ExcelマクロVBA技術解説
標準モジュールとシートモジュールの違い

ExcelマクロVBAの問題点と解決策、エクセルVBAの技術的解説
最終更新日:2015-01-03

標準モジュールとシートモジュールの違い

エクセルVBAを初めての人に教えるとき、
まずは標準モジュールを挿入して、そこに書きましょう、と教えます、
しかし、時に間違ってシートモジュールに書いてしまう事があります。


そういう時に、必ず聞かれるのが、
「何が違うんですか?」
「どこが違うんですか?」
これらになります。
こういう時は、
「今はその違いについて説明しても混乱するだけですから、とにかく標準モジュールに書いてください。」
このようにお伝えしています。

とはいえ、
イベント等でシートモジュールを扱うようになったら、その違いは正確に理解して置きたいところです。
以下では、標準モジュールとブックモジュールとシートモジュールの違いを列挙的に説明します。

用語的には、若干の独自補正を加えています。
なぜなら、正式用語を羅列しても理解しずらく、それで理解できる人にはそもそも説明が不要だからです。


■書かれている場所(属している所)の違い
・標準モジュール:ブックに属しています
・ブックモジュール:ブックに属しています
・シートモジュール:シートに属しています
つまり、シートをコピーすれば、シートモジュールも一緒にコピーされます
これを逆手にとって、シートモジュールに意図的に記述することで、他のブックにマクロVBAをコピーすることもできます。


■シート省略時のRangeオブジェクト
・標準モジュール:アクティブブックのアクティブシート
・ブックモジュール:アクティブブックのアクティブシート
・シートモジュール:シートモジュールが記載されているシート
もちろん、ブック・シートを指定していれば、これらは同じ動作になります。
そして、本来はブック・シートはしっかり指定すべきす。
つまり、基本通りにブック・シートを指定していれば、この違いはあまり気にする必要はありません。



■モジュールレベル変数
・標準ジュール:全て使用可能
・ブックモジュール:Public変数は無効となりPrivate扱いとなる
・シートモジュール:Public変数は無効となりPrivate扱いとなる
第108回.変数の適用範囲」も参照してください。
変数には、その変数をVBA内で使う事ができる範囲が決められています。マクロVBAでは変数の使える範囲を、適用範囲(スコープ)と言います。適用範囲とは、宣言した変数を使う事のできる範囲です。変数を宣言した場所と宣言方法によって、その変数を使える場所が違ってきます。


■デバッグ時の違い
ここは、実際のエラーダイアログを見てください。
・標準ジュール:

マクロ VBA サンプル画像

このようなダイアログが表示され、「デバッグ」押下で、
VBAの当該行が黄色反転表示されます。


・ブックモジュール:
・シートモジュール:

マクロ VBA サンプル画像

「デバッグ」がなく、当該VBA行が不明です。


以上、簡単に説明しましたが、
シートモジュールを使う必要・使う理由は以下の二つになります。
・シートのイベント処理を書く
・シートのコピーと一緒にマクロもコピーする

このどちらかの理由がない限り、
シートモジュールを使う必要性はなく、使うべきではありません。




同じテーマ「マクロVBA技術解説」の記事

Rangeオブジェクト.Valueの省略について
ユーザー操作を制限する(Locked,Protect,ScrollArea)
シートに数式を設定する時のセル参照の指定方法
標準モジュールとシートモジュールの違い
オートフィルタ(AutoFilter)の使い方まとめ
複雑な条件(複数除外等)のオートフィルター(AutoFilter)
クリップボードを使わないセルのCopy
Rangeの使い方:最終行まで選択を例に
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける
Colorプロパティの設定値一覧
VBAを定型文で覚えよう


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Byte配列と文字コード関数について|VBA技術解説(8月20日)
PowerQueryの強力な機能をVBAから利用する方法|VBA技術解説(8月4日)
練習問題31(セル結合を解除して値を埋める)|VBA練習問題(7月30日)
練習問題30(マトリックス→リスト形式)|VBA練習問題(7月25日)
Applicationを省略できるApplicationのメソッド・プロパティ一覧|VBA技術解説(7月22日)
コレクション(Collection)の並べ替え(Sort)に対応するクラス|VBA技術解説(7月20日)
CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
10.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • 標準モジュールとシートモジュールの違い

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ