エクセル入門
表示形式.言語設定

Excelの初心者向け入門解説
最終更新日:2020-05-10

表示形式.言語設定


日付の表示形式をユーザー定義で作成しようとした時、ちょっと不思議な設定を見かけることがあります。
ja-JPといった、言語設定を見かけたことはあるでしょうか。


「セルの書式設定」→「表示形式」

「表示形式」の「日付」
右側の「カレンダー」で、「和暦」を選択します。

エクセル Excel 表示形式 言語設定

そして、「ユーザー定義」を選択します。

エクセル Excel 言語設定 表示形式


[$-ja-JP]ge.m.d;@
この、[$-ja-JP]の部分について解説します。

Officeの言語コード

ja-JPの部分は、言語コードになります。
言語コードは、言語と地域から成り立っています。
言語-地域

となっています。

日本語はja、日本はjp、
ja-jp
これにはID(数値)が割り振られています。
411
つまり、
[$-ja-jp]
[$-411]

これらは同じ指定になります。

英語-アメリカ
[$-ja-jp]
[$-411]


ID(数値)は16進で指定します。
これらの一覧は以下を参照してください。
IDの数値ですと分からないので、言語コードを使った方が良いでしょう。
でもでも、日本語使っているの日本だけじゃないのか・・・
その通りです。
従って、jaだけでも良く、jpだけでも結果は同じです。

曜日表示の"aaa","aaaa"について

A1セルに今日の日付が入っているとして、TEXT関数で曜日を出してみましょう。
数値(日付・時刻を含む)を、特別な書式文字列を使用して表示書式を指文字列し、文字列に変換します。この関数は、数値を読みやすい書式で表示したり、数値を文字列や記号と結合する場合に便利です。TEXT関数を使用すると、数値が文字列に変換されるため、結果を数値として計算できなくなります。
=TEXT(A1,"dddd")
これは、
Friday」と表示されます。
では、これに言語設定をしてみましょう。

英語以外の外国語、、、良く知らないのでw、フランスにしてみましょう。
=TEXT(A1,"[$-fr]dddd")
これは、
vendredi」と表示されます。
えーと、あってるのか、、、わからんw、多分合ってるはずw

日本語にするなら、
=TEXT(A1,"[$-ja]dddd")
この「ja」は、「jp」でも「ja-jp」でもどれでも良いです。
金曜日」と表示されます。

しかし、「金曜日」と表示するなら、
=TEXT(A1,"aaaa")
これで良いですよね。
そうなると、"aaa"や"aaaa"って何なのかという事ですが、
Officeの言語設定を使った曜日表示という事です。
標準の"ddd"や"dddd"は英語ですね。

ただし、Officeの言語設定は色々な設定が可能です。

エクセル Excel 言語設定 表示形式

意図した言語にならない場合もでてきます。
そんな時には、
"[$-ja]dddd"
このように言語コードを指定してみてください。

曜日表示での使用例

ユーザー定義 実際の表示
yyyy/mm/dd(aaa) 2020/05/01(金)
yyyy/mm/dd(aaaa) 2020/05/01(金曜日)
[$-en]yyyy/mm/dd(aaaa) 2020/05/01(Friday)
yyyy/mm/dd(ddd) 2020/05/01(Fri)
yyyy/mm/dd(dddd) 2020/05/01(Friday)
[$-ja]yyyy/mm/dd(dddd) 2020/05/01(金曜日)
[$-fr]yyyy/mm/dd(dddd) 2020/05/01(vendredi)
[$-de]yyyy/mm/dd(dddd) 2020/05/01(Freitag)

frはフランスです。
deはドイツです。



同じテーマ「エクセル入門」の記事

表示形式.固定文字を表示する
表示形式.日付の表示形式
表示形式.24時間以上の時間表示
表示形式.言語設定
セルの書式設定.折り返して全体を表示
セルの書式設定.縮小して全体を表示
セルの書式設定.選択範囲内で中央
セルの書式設定.均等割り付け
基本操作.条件付き書式
入力規則.整数・小数点数
入力規則.リスト


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

多階層フォルダ(ディレクトリ)の作成|VBAサンプル集(7月31日)
VBAのインデントについて|VBA技術解説(7月16日)
「VBA Match関数の限界」についての誤解|エクセル雑感(7月15日)
省略可能なVariant引数の参照不可をラップ関数で利用|VBA技術解説(7月12日)
100桁の正の整数値の足し算|エクセル雑感(7月9日)
LSetとユーザー定義型のコピー(100桁の足し算)|VBA技術解説(7月9日)
Variant仮引数のByRefとByValの挙動違い|エクセル雑感(7月5日)
Variant仮引数にRange.Valueを配列で渡す方法|エクセル雑感(7月5日)
Variantの数値型と文字列型の比較|エクセル雑感(7月1日)
VBAのVariant型について|VBA技術解説(6月30日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
7.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ