エクセル関数超技
グラフで特定の横軸の色を変更する

Excel関数の解説、関数サンプルと高等テクニック
最終更新日:2013-09-03

グラフで特定の横軸の色を変更する


特定の横軸のみ色を変更する場合です。


基準値や、下限・上限等に線を引きたい場合になります。


結構面倒なので、いざやろうとすると、なかなか出来なかったりしますので、

自分自身の覚書を兼ねて掲載しておきます。


具体的に、以下の10の位置の赤線を追加する方法です。

Excelサンプル画像

以下、説明はExcel2010の画面になりますが、2003でも、同様の考え方で可能です。


a、bの2系列の縦棒グラフは作ってあるとして


・系列を追加

「データの選択」→系列の「追加」

Excelサンプル画像

系列名は、任意の文字を入れます。

系列値は、線を引く値を配列で指定します。
2個以上の値が有ればよく、2個でも3個でも問題ありません。

Excelサンプル画像


・追加系列を折れ線グラフに

続けて、追加した系列「規準」を折れ線グラフに変更します。

Excelサンプル画像


・追加系列を第2軸に

系列「規準」を第2軸に変更します。

Excelサンプル画像


・第2軸縦の書式変更

第2軸縦(値)軸の書式設定をします

Excelサンプル画像

最小値・最大値を第1軸の最小値・最大値に合わせます。

そして、軸ラベルを「なし」に設定します。


・第2軸横を追加

Excelサンプル画像

Excelサンプル画像

「軸ラベル」を「なし」

「軸位置」を「目盛」


これで完成

Excelサンプル画像


と思ったら、線の色の変更を忘れてました。


これは大丈夫ですね、好きな色に変更して下さい。




同じテーマ「エクセル関数超技」の記事

数値を時刻に変換
関数のネスト方法
ワイルドカードが使える関数
グラフで特定の横軸の色を変更する
OFFSET関数 解説・応用・使用例
MATCH関数 解説・応用・使用例
選択行の色を変える(条件付き書式,Worksheet_SelectionChange)
他ブックを参照できる関数、他ブックを参照できない関数
時間計算で困ったときの確実な対処方法
VLOOKUP 左側の列を取得(MATCH,INDEX,OFFSET)
SUMIF関数の良くある間違い

新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

クラスとCallByNameとポリモーフィズム(多態性)|VBA技術解説(4月6日)
VBAでのタイマー処理(SetTimer,OnTime)|VBA技術解説(4月3日)
クラスとイベントとマルチプロセス並列処理|VBA技術解説(4月2日)
エクセルの日付と時刻のまとめ|エクセル関数超技(3月6日)
Excelシートの複雑な計算式を解析するVBA|VBAサンプル集(2月18日)
VBAクラスの作り方:独自Rangeっぽいものを作ってみた|VBA技術解説(2月16日)
VBAクラスの作り方:列名のプロパティを自動作成する|VBA技術解説(2月14日)
VBAクラスの作り方:列名の入力支援と列移動対応|VBA技術解説(2月11日)
クラスを使って他ブックのイベントを補足する|VBA技術解説(2月6日)
Excelアドインの作成と登録について|VBA技術解説(2月3日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
2.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
6.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
9.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • グラフで特定の横軸の色を変更する

    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。






    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ