが簡単だと思います。

Function delDoubleQuote(ByVal argFormula As String) As String
  Dim i As Long
  Dim iStart As Long
  Dim iEnd As Long
  Dim s As String
  
  iStart = 0
  Do
    iStart = InStr(iStart + 1, argFormula, """")
    If iStart = 0 Then Exit Do
    iEnd = InStr(iStart + 1, argFormula, """")
    If iEnd = 0 Then Exit Do
    Mid(argFormula, iStart, iEnd - iStart + 1) = Space(iEnd - iStart + 1)
    iStart = iEnd
  Loop
  delDoubleQuote = argFormula
End Function

これをDo...Loopの前に実行して数式文字列から""の文字列を排除してしまうと簡単だと思います。

使用方法

A列に数式の文字列を入れておきます。

Sub test()
  Dim i As Long
  Dim ary
  Range("A1").CurrentRegion.Offset(, 1).ClearContents
  For i = 1 To Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
    Cells(i, 2) = CountOfFunctions(Cells(i, 1).Value)
    ary = TypeOfFunctions(Cells(i, 1).Value)
    If UBound(ary) >= 0 Then
      Cells(i, 3).Resize(, UBound(ary) - LBound(ary) + 1) = ary
    End If
  Next
End Sub

セルに入っている数式なら、Formulaを取得するようにしてください。

VBA マクロ 数式 関数の数 関数の種類




同じテーマ「エクセル雑感」の記事

囲碁で相手の石を囲んで取るアルゴリズム
VBAで「3Lと5Lのバケツで4Lの水を作る」を解く
言語依存の関数を使用できるFormulaLocal
配列のUBoundがLBoundがより小さいことはあり得るか
ショートカット(Ctrl+Shift+n)抜け番ばどれだ
コレクションの要素を削除する場合
入力規則で○△を入れる数を制限する方法
greeenはgreenに、greeeeeNをGReeeeNに変換
数値変数の値を別の変数を使わずに入れ替える
Rangeオブジェクトを受け取り"行数,列数"で埋める
数式の関数の使用回数、関数名を配列で返す


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

数式の関数の使用回数、関数名を配列で返す|エクセル雑感(10月19日)
Rangeオブジェクトを受け取り"行数,列数"で埋める|エクセル雑感(10月16日)
数値変数の値を別の変数を使わずに入れ替える|エクセル雑感(10月13日)
WEBスクレイピング(selenium)|Python入門(10月11日)
エクセルを操作する(pywin32:win32com)|Python入門(10月5日)
エクセルを操作する(openpyxl)|Python入門(10月3日)
pipコマンド(外部ライブラリのインストール)|Python入門(10月1日)
CSV読み書き(csvモジュール)|Python入門(9月29日)
「Excel 4.0 マクロ」の使い方|VBA技術解説(9月28日)
CSV読み込みとopen()関数とwith文|Python入門(9月28日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
5.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ