Googleスプレッドシート応用
QUERY関数を使って条件付き集計

Google スプレッドシートの応用編です
最終更新日:2019-03-16 QUERY関数を使って条件付き集計|Googleスプレッドシート

Googleスプレッドシート応用
QUERY関数を使って条件付き集計

Google スプレッドシートの応用編です
最終更新日:2017-07-19

QUERY関数を使って条件付き集計

Googleスプレッドシートで、QUERY関数を使って条件に合致したデータを集計します、


QUERY関数は、クエリ言語を使用してクエリを実行しデータを取得します。

使われるクエリ言語は、Google Visualization API のクエリ言語になります。




以下の二つのシートを使います。

スプレッドシート 参考画像

Google スプレッドシート 画面


部署別集計に、売上明細を部署別に集計します。


QUERY関数

構文
QUERY(データ, クエリ, [見出し])

データ
クエリを実行するセルの範囲です。
データの各列に指定できるのは、ブール値、数値(日付/時刻を含む)、文字列の値です。

クエリ
Google Visualization API のクエリ言語で記述されたクエリです。
クエリの値は二重引用符で囲むか、適切なテキストを含むセルへの参照にします。

見出し
データの上部にある見出し行の数です。
省略した場合や -1 と指定した場合は、データの内容に基づいて推測されます。

使用できる関数
avg() ・・・ 平均
count() ・・・ 件数
max() ・・・ 最大値
min() ・・・ 最小値
sum() ・・・ 合計


A4セルに入れる数式

全体としては、
=QUERY('売上明細'!A:D,"クエリ",1)

このような数式になります。

このクエリに入れるクエリ文は、
select B,SUM(D) where A>=date '2016-09-01' and A<=date '2016-09-03' group by B

これを、""の中に入れます。
列の指定は、A,B,C,・・・と、列記号で指定します。

'2016-09-01''2016-09-03'の部分は、
A2セルとB2セルをTEXT関数で編集します。
'"&TEXT(A2,"yyyy-mm-dd")&"'
'"&TEXT(B2,"yyyy-mm-dd")&"'

完成する数式は、※以下の数式は改行しています。
=QUERY('売上明細'!A:D,
"select B,SUM(D) where A>=date '"&TEXT(A2,"yyyy-mm-dd")&"' and A<=date '"&TEXT(B2,"yyyy-mm-dd")&"' group by B"
,1)


となります。

whereは、
数値であれば、A>=1200
文字であれば、A='ABC'
のように指定すれば良いのですが、
日付の場合は、A>= date '2016-09-01'
のように指定しなければなりません。


結果

スプレッドシート 参考画像

見出しが自動的に作成されます。
エイリアス(AS句)が指定できないようで、
見出し名称の変更方法が分かりませんでした。
変更できるようなら、いずれ追記します。

表示件数は、データに応じて自動で増減されます。

※後日追加
見出し名称の変更は、label句で可能です。
※以下の数式は改行しています。
=QUERY('売上明細'!A:D,
"select B,SUM(D) where A>=date '"&TEXT(A2,"yyyy-mm-dd")&"' and A<=date '"&TEXT(B2,"yyyy-mm-d")&"' group by B
label SUM(D) '金額合計'",1)
これで、見出しが「合計金額」と表示できるようになります。


Excelなら、マクロでADO(ActiveX Data Object)を使って、ほぼ同様の事が出来ます。
Googleスプレッドシートは、標準の関数で出来るところは素晴らしいと思います。
ExcelでADOを使う場合に比べて、かなり手軽に使う事が出来ます。
ただ、クエリ言語が少々癖がありますし、使用できる関数が少ないのは不満です。
もう少し、SQLに近い方が良かったかなーと言うのは贅沢な要望でしょうか。





同じテーマ「Googleスプレッドシート応用」の記事

他のスプレッドシートからインポート(IMPORTRANGE)
他のスプレッドシートからVLOOKUPで取得
QUERY関数を使って条件付き集計
他のスプレッドシートからQUERYで取得

新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

クラスとCallByNameとポリモーフィズム(多態性)|VBA技術解説(4月6日)
VBAでのタイマー処理(SetTimer,OnTime)|VBA技術解説(4月3日)
クラスとイベントとマルチプロセス並列処理|VBA技術解説(4月2日)
エクセルの日付と時刻のまとめ|エクセル関数超技(3月6日)
Excelシートの複雑な計算式を解析するVBA|VBAサンプル集(2月18日)
VBAクラスの作り方:独自Rangeっぽいものを作ってみた|VBA技術解説(2月16日)
VBAクラスの作り方:列名のプロパティを自動作成する|VBA技術解説(2月14日)
VBAクラスの作り方:列名の入力支援と列移動対応|VBA技術解説(2月11日)
クラスを使って他ブックのイベントを補足する|VBA技術解説(2月6日)
Excelアドインの作成と登録について|VBA技術解説(2月3日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
2.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
6.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
9.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • QUERY関数を使って条件付き集計

    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。






    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ