ExcelマクロVBA技術解説
ユーザー操作を制限する(Locked,Protect,ScrollArea)

ExcelマクロVBAの問題点と解決策、エクセルVBAの技術的解説
最終更新日:2014-11-07

ユーザー操作を制限する(Locked,Protect,ScrollArea)


ユーザーにあちこち触られたくない時や、操作していて迷子にならないように、
操作できるセルを徹底的に限定してしまおうというものです、
無用なセルはクリックもできない、スクロールすることもできなくします。


以下の手順になります。
セルのロック→シートの保護→ScrollAreaの設定
順に説明します。

セルのロックを解除

操作可能にするセルのロックを解除しておきます。

Range("A1").Locked = False

セルの範囲は適切に設定してください。
操作可能にするセル全てに対して行います。
これは手動での、以下の画面に相当します。

セルの書式設定のダイアログ


Range("A1").Locked = False
でロックを外します。
Range("A1").Locked = False
でロックします。


シートの保護

当該シートを保護します。

シート.Protect

シートには、ワークシートのオブジェクトを指定してください。
(Worksheets("Sheet1")、ActiveSheet、Worksheetオブジェクト変数等々)

初めて保護設定するシートの場合は、
以下の「シートの保護」のダイアログで初期選択されているオプションが選択された状態となります。

マクロ VBA サンプル画像

この状態ですと、保護したあるセルも選択(クリック)出来てしまいます。
クリックも許可しない場合は、
上の「シートの保護」のダイアログの一番上の
「ロックされたセル範囲の選択」
このチェックを外します、それは、
シート.EnableSelection = xlUnlockedCells
と記述します。

※Protectプロパティの詳細は「第68回.シートの保護(Protect)


これは、シートのプロパティの

マクロ VBA サンプル画像

下から5番目のプロパティを設定しているわけです。


ScrollArea

上記までを設定すれば、
セルをダブルクリックする時に、境界をクリックしてしまって、最終行に飛んでしまったりは無くなります。
それでも間違ってスクロールして画面に何も表示されていない、といった状態にはなってしまいます。
そこで、不必要な範囲には、スクロールもできなくしてしまうことができます。

シート.ScrollArea = "セル範囲"

シートには、ワークシートのオブジェクトを指定してください。
(Worksheets("Sheet1")、ActiveSheet、Worksheetオブジェクト変数等々)
セル範囲には、"A1:B10"のように指定します。

これは、シートのプロパティの

マクロ VBA サンプル画像

下から3番目のプロパティを設定しているわけです。


ここまでやればね間違った操作でシートを壊してしまったり、
「画面に何もなくなった」と言って途方に暮れるExcel初心者もいなくなると思います。


とはいえ、本質論を言うなら、
エクセル操作するなら、最低限の操作くらいは覚えましょう。
つまり逆に言えば、マクロを書く立場の人は、Excel初心者の人に、やさして教えてあげてください。
最初は誰だって知らないのですから。



同じテーマ「マクロVBA技術解説」の記事

空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)
空白セルを正しく判定する方法2
Rangeオブジェクト.Valueの省略について
ユーザー操作を制限する(Locked,Protect,ScrollArea)
シートに数式を設定する時のセル参照の指定方法
標準モジュールとシートモジュールの違い
オートフィルタ(AutoFilter)の使い方まとめ
複雑な条件(複数除外等)のオートフィルター(AutoFilter)
クリップボードを使わないセルのCopy
Rangeの使い方:最終行まで選択を例に
フルパスをディレクトリ、ファイル名、拡張子に分ける


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Applicationを省略できるApplicationのメソッド・プロパティ一覧|VBA技術解説(7月22日)
コレクション(Collection)の並べ替え(Sort)に対応するクラス|VBA技術解説(7月20日)
CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
IfステートメントとIIF関数とMax関数の速度比較|VBA技術解説(6月23日)
Withステートメントの実行速度と注意点|VBA技術解説(6月6日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー(改)|VBA技術解説(6月2日)
マクロでShift_JIS文字コードか判定する|VBA技術解説(6月1日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄
9.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • ユーザー操作を制限する(Locked,Protect,ScrollArea)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ