VBAサンプル集
ユーザー定義関数でフリガナを取得する(GetPhonetic)

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
最終更新日:2020-08-26

ユーザー定義関数でフリガナを取得する(GetPhonetic)


ワークシート関数の、「PHONETIC」では、
他のソフト等からコピペした漢字は取得できません。


そこで、VBAでユーザー定義関数を作成し、読みを取得できるようにします。

Excel VBA 解説


A列はメモ帳よりコピペしました。


B列に、ユーザー定義関数を指定して、振り仮名を取得しています。

C列は、B列の数式の内容です。

以下が、ユーザー定義関数になります。


Function GetPhonetic(セル As Range, _
            Optional ByVal 変換 As Integer = 8, _
            Optional ByVal 全て As Boolean = False)
  Dim strPhonetic As String
  GetPhonetic = StrConv(Application.GetPhonetic(セル), 変換)
  strPhonetic = GetPhonetic
  If 全て = True Then
    Do Until strPhonetic = ""
      strPhonetic = StrConv(Application.GetPhonetic(), 変換)
      If strPhonetic <> "" Then
        GetPhonetic = GetPhonetic & " ; " & strPhonetic
      End If
    Loop
  End If
End Function


標準モジュールに作成して下さい。


説明

Application.GetPhonetic(文字列)
これで文字列に対する、読み仮名を取得します。

Application.GetPhonetic()
のように、文字列を省略すると、次の読み候補が取得されます。
読み候補がなくなると、""が返されます。

StrConv(文字列, 変換方法)
文字列を変換方法で変換します。
変換方法には以下が指定可能です。

1(vbUpperCase):大文字に変換
2(vbLowerCase):小文字に変換
3(vbProperCase):各単語の先頭の文字を大文字に変換します。
4(vbWide):半角文字を全角文字に変換
8(vbNarrow):全角文字を半角文字に変換
16(vbKatakana):ひらがなをカタカナに変換
32(vbHiragana):カタカナをひらがなに変換
64(vbUnicode):Unicodeに変換
128(vbFromUnicode):Unicodeからシステムの既定のコードページに変換

ここでは、普通に考えて、8,16,32、くらいになるでしょう。

Optional ByVal
省略可能な引数になります。
省略した場合は、=の後の値を使用します。

第3引数に、Trueを指定した場合は、全ての読みを、" ; "で結合して表示しています。

全角カナで、読み候補も先頭のみなら

Function GetPhonetic(セル As Range)
  GetPhonetic = Application.GetPhonetic(セル)
End Function


このだけでOKです。


少しVBAが解る方は、

Do~Loop等で処理し、値のみをセルに入れた方が、使い勝手は良いと思います。

例えば以下のように。



Sub SetPhonetic()
  Dim i As Integer
  i = 1 '開始行
  Do Until Cells(i, 1) = "" '空白行になるまで
    Cells(i, 2) = Application.GetPhonetic(Cells(i, 1))
    i = i + 1
  Loop
End Sub


いかがでしょうか。


当然のことながら、漢字の正しい読みなど、PCに解ろうはずもありません。

しかし、現在のPCは結構賢いです(笑)

そこそこ、正しく変換してくれます。

しかし、最後は、人間が目で確認することは、絶対に必要です。

ネットからコピーしたデータや、他ソフトで作成したデータ等から、

読みを取得したい場合等に利用すると、結構手間が省けます。

ユーザー定義関数の実践使用例

ユーザー定義関数の作り方
マクロVBAを作成して、ボタンで一括処理…それほどではないが、関数だけではちょっと大変、そんな時は、ユーザー定義関数を使ってみましょう。作り方は簡単です。簡単な例でユーザー定義関数を作ってみましょう 上記は、引数を足し算して返すユーザー定義関数です。

ユーザー定義関数でハイパーリンクのURLを取得(Hyperlink)
ネットから、何らかの一覧をエクセルにコピペすると、文字列や画像等に、リンクの設定がくっついてきます。URLが表記されていれば良いですが、表示されていない事の方が多いでしょう。そこで、VBAでユーザー定義関数を作成し、URLを取得できるようにします。

スピルに対応したXSPLITユーザー定義関数(文字区切り)
エクセルにスピルが登場して、VBAのユーザー定義関数の用途も広がってきていると思います。そこで、文字列を指定した記号・文字列で区切て、セルに出力するユーザー定義関数を作ってみましょう。VBAにはSplit関数がありますが、これをワークシート関数として使えるようにしてみましょうという事です。

スピルと新関数の練習(XLOOKUP関数、LET関数、VBAまで)
2019年Office365に追加された革新的な機能としてスピルがあります。スピルとともに強力な新関数が登場しました。その中でも特に使用頻度が高いと思われるXLOOKUP関数の練習をかねて、問題を作成しました。



同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

ユーザー定義関数でフリガナを取得する(GetPhonetic)
ユーザー定義関数でハイパーリンクのURLを取得(Hyperlink)
カラーのコード取得(256RGB⇔16進変換)
時刻になったら音を鳴らして知らせる(OnTime)
指定文字、指定数式でジャンプ機能(Union)
「値の貼り付け」をショートカットに登録(OnKey)
「セルの結合」をショートカットに登録(OnKey)
半角カナのみ全角カナに変換する
計算式の元となる数値定数を消去する(Precedents)
Beep音で音楽(Beep,Sleep)
日付の検索(配列の使用)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBA100本ノック 7本目:日付データの扱い|VBA練習問題100(10月26日)
VBA100本ノック 6本目:セルに計算式|VBA練習問題100(10月25日)
VBA100本ノック 5本目:セルの計算|VBA練習問題100(10月24日)
VBA100本ノック 4本目:セルの消去|VBA練習問題100(10月23日)
VBA100本ノック 3本目:セルの消去|VBA練習問題100(10月22日)
VBA100本ノック 2本目:セルのコピー|VBA練習問題100(10月21日)
VBA100本ノック 1本目:セルのコピー|VBA練習問題100(10月20日)
VBA100本ノック:マクロの特訓(9月6日)
数式の関数の使用回数、関数名を配列で返す|エクセル雑感(10月19日)
Rangeオブジェクトを受け取り"行数,列数"で埋める|エクセル雑感(10月16日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
5.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ