Excelマクロの記録で覚えるVBA | 第12回.セルに色を塗る | Excelマクロの自動記録を使って、エクセルVBAの初心者向け入門解説



最終更新日:2013-02-18

第12回.セルに色を塗る


今回はちょっと難しいことをします。


100マス計算に手入力で回答を入れて、その結果の成否を判定してみましょう。




100マスの計算結果を一旦全て消して下さい。


手入力で、回答を入れて下さい。


掛け算九九は大丈夫ですか(笑)


全部入れなくて良いです。


いくつかは、正しい答えを入れ、いくつかは、間違った答えを入れましょう。


えっ、普通に答えても間違えてしまう・・・グッドです。


マクロで、間違いは赤、未回答は黄色にセルを塗ってみましょう。


以下のようにします。



ふふふ、間違え方が自然でしょう、本当に間違えていたりして(笑)


まず、色の塗り方ってどうするのか。


まさに、「マクロの記録」の出番です。


1.マクロの記録

2.D3を選択

3.黄色にする

4.F7を選択

5.赤色にする

6.記録終了


作成されたマクロは、


Sub Macro2()
'
' Macro2 Macro
'

'
  Range("D3").Select
  With Selection.Interior
    .Pattern = xlSolid
    .PatternColorIndex = xlAutomatic
    .Color = 65535
    .TintAndShade = 0
    .PatternTintAndShade = 0
  End With
  Range("F7").Select
  With Selection.Interior
    .Pattern = xlSolid
    .PatternColorIndex = xlAutomatic
    .Color = 255
    .TintAndShade = 0
    .PatternTintAndShade = 0
  End With
End Sub


なんだか、とっても長いですね。



まず、With〜End Withの説明です。

これは、マクロの記録ではよく出てくる記述になります。


With ○○○

  .△△△

  .□□□

End With
これは、

○○○.△△△

○○○.□□□

と書いたことと同じになります。

このWithを使うことで、記述を簡潔にし、かつ、処理スピードが速くなります。

先頭の「.」が重要です!


そして、

★★★.Select

With Selection.○○○

・・・

End With
これは、

With ★★★.○○○

・・・

End With

とSelectionを、Selectしている対象に変更すれば良いです。


不要部分を消し込むと、

Sub Macro2()

  With Range("D3").Interior
    .Pattern = xlSolid
    .PatternColorIndex = xlAutomatic
    .Color = 65535
    .TintAndShade = 0
    .PatternTintAndShade = 0
  End With
  With Range("F7").Interior
    .Pattern = xlSolid
    .PatternColorIndex = xlAutomatic
    .Color = 255
    .TintAndShade = 0
    .PatternTintAndShade = 0
  End With
End Sub


まだ、長いですね。


セルに色を塗るのに必要なものは、


.Color = 数字


だけです、他は網掛け等の指定になりますので、今回は不要です。


従って、


Sub Macro2()

  Range("D3").Interior.Color = 65535
  Range("F7").Interior.Color = 255
End Sub


これだけで良いということになります。


とても、すっきりしちゃいましたね。


カラーの数値については、そのまま受け入れましょう。


基本色は、文字定数がありますが、


マクロの記録を使えば、様々な色が使用できますので、そのまま使用すれば良いでしょう。




さて、色の塗り方がわかったところで、本題のプログラムに移ります。


Sub Macro1()
  Dim i
  Dim j
  i = 2
  Do While i <= 11
    j = 2
    Do While j <= 11
      If Cells(i, j) = "" Then
        Cells(i, j).Interior.Color = 65535
      Else
        If Cells(i, j) <> Cells(i, 1) * Cells(1, j) Then
          Cells(i, j).Interior.Color = 255
        End If
      End If
      j = j + 1
    Loop
    i = i + 1
  Loop
End Sub


説明が必要なのは、太字の部分だけですね。


If Cells(i, j) = "" Then
セルが空白かの判定をしています。


Cells(i, j).Interior.Color = 65535
セルを黄色にしています。


If Cells(i, j) <> Cells(i, 1) * Cells(1, j) Then
セルの値が、正解と同じかを判定しています。


Cells(i, j).Interior.Color = 255
セルを赤色にしています。


If 条件 Then

  真の場合の処理

Else

  偽の場合の処理

End If

初めて出てきました。

条件分岐と言ったりします。

条件が真(True)の場合は、すぐ下の処理、

偽(False)の場合は、Else以下の処理を実行します。


これは、ワークシート関数のIF関数と、同じ考え方です。

ワークシート関数では、

=IF(条件, 真(True), 偽(False))

これと全く同じ考え方です。

ワークシート関数で、IF関数を使える方には、違和感がないでしょう。






同じテーマ「Excelマクロの記録で覚えるVBA」の記事

第9回.計算式をコピーする
第10回.計算結果を入れる
第11回.イミディエイトで値の確認
第12回.セルに色を塗る
第13回.罫線を引く
第14回.行列を入れ替えて貼り付け
第15回.いろいろな消去
第16回.行の挿入・削除
第17回.並べ替え
第18回.オートフィルタ
第19回.オートフィルタ2

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

数値範囲で表検索するVLOOKUP近似一致|エクセル関数超技(10月5日)
エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説(9月8日)
VBAのクラスとは(Class,Property,Get,Let,Set)|VBA技術解説(8月28日)
VBAこれだけは覚えておきたい必須基本例文10|VBA技術解説(8月22日)
VBAの省略可能な記述について|ExcelマクロVBA技術解説(8月11日)
複数条件判定を行う時のコツ|ExcelマクロVBA技術解説(7月11日)
For Next の使い方いろいろ|VBA技術解説(6月14日)
VBAを定型文で覚えよう|ExcelマクロVBA技術解説(3月26日)
VBAスタンダード試験対策まとめ|MOS VBAエキスパート対策(3月16日)
ユーザーフォームとメニューの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
7.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
8.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
9.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • セルに色を塗る

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。





    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ

    ↑ PAGE TOP