Excelマクロの記録で覚えるVBA
第23回.セルの結合

Excelマクロの自動記録を使って、エクセルVBAの初心者向け入門解説
最終更新日:2013-09-04

第23回.セルの結合


はい、セルの結合をやります。


では、マクロの記録から


1.マクロの記録

2.A1〜B2を選択

3.セルを結合して中央揃え

4.記録終了


作成れたマクロは・・・


Sub Macro1()
  Range("A1:B2").Select
  With Selection
    .HorizontalAlignment = xlCenter
    .VerticalAlignment = xlCenter
    .WrapText = False
    .Orientation = 0
    .AddIndent = False
    .IndentLevel = 0
    .ShrinkToFit = False
    .ReadingOrder = xlContext
    .MergeCells = False
  End With
  Selection.Merge
End Sub


うーん、長いですよね、省略できるところは省略しちゃいましょう。


Sub Macro1()
  With Range("A1:B2")
    .HorizontalAlignment = xlCenter
    .Merge
  End With
End Sub


必要なのは、これだけですね。


.HorizontalAlignment = xlCenter
横位置を中央揃えに指定しています。


.Merge
セルの結合です。



では、2007から追加された横方向に結合をやってみましょう。


1.マクロの記録

2.A3〜B4を選択

3.横方向に結合

4.記録終了


作成されたマクロは・・・


Sub Macro2()

  Range("A3:B4").Select
  Selection.Merge True
End Sub


これも以下に省略できますね。


Sub Macro2()

  Range("A3:B4").Merge True
End Sub


.Merge True

この、Trueが、横方向に結合の指定です。


このマクロは、2003でも動作します。

標準では、ツールボタンになかっただけで、

ユーザー設定では追加できたのです、知ってましたか?



では、結合を解除してみましょう。


1.マクロの記録

2.A1〜B4を選択

3.セル結合の解除・・・再度、セルの結合でも良いです。

4.記録終了


作成れたマクロは・・・


Sub Macro3()
  Range("A1:B4").Select
  Selection.UnMerge
End Sub


これも以下に省略できますね。


Sub Macro3()
  Range("A1:B4").UnMerge
End Sub


.UnMerge

これが、セル結合の解除です。


一番最初のマクロ、セルを結合して中央揃えの時のマクロで、
.MergeCells = False
とあったのですが、覚えていますか、忘れた・・・もう一度、上に戻ってみて下さい。

これも実は、セル結合の解除なのです。


つまり、

Sub Macro3()
  Range("A1:B4").MergeCells = False
End Sub


これでも、セル結合が解除されます。


さらに、

Sub Macro3()
  Range("A1:B4").MergeCells = True
End Sub


これでも、セルが結合されます。


使い分けは・・・うーん、特に無いと思います。


少し難しい話をすると、


Merge、UnMergeは、メソッドです。

MergeCellsは、プロパティです。

MergeCellsプロパティ

Trueを代入した場合は、Merge

Falseを代入した場合は、UnMerge

と同じことになります。


ただし、そのセルが結合されているかは、

MergeCellsの値を確認します。


If Range("A1").MergeCells = True Then

  '結合されている

Else

  '結合されていない

End If


のように判定します。



この辺で、オブジェクト、プロパティ、メソッドについて、簡単に説明しておきます。


オブジェクトとは

オブジェクトは、objectであり、物・物体のことです。

VBAで何か操作をしようとする対象となるものがオブシェクトです。


ブックやシート、そしてセルなどを指します。


プロパティとは

プロパティは、propertyであり、財産・資産のことです。

オブジェクトの持つ財産・資産のことであり、オブジェクトの性質を表すデータです。

セルの持つ値や書式は全て、セルのプロパティです。


メソッドとは

メソッドは、methodであり、方法。方式です。

オブジェクトに対する動作・操作を指定します。

セルを選択する、セルを削除する等です。


第2回.セルに文字を入れる


ここでは、

「.」の後ろが動詞で、その後ろには何もない場合は「を」です。

「.」の後ろが名詞や形容詞で、その後ろに「=」がある場合は、「の」になります。

つまり、

○○○.△△△は、○○○を△△△する

○○○.△△△ = □□□は、○○○の△△△に□□□を入れる


このように説明しました、ですから、

Range("A1:B4").UnMerge
は、Range("A1:B4")をUnMergeする。

Range("A1:B4").MergeCells = False
は、Range("A1:B4")にFalseを入れる。


ここでの、○○○オブジェクトです。

○○○を△△△する、この△△△がメソッドです。

○○○の△△△に□□□を入れる、この△△△がプロパティです。


オブジェクトとプロパティについて、もう少し詳しい話は、

オブジェクトとプロパティの真実

ここで、解説していますので、興味があれば読んでみて下さい。






同じテーマ「Excelマクロの記録で覚えるVBA」の記事

行の挿入・削除
並べ替え
オートフィルタ
オートフィルタ2
ジャンプのセル選択
条件付き書式
シートの移動コピー
セルの結合
印刷
開く・保存・閉じる
最終回

新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

エクセルの日付と時刻のまとめ|エクセル関数超技(3月6日)
Excelシートの複雑な計算式を解析するVBA|VBAサンプル集(2月18日)
VBAクラスの作り方:独自Rangeっぽいものを作ってみた|VBA技術解説(2月16日)
VBAクラスの作り方:列名のプロパティを自動作成する|VBA技術解説(2月14日)
VBAクラスの作り方:列名の入力支援と列移動対応|VBA技術解説(2月11日)
クラスを使って他ブックのイベントを補足する|VBA技術解説(2月6日)
Excelアドインの作成と登録について|VBA技術解説(2月3日)
参照設定、CreateObject、オブジェクト式の一覧|VBA技術解説(1月20日)
VBAでファイルを規定のアプリで開く方法|VBA技術解説(1月20日)
ドキュメントプロパティ(BuiltinDocumentProperties,CustomDocumentProperties)|VBA技術解説(1月19日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
7.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
8.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
9.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • セルの結合

    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。






    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ