エクセル関数応用
セルの個数を数える関数

Excel関数の解説、関数サンプルと高等テクニック
最終更新日:2013-06-09

セルの個数を数える関数


セルの個数を数える関数を解説します


COUNT関数
COUNTA関数
COUNTBLANK関数
COUNTIF関数

になります。

以下の表で説明します。

Excel VBA 解説


COUNT関数
これは、数値のみカウントします。
セルの書式や、先頭に「'」等があっても数値ならカウントされます。

COUNTA関数
空白ではないセルの個数をカウントします。
空白に見えても、数式が入っている場合はカウントされます。

COUNTBLANK関数
空白セルの個数をカウントします。
COUNT関数の反対機能なのですが、
なぜか、数式が入っていても、空白ならカウントされます。

COUNTIF関数
条件に一致するセルの個数をカウントします。
数値の場合は、
">0"、">=0"のように、比較演算子を含めることが出来ます。
さらに、
ワイルドカード(「*」や「?」)が使えます。


ワイルドカードについて

? (疑問符)
任意の 1 文字
"a?"なら、"a1"、"ab"等、"a"の後ろに1文字のみの場合に対象となります。

* (アスタリスク)
"a*"なら、"a1"、"abc"等、"a"の後ろに何文字あっても対象となります。



同じテーマ「エクセル関数応用」の記事

徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)

・解説に使うシート ・VLOOKUP関数 ・INDEX関数とMATCH関数の組み合わせ ・OFFSET関数とMATCH関数の組み合わせ ・VLOOKUPを他の関数でやる方法 ・徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)の最後に
セルの参照範囲を可変にする(OFFSET,COUNTA,MATCH)
・説明で使用するエクセル表 ・OFFSET関数 ・MATCH関数 ・COUNTA関数 ・セルの参照範囲を可変にする数式の解説 ・全合計(E3)の数式 ・開始日(E4)と終了日(E5)に名前定義とリストを設定 ・期間合計(E5)の数式 ・短く易しい数式で
グラフのデータ範囲を可変にする
データの範囲に合わせて、自動的にグラフのデータ範囲が変更されるようにします。グラフのデータ個数が増えるたびに、「データの選択」(2003は元データ)を変更するのは、いかにも面倒です。できれば、マクロでやりたいところですが、マクロはちょっという人用に解説します。
セルの個数を数える関数
【奥義】大量データでの高速VLOOKUP
・高速VLOOKUPに使用するサンプルデータ ・高速VLOOKUPの数式 ・高速VLOOKUPの数式解説 ・高速VLOOKUPの補足
数値を時刻に変換
・数値を時刻に変換:方法1 ・数値を時刻に変換:方法2 ・数値を時刻に変換:方法3 ・数値を時刻に変換の注意点
関数のネスト方法
関数のネスト(入れ子)をする場合の、考え方と作成方法です。IF関数のネスト作成方法 A列の数値によって、B列に"A"から"E"の評価を入れます。・80以上はA ・60以上はB ・40以上はC ・20以上はD ・20未満はE この場合は、まず、=IF(A1>=80,
ワイルドカードが使える関数
・ワイルドカードについて ・データベース関数を除くExcel2003までの関数 ・データベース関数を除くExcel2007以降 ・2020年3月現在のOffice365 ・ワイルドカードの使用例
グラフで特定の横軸の色を変更し基準線を引く
特定の横軸のみ色を変更する、つまり、基準値や下限・上限等に線を引く場合の手順です 基準値や、下限・上限等に線を引きたい場合になります。結構面倒なので、いざやろうとすると、なかなか出来なかったりしますので、自分自身の覚書を兼ねて掲載しておきます。
OFFSET関数 解説・応用・使用例
OFFSET関数は、検索ワードで最頻出のひとつです。他の関数とは、かなり異質に感じるのかもしれません。機能 基準のセルまたはセル範囲から指定された行数と列数だけシフトした位置にある高さと幅のセル範囲の参照を返します。
MATCH関数 解説・応用・使用例
MATCH関数は、検索ワードで最頻出のひとつです。非常に便利な関数です。少し込み入った事を関数でやろうとした時は、必ず必要になる関数です 機能 セルの範囲内で指定された項目を検索し、その項目の相対的な位置を返します。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

文字列のプロパティ名でオブジェクトを操作する方法|VBA技術解説(2022-12-14)
数字(1~50)を丸付き数字に変換するVBA|VBA技術解説(2022-11-15)
TEXTAFTER関数(テキストの指定文字列より後ろの部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTBEFORE関数(テキストの指定文字列より前の部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTSPLIT関数(列と行の区切り記号で文字列を分割)|エクセル入門(2022-11-12)
LAMBDA以降の新関数はVBAで使えるか|VBA技術解説(2022-11-11)
WRAPCOLS関数(1次元配列を指定数の列で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
WRAPROWS関数(1次元配列を指定数の行で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
EXPAND関数(配列を指定された行と列に拡張する)|エクセル入門(2022-11-07)
TAKE関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を取得)|エクセル入門(2022-11-06)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
9.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
10.繰り返し処理(Do Loop)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ