Excelマクロの記録で覚えるVBA
第5回.100マスに数値を入れる

Excelマクロの自動記録を使って、エクセルVBAの初心者向け入門解説
最終更新日:2013-02-18

第5回.100マスに数値を入れる


まずは、前回の宿題の回答です。



Sub Macro1()
  Dim i
  i = 1
  Do While i <= 10
   Cells(1, i) = i
   i = i + 1
  Loop
End Sub


縦に入れた時の、この部分を
Cells(i, 1) = i

Cells(1, i) = i
このように、行数と列数を入れ替えます。

これで横に1〜10が入ります。



では次は、縦10、横10のセルに、1〜100までを入れてみましょう。


こんな感じに入れます。


Excel解説

どうでしょうか、マクロを作成してみて下さい。

こんなプログラムになります。


Sub Macro1()
  Dim i
  Dim j
  Dim k
  i = 1
  k = 1
  Do While i <= 10
    j = 1
    Do While j <= 10
     Cells(i, j) = k
     k = k + 1
     j = j + 1
    Loop
    i = i + 1
  Loop
End Sub


急に長いプログラムになってしまった感じですが、順番に考えましょう。


iは、行数に使用します。

jは、列数に使用します。

kは入れる数値です。


そして、10行に入れるプログラムは、

i = 1
Do While i <= 10
  Cells(i, 1) = i
  i = i + 1
Loop

でした。

この1行に数値を入れる部分を10列に入れるようにすればよいのです。

i = 1
Do While i <= 10

  10列に入れる

  i = i + 1
Loop

つまり、

Cells(i, 1) = i

j = 1
Do While j <= 10
  Cells(i, j) = 連番

  j = j + 1
Loop

にするのです。

すると、

i = 1
Do While i <= 10
  j = 1
  Do While j <= 10
    Cells(i, j) = k
    j = j + 1
  Loop
  i = i + 1
Loop

となります。


後は、kを1ずつアップしていけば、最初のプログラムが出来上がります。



エクセルのシートは、縦横の2次元ですから、


上記のプログラムが作成出来れば、


シートの好きな位置に、好きな数値、好きな文字を入れる事が可能です。


前回も言いましたが、これが、VBAの基本であり、全てでもあります。


このプログラムを3分以内に作成出来れば、とりあえずは合格でしょう。


今回はこれだけにします。


これが十分に理解出来なければ、次に進む意味がありません。


もう一度言います。


これが基本です、腹の底に落としこんで下さい。


次回は、この100マスを、別のシートにコピーしてみましょう。


それが出来たら、縦横を入れ替えてコピーします。


ここが正念場です、ここを過ぎれば、VBAが楽しいものに変わります。






同じテーマ「Excelマクロの記録で覚えるVBA」の記事

セルに文字を入れる
複数セルに文字を入れる
連続数値を入れる
100マスに数値を入れる
別のシートにコピーする
別のシートにコピーする2
計算式を入れる
計算式をコピーする
計算結果を入れる
イミディエイトで値の確認
セルに色を塗る

新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

「VBAによる解析シリーズその2 カッコ」をやってみた|エクセル(5月21日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー作成|VBA技術解説(5月18日)
テーブル操作のVBAコード(ListObject)|VBA入門(5月12日)
テーブル操作の概要(ListObject)|VBA入門(5月12日)
VBAのスクレイピングを簡単楽にしてくれるSelenium|VBA技術解説(5月6日)
Excelワークシート関数一覧(2010以降)|VBAリファレンス(4月22日)
クラスとCallByNameとポリモーフィズム(多態性)|VBA技術解説(4月6日)
VBAでのタイマー処理(SetTimer,OnTime)|VBA技術解説(4月3日)
クラスとイベントとマルチプロセス並列処理|VBA技術解説(4月2日)
エクセルの日付と時刻のまとめ|エクセル関数超技(3月6日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
2.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
6.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
9.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • 100マスに数値を入れる

    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。






    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ