VBA練習問題
VBA100本ノック 75本目:ログインフォームの作成

VBAを100本の練習問題で鍛えます
最終更新日:2021-02-22

VBA100本ノック 75本目:ログインフォームの作成


ユーザーフォームでIDとパスワードを入力してもらいログインする問題です。


ツイッター連動企画です。
ツイートでの見やすさを考慮して、ブック・シート指定等を適宜省略しています。

VBAテスト用のサンプルデータは、VBA100本ノックの目次ページ からもダウンロードできます。
マクロVBA情報を中心に、エクセル関数・基本操作までサンプルとともに解説。初心者向けの基本から上級者向けの高度な内容までVBAサンプルコードを掲載解説しています。


出題

出題ツイートへのリンク

#VBA100本ノック 75本目
ブックを開いたら「ログイン」フォームを表示しIDとパスワードを入力してもらうVBAを作成します。
IDとパスワードは「ID」シートに登録されています。
IDまたはパスワードを3回間違ったらブックを閉じてください。
正しく入力されたら「ログイン」フォームを閉じてください。


マクロ VBA 100本ノック

マクロ VBA 100本ノック


サンプルファイルです。
https://excel-ubara.com/vba100sample/VBA100_75.xlsm
https://excel-ubara.com/vba100sample/VBA100_75.zip


頂いた回答

出題ツイートの引用ツイートでの回答


本問題に関しては、セキュリティの観点でいろいろ意見が寄せられています。
正直なところ、言うまでもない事だと思っていたのですが・・・
シートにIDとパスワードを入れてセキュリティ上問題ないのかという話は、もちろんダメに決まっています。
シートのデータは見ようと思えば簡単に見られてしまいます。
このような手法はあくまで簡易的なものとして、限られた範囲内で使用するものです。
保護されたブックの非表示シートについて
保護されたブックの非表示シートは通常の方法では確認することができません。このような非表示シートのセル値を、どうやって確認するかについてツイッターに連投しました。本記事は、連投したツイートに、画像と追加説明を加えてまとめたものです。


解説

まずはWorkbook_Openでフォームを表示するのですが、
ここでは回答に見当たらなかった方法でやっています。
フォームのFunctionを呼んでフォーム自身で表示させて、IDパスの正否結果を返してもらいます。
呼び出し側では結果だけを受け取るようにしています。

Private Sub Workbook_Open()
  If frmLogIn.ValidIdPass Then Exit Sub
  
  Me.Saved = True
  If Workbooks.Count > 1 Then
    Me.Close SaveChanges:=False
  Else
    Application.Quit
  End If
End Sub

Option Explicit

Private pReturn As Boolean
Private pWrongCount As Long

Public Function ValidIdPass() As Boolean
  pReturn = False
  Me.Show vbModal
  ValidIdPass = pReturn
  Unload Me
End Function

Private Sub btnLogIn_Click()
  If isValidIdPass(Me.txtID.Value, Me.txtPass.Value) Then
    pReturn = True
    Me.Hide
    Exit Sub
  End If
  
  pWrongCount = pWrongCount + 1
  Select Case pWrongCount
    Case 1: MsgBox "IDまたはパスワードが違います。"
    Case 2: MsgBox "間違ってるよね。よく確認しましょう。"
    Case 3: MsgBox "「仏の顔も三度まで」という言葉を知ってますか。"
  End Select
  
  If pWrongCount >= 3 Then Me.Hide
End Sub

Private Function isValidIdPass(aID As String, aPass As String) As Boolean
  Dim ws As Worksheet: Set ws = Worksheets("ID")
  Dim i As Long
  
  On Error Resume Next
  i = WorksheetFunction.Match(aID, ws.Columns(1), 0)
  If i < 2 Then Exit Function
  If aPass <> ws.Cells(i, 2).Value Then Exit Function
  isValidIdPass = True
End Function


もちろん普通にフォームShowして、フォーム内でブックのCloseやQuitをやっても良いです。
このようにしておくと融通を利かせやすい場合もあるのでご紹介しました。
補足はありません。記事にはVBAコードを掲載してあります。


補足

補足はありません。


サイト内関連ページ

ユーザーフォーム入門
エクセル(Excel)マクロ(VBA)をやっていればユーザーフォームの存在を知り、そしてユーザーフォームを使いたくなります。使いたくなるというより、使った方が良い場合が出てきます。しかし、ユーザーフォームは少々とっつきにくく、使い始めて使いこなすには、各種コントロールの特性を理解し、イベントについても深い知識が必要になりす。
第9回.標準モジュールとフォーム間のデータ受け渡しⅠ
ユーザーフォーム入門として基礎から解説します。フォームが起動された時、起動したシートのアクティブセルの行数を知る方法について解説します。前回までに作成したVBA 標準モジュール フォームモジュール PrivateSubUserForm_Initialize() DimiAsLong WithWorksheets("顧客マスタ") i=…
第10回.標準モジュールとフォーム間のデータ受け渡しⅡ
ユーザーフォーム入門として基礎から解説します。1.シートのセルを使う 2.標準モジュールのグローバル変数を使う 3.標準モジュールからフォームのコントロールを操作する 4.Subプロシージャーの引数を使う 5.Functionプロシージャーの戻り値を使う。




同じテーマ「VBA100本ノック」の記事

72本目:ITをDXに変換(文字列操作)
73本目:新規ブックにボタン作成しマクロ登録
74本目:1シート複数表をDB形式に変換
75本目:ログインフォームの作成
76本目:ボタンの表示名の位置へ移動
77本目:シート挿入イベント
78本目:グラフのデータ範囲拡張
79本目:Wordにセル範囲を図として挿入
80本目:読み取り専用で保存できないブックにする
81本目:全フィルターの絞り込解除
82本目:ブックのドキュメントプロパティを取得


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBA100本ノック 93本目:複数ブックを連結して再分割|VBA練習問題(2月22日)
VBA100本ノック 92本目:セルの色を16進で返す関数|VBA練習問題(2月20日)
VBA100本ノック 91本目:時間計算(残業時間の月間合計)|VBA練習問題(2月19日)
VBA100本ノック 90本目:セルに重なっている画像の削除|VBA練習問題(2月17日)
VBA100本ノック 89本目:2つのフォルダの統合|VBA練習問題(2月16日)
VBA100本ノック 88本目:クロスABC分析作成|VBA練習問題(2月15日)
VBA100本ノック 87本目:数式のシート間の依存関係|VBA練習問題(2月13日)
VBA100本ノック 86本目:全シートの総当たり表を作成|VBA練習問題(2月12日)
VBA100本ノック 85本目:請求日から入金予定日を算出|VBA練習問題(2月10日)
VBA100本ノック 84本目:ブックの自動バックアップ|VBA練習問題(2月9日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
7.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ