ツイッター出題回答
シート内の全テーブルを1つに統合

ExcelマクロVBAとエクセル関数についての私的雑感
最終更新日:2022-08-01

シート内の全テーブルを1つに統合


ツイッターで出題した問題です。


シート内にある複数のテーブルを、1つのテーブルに結合して別シートに出力します。


出題ツイート

【VBA問題】
「Sheet1」のランダムな位置に複数のテーブルがあります。(添付1)
テーブルは全て同一形式(列数・ヘッダーが同じ)です。
「Sheet2」に1つのテーブルとして出力してください。(添付2)


Excel VBA問題 テーブル

Excel VBA問題 テーブル


Excel VBA問題 テーブル
https://twitter.com/yamaoka_ss/status/1553664644274745344


出題者としての解答

Sub sample()
  Dim ws1 As Worksheet: Set ws1 = Worksheets("Sheet1")
  Dim ws2 As Worksheet: Set ws2 = Worksheets("Sheet2")
  ws2.Cells.Clear
  
  Dim tbl As ListObject, rng As Range, r As Long
  r = 1
  For Each tbl In ws1.ListObjects
    If r = 1 Then
      Set rng = tbl.HeaderRowRange
      ws2.Cells(r, 1).Resize(, rng.Columns.Count).Value = rng.Value
      r = 2
    End If
    Set rng = tbl.DataBodyRange
    ws2.Cells(r, 1).Resize(rng.Rows.Count, rng.Columns.Count).Value = rng.Value
    r = r + rng.Rows.Count
  Next
  Set tbl = ws2.ListObjects.Add(xlSrcRange, ws2.Range("A1").CurrentRegion, , xlYes)
End Sub



ListObjectsでテーブルを取得して、
HeaderRowRangeでヘッダー、DataBodyRangeでデータを取得して統合します。

サイト内の参考ページ

第130回.テーブル操作の概要(ListObject)
テーブルをVBAで操作する場合に使用するオブジェクトの概要説明です、テーブルは、セルの範囲を表(テーブル)に変換することで、関連するデータの管理と分析を容易にできるようになるエクセルの機能で、以前はリストと呼ばれていました。テーブルを作成して書式設定することで、データを視覚的に分析しやすくできます。
第131回.テーブル操作のVBAコード(ListObject,DataBodyRange)
テーブル操作の具体的なVBAコードをパターン別に掲載します、テーブルの全体的な構成は ・テーブル全体 ・見出し行 ・データ範囲 ・集計列 ・集計行 VBAでは、これらのオブジェクトを使い各要素にアクセスします。テーブル全体のオブジェクトがListObjectで、シート内に複数テーブルが作成可能なので、
第142回.テーブル全件処理とデータ最終行(ListObject,DataBodyRange)
テーブルの全件処理と実際にデータが入っている最終行の取得について具体的なVBAを掲載します。注意点として、最新の365でテーブルが拡張されないパターンについても説明しておきます。テーブルの全体的な構成は ・テーブル全体 ・見出し行 ・データ範囲 ・集計列 ・集計行 VBAでは、これらのオブジェクトを使い各要素にアクセ…




同じテーマ「ツイッター出題回答 」の記事

数値変数の値を別の変数を使わずに入れ替える
Rangeオブジェクトを受け取り"行数,列数"で埋める
数式の関数の使用回数、関数名を配列で返す
日付型と通貨型のValueとValue2について
小文字"abc"を大文字"ABC"に変換する方法
オブジェクトのByRef、ByVal、Variant
「マクロの登録」で登録できないプロシージャーは?
ジャグ配列から順列を作成する
シート内の全テーブルを1つに統合
VBA穴埋め問題「On Error GoToの挙動」
数珠順列(配置に条件付き)を全て出力する


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

TOROW関数(配列を横1行の配列にして返す)|エクセル入門(2022-10-31)
TOCOL関数(配列を縦1列の配列にして返す)|エクセル入門(2022-10-31)
CHOOSECOLS関数(配列から複数の指定された列を返す)|エクセル入門(2022-10-29)
CHOOSEROWS関数(配列から複数の指定された行を返す)|エクセル入門(2022-10-29)
WorksheetFunctionの効率的な使い方とスピル新関数の利用|VBA入門(2022-10-27)
VSTACK関数(配列を縦方向に順に追加・結合)|エクセル入門(2022-10-25)
HSTACK関数(配列を横方向に順に追加・結合)|エクセル入門(2022-10-25)
LAMBDA以降の新関数の問題と解説(配列操作関数編)|エクセル入門(2022-10-24)
LAMBDA以降の新関数の問題と解説(ヘルパー関数編)|エクセル入門(2022-10-24)
LAMBDA以降の新関数の問題集|エクセル入門(2022-10-24)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
9.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ