エクセル関数超技 | 関数のネスト方法 | Excel関数の解説、関数サンプルと高等テクニック



最終更新日:2013-02-18

関数のネスト方法


関数のネスト(入れ子)をする場合の、考え方です。


IF関数で説明します。



・80以上はA

・60以上はB

・40以上はC

・20以上はD

・20未満はE


A1セルに値が入っているとして、


この場合は、まず、


=IF(A1>=80,"A","")


これで、まずは確認。


OKなら、


数式バーにて、=の後ろを選択し、Ctrl+Cでクリップボードにコピー


クリップボードには、IF(A1>=80,"A","")


続いて、数式バーにて、


=IF(A1>=80,"A","")""の部分を選択し、Ctrl+V


これで、


=IF(A1>=80,"A",IF(A1>=80,"A",""))


これが完成します。


さらに続けて、""の部分を選択し、Ctrl+V


さらに、もう1回。


出来上がりは、


=IF(A1>=80,"A",IF(A1>=80,"A",IF(A1>=80,"A",IF(A1>=80,"A",""))))


これを修正して、


=IF(A1>=80,"A",IF(A1>=60,"B",IF(A1>=40,"C",IF(A1>=20,"D","E"))))


これで完成。


当たり前なのですが、これが関数をネストする場合の基本操作です。






同じテーマ「エクセル関数超技」の記事

セルの個数を数える関数
【奥義】大量データでの高速VLOOKUP
数値を時刻に変換
ワイルドカードが使える関数
グラフで特定の横軸の色を変更する
OFFSET関数 解説・応用・使用例
MATCH関数 解説・応用・使用例
選択行の色を変える(条件付き書式,Worksheet_SelectionChange)
他ブックを参照できる関数、他ブックを参照できない関数
時間計算で困ったときの確実な対処方法

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

VBAを定型文で覚えよう|ExcelマクロVBA技術解説(3月26日)
VBAスタンダード試験対策まとめ|MOS VBAエキスパート対策(3月16日)
ユーザーフォームとメニューの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ファイルの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ユーザーフォームの各種イベント|Excelユーザーフォーム(3月13日)
レジストリの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)
変数と配列|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)
Colorプロパティの設定値一覧|VBA技術解説(3月12日)
APIとOLEオートメーション|MOS VBAエキスパート対策(3月11日)
エラーへの対処|MOS VBAエキスパート対策(3月10日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
9.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。





このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

本文下部へ

↑ PAGE TOP