VBA練習問題
VBA100本ノック 77本目:シート挿入イベント

VBAを100本の練習問題で鍛えます
最終更新日:2021-01-30

VBA100本ノック 77本目:シート挿入イベント


新規挿入されたシートを一番後ろに移動して名前を変更する問題です。


ツイッター連動企画です。
ツイートでの見やすさを考慮して、ブック・シート指定等を適宜省略しています。

VBAテスト用のサンプルデータはご自身でご用意ください。


出題

出題ツイートへのリンク

#VBA100本ノック 77本目
シートが挿入された場合、その新規シートに対して以下の処理を行う。
・ブック内の最終シート(一番後ろ)に移動する
・シート名は当日の「yyyymmdd」とする
・既に同一シート名が存在する場合は挿入したシートは削除
※常に一番後ろにシートが挿入され当日の名前になる。


頂いた回答

解説

シートの挿入はブックのNewSheetイベントです。
シートの存在確認をどうするかでVBAの書き方が大きく変わってきます。
2通りのやり方で書いてみました。
・新規シートの名前を変えて判断
・付けたい名前で既存シートを取得
英文字の場合は全角半角問題がでてくるので別途考慮が必要になります。

Private Sub Workbook_NewSheet(ByVal Sh As Object)
  Dim sYMD As String
  sYMD = Format(Date, "yyyymmdd")
  
  On Error Resume Next
  Sh.Name = sYMD
  If Err.Number = 0 Then
    Sh.Move after:=Sheets(Sheets.Count)
    Exit Sub
  End If
  
  Application.DisplayAlerts = False
  Sh.Delete
  Application.DisplayAlerts = True
  MsgBox "既に本日のシートは存在します。"
End Sub

Private Sub Workbook_NewSheet(ByVal Sh As Object)
  Dim sYMD As String
  sYMD = Format(Date, "yyyymmdd")
  
  On Error Resume Next
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = Sheets(sYMD)
  If Err.Number <> 0 Then
    Sh.Name = sYMD
    Sh.Move after:=Sheets(Sheets.Count)
    Exit Sub
  End If
  
  Application.DisplayAlerts = False
  Sh.Delete
  Application.DisplayAlerts = True
  MsgBox "既に本日のシートは存在します。"
End Sub

err.Numberの<> 0と= 0の判定を 入れ替えても構いません。
さらに、Elseを使って分岐しても良いです。
どちらが本来の処理かで書き分けたりしますが、今回の場合はどれでも同じようなものだと思います。
補足はありません。記事にはVBAを掲載しました。


補足

補足はありません。


サイト内関連ページ

第65回.シートの挿入、名前の変更(Add,Name)
VBAでシートを挿入(新規追加)したり、名前を変更する場合の解説です。シートを挿入すれば、大抵の場合はシート名も変更することになりますので、シート挿入→シート名変更、この一連のVBAをセットで覚えておきましょう。シートの挿入 VBAでシートを挿入するには、Sheets.Addメソッド、Worksheets.Addメソッドを使います。
第66回.シートのコピー・移動・削除Copy,Move,Delete)
シートをコピーや移動をしたり、また削除する場合の説明です、VBAでは、雛形シートをコピーして使ったり、不要なシートを削除することは頻繁にあります。シートのコピー・移動には、Worksheet.Copyメソッド、Worksheet.Moveメソッド これら、WorkSheetオブジェクトのメソッドを使用します。
第124回.Workbookのイベントプロシージャー
Workbookのイベントプロシージャーは、ブックに対し特定の操作(これがイベント)が行われた時に実行されます。イベントは、手動でもVBAでも、どちらで操作が行われても発生します。Workbookのイベントは多数用意されています。
第125回.Worksheetのイベントプロシージャー
Worksheetのイベントプロシージャーは、ワークシートまたはそのセルに対し特定の操作(これがイベント)が行われた時に実行されます。イベントは、手動でもVBAでも、どちらで操作が行われても発生します。Worksheetのイベントプロシージャーの一覧紹介と主要なイベントについて解説します。
新規挿入可能なシート名の判定|VBA技術解説
VBAで、シートの存在確認およびシートとして使える文字列かどうかの判定は、厳密に行おうとするとかなり大変になってきます。この件についてTwitterでやり取りがあり、それらを踏まえた上でのVBAコードを参考として公開しておきます。その時のツイートでのやり取りは、こちら シート名として使える文字列か判定 シート名の制限として、




同じテーマ「VBA100本ノック」の記事

72本目:ITをDXに変換(文字列操作)
73本目:新規ブックにボタン作成しマクロ登録
74本目:1シート複数表をDB形式に変換
75本目:ログインフォームの作成
76本目:ボタンの表示名の位置へ移動
77本目:シート挿入イベント
78本目:グラフのデータ範囲拡張
79本目:Wordにセル範囲を図として挿入
魔球編:組み合わせ問題
魔球編:閉領域の塗り潰し
迷宮編:巡回セル問題


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBA100本ノック 79本目:Wordにセル範囲を図として挿入|VBA練習問題(2月1日)
VBA100本ノック 78本目:グラフのデータ範囲拡張|VBA練習問題(1月30日)
VBA100本ノック 77本目:シート挿入イベント|VBA練習問題(1月29日)
VBA100本ノック 76本目:ボタンの表示名の位置へ移動|VBA練習問題(1月27日)
VBA100本ノック 75本目:ログインフォームの作成|VBA練習問題(1月26日)
VBA100本ノック 74本目:1シート複数表をDB形式に変換|VBA練習問題(1月25日)
VBA100本ノック 73本目:新規ブックにボタン作成しマクロ登録|VBA練習問題(1月23日)
VBA100本ノック 72本目:ITをDXに変換(文字列操作)|VBA練習問題(1月22日)
VBA100本ノック 71本目:パワーポイントへグラフを貼り付け|VBA練習問題(1月20日)
VBA100本ノック 70本目:ステータスバーに1秒ごとに時刻が表示|VBA練習問題(1月19日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
7.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ