エクセル雑感
エクセルで「もういくつ寝るとお正月」

ExcelマクロVBAとエクセル関数についての私的雑感
公開日:2020-01-29 最終更新日:2020-01-31

エクセルで「もういくつ寝るとお正月」


今日は2020年1月31日です。
早いもので1月が終わろうとしています。
つまり、2020年も12分の1がすでに終わろうとしています。


この調子では、あっという間に今年(2020年)も終わってしまいそうです。
今年はあと何日残されているのだろう。
もういくつねると2021年のお正月になるのだろう。

ということで、エクセルで「もういくつ寝るとお正月」になるのか計算してみたいと思います。

「いくつ寝る」かの定義

・毎日必ず寝る
・1日1回しか寝ない
・深夜0時前に寝る

使用するエクセル関数

DATE関数
引数の年,月,日を日付を表すシリアル値に変換します。セルにDATE関数を入力すると、セルの表示形式は自動的に日付形式に設定されます。DATE関数の書式 DATE(年,月,日) 年 1~4桁で年を指定します。

YEAR関数
日付に対応する年を返します。引数に指定した日付の西暦年を、1900(年)~9999(年)の範囲の整数で返します。YEAR関数の書式 YEAR(シリアル値) シリアル値 日付の入っているセル参照または、DATE関数等を指定します。

TODAY関数
現在の日付に対応する値を返します。セルにTODAY関数を入力すると、セルの表示形式は自動的に日付形式に設定されます。TODAY関数の書式 TODAY() ※引数はありません。TODAY関数は、エクセルで再計算が行われない限り、関数を入力した日付のままになります。

対応するVBA関数
DateSerial関数
DateSerial関数は、引数に指定した年、月、日に対応する日付を返す関数です、バリアント型(内部処理形式DateのVariant)の値を返します。DateSerial関数 DateSerial(year,month,day) year 必ず指定します。
Year関数
Year関数は、日付から年の値を返します、バリアント型(内部処理形式IntegerのVariant)の値を返します。Year関数 Year(date) date 必ず指定します。日付を表すバリアント型(Variant)の値、数式、文字列式、またはこれらを組み合わせた値を指定します。
Date関数
Date関数は、現在のシステムの日付を返します、バリアント型(内部処理形式DateのVariant)の値を返します。Date関数 Date 現在の日付を設定するには、Dateステートメントを使います。グレゴリオ暦の場合、DateとDate$の動作は同じです。

来年の元旦を求める数式、ついでに今年の大晦日も

来年の元旦を求める数式

今年の年に1を足した年の1月1日を求める数式になります。

=DATE(YEAR(TODAY())+1,1,1)

TODAY()は今日の日付、2020/1/31
YEARは年だけを取り出すので、2020
つまり、DATE(2020,1,1)となります。

今年の大晦日を求める数式

上の数式で求められる元旦の前日なので1日引きます。
日付は足し引きができます。

=DATE(YEAR(TODAY())+1,1,1)-1

別の方法もあります。
DATE関数の日付には0以下の数値も指定できます。
日付に0を指定した場合は、前月の月末日になることを利用します。

=DATE(YEAR(TODAY())+1,1,0)

「もういくつ寝るとお正月」の数式

来年のお正月までの日数は、
来年の1月1日 - 今日の日付

=DATE(YEAR(TODAY())+1,1,1)-TODAY()

はい、出ました。
336
もう336寝るとお正月です。

せっかくなので、文章で表示してみましょう。
文字列は""ダブルクォーテーションで囲みます。
文字列をくっつけるのは&記号を使います。
CONCATENATE関数を使うのも良いでしょう。
複数の文字列を1つの文字列に結合します。引数には、文字列、数値、セル参照が指定できます。CONCATENATE関数の書式 CONCATENATE(文字列1[,文字列2,...]) ※[]は省略可能です。
Office365または永続版2019なら、CONCAT関数も使えます。

="もう"&DATE(YEAR(TODAY())+1,1,1)-TODAY()&"寝るとお正月"



同じテーマ「エクセル雑感」の記事

プログラミングとは
「ネ申Excel」問題 への同意と反論
「Excel3ステップ理論」3階層システムの応用
「ポケモンを確実に見つける方法」をExcelで数学してみた
エクセルで「もういくつ寝るとお正月」
エクセルで連立方程式を解く(MINVERSE,MMULT)
VBAが消えてしまった!マクロが壊れて動かない!
スピらない スピル数式 スピらせる
難しい数式とは何か?
いくつかの数式の計算中にリソース不足になりました。
無効な前方参照か、コンパイルされていない種類への参照です。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

無効な前方参照か、コンパイルされていない種類への参照です。|エクセル雑感(2024-02-17)
初級脱出10問パック|VBA練習問題(2024-01-24)
累計を求める数式あれこれ|エクセル関数応用(2024-01-22)
複数の文字列を検索して置換するSUBSTITUTE|エクセル入門(2024-01-03)
いくつかの数式の計算中にリソース不足になりました。|エクセル雑感(2023-12-28)
VBAでクリップボードへ文字列を送信・取得する3つの方法|VBA技術解説(2023-12-07)
難しい数式とは何か?|エクセル雑感(2023-12-07)
スピらない スピル数式 スピらせる|エクセル雑感(2023-12-06)
イータ縮小ラムダ(eta reduced lambda)|エクセル入門(2023-11-20)
PIVOTBY関数(縦軸と横軸でグループ化して集計)|エクセル入門(2023-11-19)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
6.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)|VBA入門
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.条件分岐(IF)|VBA入門
9.マクロとは?VBAとは?VBAでできること|VBA入門
10.セルのクリア(Clear,ClearContents)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ