エクセル関数応用
選択行の色を変える(条件付き書式,Worksheet_SelectionChange)

Excel関数の解説、関数サンプルと高等テクニック
公開日:2013-09-07 最終更新日:2013-09-07

選択行の色を変える(条件付き書式,Worksheet_SelectionChange)


クリックまたはカーソルキーで選択セルを移動した場合に、


当該行の色を変更して目立たせたせる方法で、

条件付き書式と、シートのイベントであるWorksheet_SelectionChangeを使用します。

Worksheet_SelectionChangeイベントのみでやろうとすると、

直前の選択行の色を元に戻す必要がある為、

未選択行の色を戻す必要があり、事前にセルに色を付けたりできなくなってしまいます。

そこで、条件付き書式と、Worksheet_SelectionChangeイベントを組み合わせる事で、

自動的に元の色にもどるようにすることが出来ます。


条件付き書式

設定したいシートの設定したい範囲を選んで、


Excel2007以降

「ホーム」→「条件付き書式」→「新しいルール」→「数式を利用して、書式設定するセルを決定」

数式欄に、

=CELL("row")=ROW()

エクセル Excel サンプル画像

Excel2003

「書式」→「条件付き書式」→「数式が」

数式欄に、

=CELL("row")=ROW()

エクセル Excel サンプル画像


これだけですと、シートの再計算が行われると、


選択行の色が変更されるのが確認できるはずです。

再計算させるには、F9 または 適当なセルでDeleteキー押下で再計算されます。

そこで、選択セルが変更されたら、再計算されるようにすれば良い事になります。


Worksheet_SelectionChangeイベント

Visual Basic Editor(Alt+F11)を開いきます。

設定するシートを、ブロジェクトウインドウ(通常は左上のウインドウ)を、

ダブルクリック または 右クリックでコード表示

エクセル Excel サンプル画像

ここに、

Private Sub Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)
  Application.ScreenUpdating = True
End Sub


これで、選択行の色が変わるようになったはずです。


ここでは、
Application.ScreenUpdating = True

これは、実際は何でも良く、再計算がされさえすれば良いのです。

なので、

Application.Calculation = xlCalculationAutomatic

これでも、なんら問題はありません。

まあ、一番影響のなさそうなものが、ScreenUpdatingかなーと言うだけです。

設定自体は、さほど難しいものではありませんので、

マクロ等が分からない方でも使えると思います。

個人的な意見としては、標準機能が合っても良いとは思いますね。

アクティブなセルの、列見出し・行見出しは色が変わりますので、

これを拡張してくれれば良いのではと思っています。

もっとも、Excel95までは、列見出し・行見出しの色も変わらなかったと記憶しています。



同じテーマ「エクセル関数応用」の記事

グラフで特定の横軸の色を変更し基準線を引く

特定の横軸のみ色を変更する、つまり、基準値や下限・上限等に線を引く場合の手順です 基準値や、下限・上限等に線を引きたい場合になります。結構面倒なので、いざやろうとすると、なかなか出来なかったりしますので、自分自身の覚書を兼ねて掲載しておきます。
OFFSET関数 解説・応用・使用例
OFFSET関数は、検索ワードで最頻出のひとつです。他の関数とは、かなり異質に感じるのかもしれません。機能 基準のセルまたはセル範囲から指定された行数と列数だけシフトした位置にある高さと幅のセル範囲の参照を返します。
MATCH関数 解説・応用・使用例
MATCH関数は、検索ワードで最頻出のひとつです。非常に便利な関数です。少し込み入った事を関数でやろうとした時は、必ず必要になる関数です 機能 セルの範囲内で指定された項目を検索し、その項目の相対的な位置を返します。
選択行の色を変える(条件付き書式,Worksheet_SelectionChange)
他ブックを参照できる関数、他ブックを参照できない関数
・他ブックを参照できる関数、他ブックを参照できない関数 ・SUMPRODUCT関数:後日追記 ・他ブックを参照できる関数、他ブックを参照できない関数のまとめ ・テーブル構造化参照では他ブックは取得できません ・他ブックを参照する最も簡単な方法 ・配列数式を使って、他ブックを参照する ・他ブックを参照することについて
時間計算で困ったときの確実な対処方法
・日付・時刻のシリアル値とは ・Excelにおける小数の問題 ・どんな時に問題が発生するか ・確実な時間計算方法 ・TIME関数の制限について ・単純化した結論
VLOOKUP 左側の列を取得(MATCH,INDEX,OFFSET)
・VLOOKUP関数 ・キー列より左側の列を取得したい ・MATCH関数 ・INDEX関数 ・OFFSET関数 ・MATCH関数とINDEX関数を使う ・MATCH関数とOFFSET関数を使う ・キー列より左側の列を取得のまとめ ・配列を使いVLOOKUPでキー列より左側の列を取得
SUMIF関数の良くある間違い
エクセルの関数の中で最も頻繁に使われる関数と言っても過言ではないSUMIF関数ですが、間違った指定をして、合計が合わずに悩み続けて時間を浪費してしまうことあります、そういう間違いで最も多いのが、範囲と合計範囲の指定間違いです。まずは、SUMIF関数の確認 SUMIF関数 範囲の中で、指定した条件を満たすセルの値を合…
論理式とは条件式とは(IF関数,AND関数,OR関数)
エクセルを使いこなす上で論理式はとても重要です、そもそも論理式とは何か、どうして論理式というのか、論理式の作り方、論理式の使い方について解説します。そもそも論理式という言い方が分かりずらいと思う。なぜエクセルでは論理式というのか… Microsoftのヘルプによると、IF関数 構文:IF(logical_test,
先頭の数値、最後の数値を取り出す
数値と文字が混在した文字列から、数値だけを取り出します、先頭の数値や、最後の数値だけを取り出す方法です。A1セルに 1234abcd5678 このA1セルから、1234や5678を取り出します。先頭の数値…1234 =LOOKUP(10^17,LEFT(A1,COLUMN($1:$1))*1) COLUMN($1:…
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す
いくつかのスペースやハイフンで区切られた文字列から、最後のスペースやハイフン以降の文字列を取り出します。A1セルに、abcdefghi や abc-def-ghi これらの文字列から、ghiを取り出します。以下では、見やすいように区切り文字は"-"で説明します。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

エクセルが起動しない、Excelが立ち上がらない|エクセル雑感(2024-04-11)
ブール型(Boolean)のis変数・フラグについて|VBA技術解説(2024-04-05)
テキストの内容によって図形を削除する|VBA技術解説(2024-04-02)
ExcelマクロVBA入門目次|エクセルの神髄(2024-03-20)
VBA10大躓きポイント(初心者が躓きやすいポイント)|VBA技術解説(2024-03-05)
テンキーのスクリーンキーボード作成|ユーザーフォーム入門(2024-02-26)
無効な前方参照か、コンパイルされていない種類への参照です。|エクセル雑感(2024-02-17)
初級脱出10問パック|VBA練習問題(2024-01-24)
累計を求める数式あれこれ|エクセル関数応用(2024-01-22)
複数の文字列を検索して置換するSUBSTITUTE|エクセル入門(2024-01-03)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
5.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
6.RangeとCellsの使い方|VBA入門
7.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)|VBA入門
8.セルのクリア(Clear,ClearContents)|VBA入門
9.並べ替え(Sort)|VBA入門
10.メッセージボックス(MsgBox関数)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。


このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ