VBA関数
Choose関数

Excelマクロで必須のVBA関数を入門・初級・初心者向けに詳細解説
最終更新日:2019-10-28

Choose関数


引数Indexの値に基づいて、引数リストから値を返します。



Choose関数

Choose(index, choice-1, [ choice-2, ..., [ choice-n ]] )

index
必ず指定します。 1 から選択肢の数までの値になる 数式またはフィールドです。
choice-n
必須です。 可能性のある選択肢のいずれか 1 つが含まれる バリアント型の式 です。

Choose関数はindexの値に基づいて選択肢の一覧から値を返します。
indexが1の場合、Chooseは一覧の1つ目の選択肢を返します。
indexが2の場合、2つ目というようになります。
indexが0以下または一覧にある選択肢の数を超える場合、Choose関数はNullを返します。
indexが整数ではない場合、最も近い整数に丸めてから評価されます。

Choose関数の注意点

Choose関数は、一覧の選択肢すべてを評価します。
ただし、返される結果はindexによって決定されて一つとなります。

すべての選択肢において、式の一部としてMsgBox関数を使用する場合、メッセージボックスは評価される各選択肢に対して表示されますが、Choose関数はそのうちの1つだけを返します。

Choose(2, MsgBox("a"), MsgBox("b"), MsgBox("c"))
メッセージボックスは"a","b","c"の3回表示されます。
そして、MsgBox("b")の戻り値がChoose関数の戻り値となります。

Choose(2, 0, 1, 2 / 0)
一覧の選択肢すべてを評価するので、これは常に0除算エラーとなります。

使用例.

Choose(i, "a", "b", "c")



iの値 結果 
0以下 Null
1 "a"
2 "b"
3 "c"
4以上 Null

Choose関数はSelect Caseステートメントで書き換えが可能です。
前回のElseIf以外の、多肢条件分岐の別の書き方があります。それがSelectCaseになります。むしろElseIfより、このSelectCaseの方が、より多肢条件分岐に適していると言えます。SelectCaseは、多肢条件分岐に特化したステートメントになります。

rtn = Choose(i, "a", "b", "c")

これは以下で書き直すことができます。



Select Case i
  Case 1
    rtn = "a"
  Case 2
    rtn = "b"
  Case 3
    rtn = "c"
  Case Else
    rtn = Null
End Select

どちらが良いかは、時々の判断によります。
整数値判定、かつ、選択肢の式が単純な場合であれば、Choose関数で記述が簡略化されます。


※VBA関数一覧

VBA関数の一覧と解説です、どんな関数があるかは一度は確認しておくとをお勧めいたします。どんな関数があるだけでも知っておけば、詳細の使い方は実際に使うときに調べても良いでしょう。文字列操作…34 分岐…3 型変換…14 データ判定…10 日付時刻…20 配列…6 ファイル操作…14 数学/財務…28 その他…18 MicrosoftDocsOfficeV…



同じテーマ「VBA関数」の記事

UCase関数
Val関数
IIf関数
Choose関数
Switch関数
CBool関数
CByte関数
CCur関数
CDate関数
CDbl関数
CDec関数


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

ユーザーに絶対に停止させたくない場合のVBA設定|VBA技術解説(4月1日)
CharactersプロパティとCharactersオブジェクト|VBA技術解説(3月31日)
指数近似/対数近似/累乗近似(掲載順位とCTR)|エクセル関数超技(3月31日)
練習問題32(連続数値部分を取り出し記号で連結)|VBA練習問題(3月24日)
連続数値部分を取り出し記号で連結|エクセル関数超技(3月24日)
数式バーの高さを数式の行数で自動設定|VBAサンプル集(3月21日)
LET関数(数式で変数を使う)|エクセル入門(3月21日)
スピルに対応したXSPLITユーザー定義関数(文字区切り)|VBAサンプル集(3月15日)
XMATCH関数(範囲から値を検索し一致する相対位置)|エクセル入門(3月14日)
XLOOKUP関数(範囲を検索し一致する対応項目を返す)|エクセル入門(3月14日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
7.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
8.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
9.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ