エクセル関数超技
SUMIF関数の良くある間違い

Excel関数の解説、関数サンプルと高等テクニック
最終更新日:2015-05-30

SUMIF関数の良くある間違い


エクセルの関数の中で最も頻繁に使われる関数と言っても過言ではないSUMIF関数ですが、
間違った指定をして、合計が合わずに悩み続けて時間を浪費してしまうことあります、
そういう間違いで最も多いのが、範囲と合計範囲の指定間違いです。


まずは、SUMIF関数の確認

SUMIF関数

範囲の中で、指定した条件を満たすセルの値を合計します。

または、
範囲の中で、指定した条件を満たすセルに対応する合計範囲のセルの値を合計します。

書式
SUMIF(範囲,検索条件[,合計範囲])
※[]で囲まれている部分は省略可能です。
合計範囲を省略した場合は、範囲のセルが合計されます。

範囲
条件によって評価するセル範囲を指定します。

検索条件
計算の対象となるセルを定義する条件を、数値、式、セル範囲、文字列、または関数で指定します。
※文字列条件、または論理記号や数学記号を含む条件は、二重引用符 (")
で囲む必要があります。条件が数値の場合、二重引用符は不要です。
※ワイルドカードが使用できます。

合計範囲
範囲で指定したセル以外のセルを加算する場合は、加算する実際のセルを指定します。
合計範囲を省略すると、範囲で指定したセル(条件が適用されるセル)が加算されます。


では、本題です。
「範囲と合計範囲の指定間違い」とは、どのような状態かということですが、
以下の表で説明します。


エクセルSUMIFサンプル画像

この表で、以下のような指定をした場合に、どのような動作になるかということです。

数式

=SUMIF(A2:B11,"a6",D2:D11)

ここでは、わかり易く検索値を固定で指定しています。

つまり、本来はA列"a6"を探して、対応するD列の値を合計したいのですが、
間違って、検索する範囲をA2:B11してしまった場合です。

ぱっと見では、なかなか気が付きません。
なおかつ、"a6"なら間違いに気が付くのですが、"a1"とか"a2"ですと、正しく合計値が求められてしまいます。

つまり、
=SUMIF(A2:B11,"a1",D2:D11)
なら1
=SUMIF(A2:B11,"a2",D2:D11)
なら2
と正しい答えになります。
そして、
=SUMIF(A2:B11,"a6",D2:D11)
この場合は、17
になります。
ここに至って、Excel壊れたー・・・と叫ぶことになります(笑)

この場合の動作は、以下のようになっています。
=SUMIF(A2:B11,"a6",D2:E11)
これと同じ結果となっています。

SUMIF関数は、複数列の範囲と合計範囲を指定することが出来ます。
もちろん、行位置・列位置の相対位置が同一のものを合計します。
ですので、
=SUMIF(A2:B11,"a6",D2:D11)
この結果は、
"a6"がある、A7B2に対応する合計範囲、D7E2の合計となり17となります。

関数は一度入れてしまえば、なかなか見直すことがありません。
最初に数式を入れるときに、良く指定範囲を確認しましょう。




同じテーマ「エクセル関数超技」の記事

選択行の色を変える(条件付き書式,Worksheet_SelectionChange)
他ブックを参照できる関数、他ブックを参照できない関数
時間計算で困ったときの確実な対処方法
VLOOKUP 左側の列を取得(MATCH,INDEX,OFFSET)
SUMIF関数の良くある間違い
論理式とは条件式とは(IF関数,AND関数,OR関数)
先頭の数値、最後の数値を取り出す
最後の空白(や指定文字)以降の文字を取り出す
SUMIFの間違いによるパフォーマンスの低下について
数値範囲で表検索するVLOOKUP近似一致
エクセルの日付と時刻のまとめ

新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Excelワークシート関数一覧(2010以降)|VBAリファレンス(4月22日)
クラスとCallByNameとポリモーフィズム(多態性)|VBA技術解説(4月6日)
VBAでのタイマー処理(SetTimer,OnTime)|VBA技術解説(4月3日)
クラスとイベントとマルチプロセス並列処理|VBA技術解説(4月2日)
エクセルの日付と時刻のまとめ|エクセル関数超技(3月6日)
Excelシートの複雑な計算式を解析するVBA|VBAサンプル集(2月18日)
VBAクラスの作り方:独自Rangeっぽいものを作ってみた|VBA技術解説(2月16日)
VBAクラスの作り方:列名のプロパティを自動作成する|VBA技術解説(2月14日)
VBAクラスの作り方:列名の入力支援と列移動対応|VBA技術解説(2月11日)
クラスを使って他ブックのイベントを補足する|VBA技術解説(2月6日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
2.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
6.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
9.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • SUMIF関数の良くある間違い

    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。






    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ