ExcelマクロVBA関数
IIf関数

Excelマクロで必須のVBA関数を入門・初級・初心者向けに詳細解説
最終更新日:2013-06-14

IIf関数


IIf関数は、式の評価結果によって、2つの引数のうち1つを返します。


IIf関数

IIf(expr, truepart, falsepart)

expr
必ず指定します。
評価対象の式を指定します。

truepart
必ず指定します。
名前付き引数 expr が真 (True) の場合に返す値または式を指定します。

falsepart
必ず指定します。
名前付き引数 expr が偽 (False) の場合に返す値または式を指定します。

注意

IIf 関数では、 truepart またはfalsepart のいずれか一方だけが返されますが、評価は両方の引数に対して行われます。
このため、IIf 関数を使うと、予期しない結果が起きることがあります。
たとえば、名前付き引数 falsepart を評価した結果 0 による除算エラーが発生する場合は、名前付き引数 expr が真 (True) であってもエラーが発生します。

この問題がある限り、あまり使うべきではありません。
IIf関数は、Ifステートメントで書き直すことが出来ます。


If expr Then
  truepart
Else
  falsepart

End If

使用例.

Dim foo, bar
foo = 50
bar = 100
MsgBox IIf(foo > 0, bar / foo, foo / bar) ・・・ 2
foo = 100
bar = 50
MsgBox IIf(foo > 0, bar / foo, foo / bar) ・・・ 0.5
foo = 100
bar = 0
MsgBox IIf(foo > 0, bar / foo, foo / bar) ・・・ 「0で除算しました」のエラー、常に真偽両方の引数が評価されます。

※VBA関数一覧

VBA関数の一覧と解説ですどんな関数があるかは一度は確認しておくとをお勧めいたします。どんな関数があるだけでも知っておけば詳細の使い方は実際に使うときに調べても良いでしょう。文字列操作・・・34 型変換・・・12 データ判定・・・11 日付時刻・・・20 配列・・・7 ファイル操作・・・14 数学/財務・・・28 その他・・・19MicrosoftDoc…



同じテーマ「マクロVBA関数」の記事

CDbl関数
CDec関数
CInt関数
CLng関数
CSng関数
CStr関数
CVar関数
CVErr関数
IIf関数
TypeName関数
VarType関数


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

IfステートメントとIIF関数とMax関数の速度比較|VBA技術解説(6月23日)
Withステートメントの実行速度と注意点|VBA技術解説(6月6日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー(改)|VBA技術解説(6月2日)
マクロでShift_JIS文字コードか判定する|VBA技術解説(6月1日)
Shift_JISのテキストファイルをUTF-8に一括変換|VBAサンプル集(5月31日)
「VBAによる解析シリーズその2 カッコ」をやってみた|エクセル(5月21日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー作成|VBA技術解説(5月18日)
テーブル操作のVBAコード(ListObject)|VBA入門(5月12日)
テーブル操作の概要(ListObject)|VBA入門(5月12日)
VBAのスクレイピングを簡単楽にしてくれるSelenium|VBA技術解説(5月6日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
7.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
8.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄


  • >
  • >
  • >
  • IIf関数

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。






    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ