エクセル入門
SUMIF関数(検索条件に一致するセルの合計)

Excelの初心者向け入門解説
最終更新日:2019-08-19

数式.SUMIF関数(検索条件に一致するセルの合計)


エクセル入門 > 数式 > SUMIF関数(検索条件に一致するセルの合計)


範囲の中で、指定した条件を満たすセルの値を合計します。
または、
範囲の中で、指定した条件を満たすセルに対応する合計範囲のセルの値を合計します。

書式

SUMIF(範囲,検索条件[,合計範囲])

※[ ]で囲まれている部分は省略可能です。
合計範囲を省略した場合は、範囲のセルが合計されます。


範囲

条件によって評価するセル範囲を指定します。


検索条件

計算の対象となるセルを定義する条件を、数値、式、セル範囲、文字列、または関数で指定します。
文字列条件、または論理記号や数学記号を含む条件は、二重引用符 (") で囲む必要があります。

条件が数値の場合、二重引用符は不要です。
※ワイルドカードが使用できます。後述します。


合計範囲

範囲で指定したセル以外のセルを加算する場合は、加算する実際のセルを指定します。
合計範囲を省略すると、範囲で指定したセル(条件が適用されるセル)が加算されます。


使用例

A B
1 りんご 160
2 みかん 120
3 なし 170
4 かき 110
5 りんご 180
6 みかん 130
7 みかん 150
8 なし 190
9 かき 100
10 りんご 140

=SUMIF(A:A,"みかん",B:B)
A列が"みかん"に対応するB列の、B2,B6,B7を合計し400になります。

範囲を限定して
=SUMIF(A1:A10,"みかん",B1:B10)
これでも結果は同じですが、データの増減を考慮して、列で指定した方が良いでしょう。

=SUMIF(B:B,">=160")

B列が160以上である、B1,B3,B5,B8を合計し700になります。
二重引用符 (") が必要です。

160の数値の代わりにセル値(C1セル)を使用する場合は、
=SUMIF(B:B,">="&C1)
とします。

よくある間違いとして、
=SUMIF(B:B,">=C1")
このようにしてしまう事がありますが、
これでは">=C1"という文字列を指定した事になってしまいます。


ワイルドカード

検索条件には、半角の疑問符(?)または半角のアスタリスク(*)をワイルドカード文字として使用できます。
疑問符(?)は任意の1文字を表し、
アスタリスク(*)は任意の文字列(0個または1個以上の文字)を表します。
ワイルドカード文字ではなく、通常の文字として疑問符やアスタリスクを検索する場合は、その文字の前に、"~*" のように半角のチルダ (~) を付けます。

=SUMIF(A:A,"*ん*",B:B)
A列で"ん"の文字を含む、A1,A2,A5,A6,A7,A10に対応する、
B1,B2,B5,B6,B7,B10の合計し880になります。
"*ん*"と指定すると(○は何らかの文字を表すとして)
○ん○
ん○○
○○ん
のいずれでも対応します。

もし最期が"ん"で終わる場合のみを対象とする場合は、
"*ん"
と指定します、上表の場合は"みかん"のみ対象となります。


応用例

SUMIF関数の良くある間違い
エクセルの関数の中で最も頻繁に使われる関数と言っても過言ではないSUMIF関数ですが間違った指定をして合計が合わずに悩み続けて時間を浪費してしまうことありますそういう間違いで最も多いのが範囲と合計範囲の指定間違いです。まずはSUMIF関数の確認 SUMIF関数 範囲の中で指定した条件を満たすセルの値を合計します。
複数条件の合計・件数
複数条件の合計複数条件の件数を求める関数式です。以下の表で説明します。複数条件の合計 「みかん」の「M」の合計売上は まず2007以降ならSUMIFSが使えますので問題はないと思います。=SUMIFS(C2:C10,A2:A10,_みかん_,B2:B10,_M_) SUMIFS(合計範囲,
ワイルドカードが使える関数
SUMIF COUNTIF SEARCH MATCH HLOOKUP VLOOKUP データベース関数を除く、2003までの関数です。2007以降なら、SUMIFS COUNTIFS AVERAGEIF AVERAGEIFS これらでも使えます。
数式.SUMIFS関数、COUNTIFS関数.AVERAGEIFS関数(複数条件)
SUMIFS関数は、SUMIF関数の条件が複数指定できるようになったものです。COUNTIFS関数は、COUNTIF関数の条件が複数指定できるようになったものです。範囲の中で、指定した条件を満たすセルの個数を数えます。


ワークシート関数一覧

Excelワークシート関数の一覧と解説です詳細解説ページへのリンクもあります。Excel2007までの関数です。2010以降追加の関数一覧 ワークシート関数の一覧(2010以降) 引数関数構文については Excelシートの複雑な計算式を解析するVBAの関数構文 文字列関数…27 日付と時刻の関数…21 情報関数…17 論理関数…7 検索/行列関数…18 …



同じテーマ「エクセル入門」の記事

SUM関数(引数を合計)
IF関数(条件を満たしているかどうかを判定)
関数のネスト
SUMIF関数(検索条件に一致するセルの合計)
COUNT関数(セル値が数値の個数)
COUNTA関数(空白以外のセルの個数)
COUNTIF関数(検索条件に一致するセルの個数)
VLOOKUP関数(範囲の左端列で値検索し対応セル値)
HLOOKUP関数(範囲の上端行で値検索し対応セル値)
AND関数(すべての引数がTRUEのときにTRUE)
OR関数(いずれかの引数がTRUEのときにTRUE)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Byte配列と文字コード関数について|VBA技術解説(8月20日)
PowerQueryの強力な機能をVBAから利用する方法|VBA技術解説(8月4日)
練習問題31(セル結合を解除して値を埋める)|VBA練習問題(7月30日)
練習問題30(マトリックス→リスト形式)|VBA練習問題(7月25日)
Applicationを省略できるApplicationのメソッド・プロパティ一覧|VBA技術解説(7月22日)
コレクション(Collection)の並べ替え(Sort)に対応するクラス|VBA技術解説(7月20日)
CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
10.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • SUMIF関数(検索条件に一致するセルの合計)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ