マクロ記録でVBA
行列を入れ替えて貼り付け

Excelマクロの自動記録を使って、エクセルVBAの初心者向け入門解説
公開日:2013年5月以前 最終更新日:2013-07-02

第14回.行列を入れ替えて貼り付け


はい、今回は、「形式を選択して貼り付け」の「行列を入れ替える」をやってみましょう。


Sheet1の100マスを、Sheet2へ、行列を入れ替えて貼り付けします。


ではマクロの記録です、Sheet2を選択している状態からです。


1.マクロの記録

2.Sheet1を選択

3.A1~K11を選択

4.Sheet2を選択

5.A1セルを選択

6.形式を選択して貼り付け

7.「行列を入れ替える」にチェックし、「OK」

8.Esc・・・コピー状態の解除です。

9.記録終了


作成されたマクロは、


Sub Macro12()
'
' Macro12 Macro
'

'
  Sheets("Sheet1").Select
  Range("A1:K11").Select
  Selection.Copy
  Sheets("Sheet2").Select
  Range("A1").Select
  Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteAll, Operation:=xlNone, SkipBlanks:= _
    False, Transpose:=True
  Application.CutCopyMode = False
End Sub


いつも通りに、消し込みをします。


Sub Macro12()
Sheets("Sheet1").Range("A1:K11").Copy
Sheets("Sheet2").Range("A1").PasteSpecial _
Paste:=xlPasteAll, Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=True
  Application.CutCopyMode = False

End Sub


以前に値のコピーをやりましたので、同じですね。


行列の入れ替えは、

Transpose:=True
になります。


Application.CutCopyMode = False

はこれ、コピー状態(コピー元のセル範囲が点々状態)を解除しています。


マクロの記録をつかえば、何も問題はないですね。



ついでに、加算貼り付けもやってみましょう。


1.マクロの記録

2.Sheet1を選択

3.A1~K11を選択

4.Sheet2を選択

5.A1セルを選択

6.形式を選択して貼り付け

7.「値」と「加算」をチェックし、「OK」

8.Esc・・・コピー状態の解除です。

9.記録終了


作成されたマクロは、


Sub Macro13()
'
' Macro13 Macro
'

'
  Range("A1:K11").Select
  Selection.Copy
  Sheets("Sheet2").Select
  Range("A1").Select
  Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlAdd, SkipBlanks _
    :=False, Transpose:=False
  Application.CutCopyMode = False
End Sub


消し込みをします。


Sub Macro13()
Sheets("Sheet1").Range("A1:K11").Copy
Sheets("Sheet2").Range("A1").PasteSpecial _
Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlAdd, SkipBlanks :=False, Transpose:=False
  Application.CutCopyMode = False

End Sub


Operation:=xlAdd

これが加算になります。


Paste:=

Operation:=

SkipBlanks :=

Transpose:=

これらに指定する値によって、様々なコピーペーストが実現できます。


何を指定するかは、マクロの記録をすれば分かります。


そのまま使用すれば良いです。


あえて説明するなら、Falseの場合は、その指定そのものが不要なこと位です。


つまり、上なら、

, SkipBlanks :=False, Transpose:=False
は無くても良いです。


しかし、わざわざ消す必要もないので、そのまま使用した方がが良いです。




PasteSpecial の引数


Paste:=

xlPasteAll:すべてを貼り付けます。
xlPasteAllExceptBorders:輪郭以外のすべてを貼り付けます。
xlPasteAllMergingConditionalFormats:すべてを貼り付け、条件付き書式をマージします。
xlPasteAllUsingSourceTheme:ソースのテーマを使用してすべてを貼り付けます。
xlPasteColumnWidths:コピーした列の幅を貼り付けます。
xlPasteComments:コメントを貼り付けます。
xlPasteFormats:コピーしたソースの形式を貼り付けます。
xlPasteFormulas:数式を貼り付けます。
xlPasteFormulasAndNumberFormats:数式と数値の書式を貼り付けます。
xlPasteValidation:入力規則を貼り付けます。
xlPasteValues:値を貼り付けます。
xlPasteValuesAndNumberFormats:値と数値の書式を貼り付けます。


Operation:

xlPasteSpecialOperationAdd:コピーしたデータは、対象セルの値に追加されます。
xlPasteSpecialOperationDivide:コピーしたデータは、対象セルの値によって分割されます。
xlPasteSpecialOperationMultiply:コピーしたデータには、対象セルの値が掛けられます。
xlPasteSpecialOperationNone:貼り付け操作で計算は行われません。
xlPasteSpecialOperationSubtract:コピーしたデータは、対象セルの値が引かれます。

上記はヘルプより表示しています。

実際には、PasteSpecialOperationの部分を除いた指定も可能です。

どうも、ヘルプとマクロの記録に不整合があるようです。

SkipBlanks:=

クリップボードに含まれる空白のセルを貼り付けの対象にしないようにするには、True を指定します。

既定値は False です。


Transpose:=

貼り付けのときにデータの行と列を入れ替えるには、True を指定します。

既定値は False です。





同じテーマ「マクロの記録でVBA」の記事

第11回.イミディエイトで値の確認

前回、FormulaR1C1とValueの違いを説明しましたが、それを確認するための方法を紹介します。これはデバックで使用するツールになります。デバッグとは、プログラムの誤り(バグと呼ばれる)を探し、取り除くこと。
第12回.セルに色を塗る
今回はちょっと難しいことをします。100マス計算に手入力で回答を入れて、その結果の成否を判定してみましょう。100マスの計算結果を一旦全て消して下さい。手入力で、回答を入れて下さい。掛け算九九は大丈夫ですか(笑) 全部入れなくて良いです。
第13回.罫線を引く
前回までで、文字、数値を入れ、色も塗りました。この辺で、罫線の引き方をやりましょう。100マス計算の罫線を、一度全て消してください。ではマクロの記録です。1.マクロの記録 2.A1~K11を選択 3.罫線の格子(外側、内側を細線) 4.記録終了 作成されたマクロは、驚くほどの長さですね、少し笑えます。
第14回.行列を入れ替えて貼り付け
第15回.いろいろな消去
セルの値や書式等を消去してみましょう、では、マクロの記録です、1.マクロの記録 2.A1~K11を選択…範囲は適当で良いです。3.「Delete」4.罫線で、枠なし 5.塗りつぶしで、塗りつぶしなし 6.フォントの色で、自動 7.セルの書式設定で、標準 8.記録終了 作成れたマクロは、Selection.Clear…
第16回.行の挿入・削除
行の挿入と、行の削除をやってみましょう、では、マクロの記録です。1.マクロの記録 2.1行目を選択 3.「挿入」…Ctrl+Shift++ 4.A列を選択 5.「挿入」…Ctrl+Shift++ 6.1行目を選択 7.「削除」…Ctrl+Shift+- 8.A列を選択 9.「削除」…Ctrl+Shift+- 10.…
第17回.並べ替え
エクセルでは避けて通れない、「並べ替え」をやります。実は、あまりやりたくないのですが… いや、2003と2007以降で、全く変わってしまったのです。1行目がタイトル、2~11行にデータが入っているとします。
第18回.オートフィルタ
フィルタをやりましょう。まあ、表計算らしい機能ではあります。では、マクロの記録です、データは何でも良いでしょう。1.マクロの記録 2.フィルタ 3.1のみ選択…たまたま1のデータを入れただけです。4.記録終了 作成れたマクロは、2003の場合は、Selection.AutoFilterSelection.AutoF…
第19回.オートフィルタ2
前回の続きで、フィルタをやります。以下の表で説明します。では、マクロの記録です。まずは、日付の絞り込みです。1.マクロの記録 2.A1を選択 3.フィルタ 4.2011/6/5のみ選択 5.記録終了 作成れたマクロは… (コメント行は省略します) 上は、2010or2007でのマクロの記録です。
第20回.ジャンプのセル選択
割と便利で、使っている人は使っている、使っていない人は使っていない。(←当たり前) 「ジャンプ」の「セル選択」をやってみましょう。まずは、新規シートのバラバラな位置に数値を入れて下さい。では、マクロの記録です。
第21回.条件付き書式
非常に便利で、ぜひ使いこなしたい機能の1つに、条件付き書式があります。今回は、この条件付き書式をマクロの記録をしてみましよう。では、マクロの記録ですが、バージョンによって操作が違うので、まずは、2007、2010です。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

エクセルが起動しない、Excelが立ち上がらない|エクセル雑感(2024-04-11)
ブール型(Boolean)のis変数・フラグについて|VBA技術解説(2024-04-05)
テキストの内容によって図形を削除する|VBA技術解説(2024-04-02)
ExcelマクロVBA入門目次|エクセルの神髄(2024-03-20)
VBA10大躓きポイント(初心者が躓きやすいポイント)|VBA技術解説(2024-03-05)
テンキーのスクリーンキーボード作成|ユーザーフォーム入門(2024-02-26)
無効な前方参照か、コンパイルされていない種類への参照です。|エクセル雑感(2024-02-17)
初級脱出10問パック|VBA練習問題(2024-01-24)
累計を求める数式あれこれ|エクセル関数応用(2024-01-22)
複数の文字列を検索して置換するSUBSTITUTE|エクセル入門(2024-01-03)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
5.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
6.RangeとCellsの使い方|VBA入門
7.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)|VBA入門
8.セルのクリア(Clear,ClearContents)|VBA入門
9.並べ替え(Sort)|VBA入門
10.メッセージボックス(MsgBox関数)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。


このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ